売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

【ファンが自然と増えていくためのファーストステップ】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『どうすればファンを増やせるか?』
 
 
 
個人ビジネスを手掛ける人にとって。
 
自身のファンの数は、
そのまま成果に直結します。
 
 
 
ご紹介や口コミなどは、
ファンがしてくれるもの。
 
 
 
自分でどれだけ、
自分のビジネスの素晴らしさを語っても。
 
聞いている方からすれば、
やはり嘘くさいですもんね(^^;
 
 
 
ビジネスが拡大する要素は、
今も昔もやはり口コミが一番。
 
 
 
そんな口コミしてくれるほど、
心強いファンになって頂くには。
 
どんな取り組みが必要でしょうか。
 
 
 
今回は、
その土台となる考え方をシェアします。
 
 
 
******
知ってもらう
******
 
当然と言えば、
至極当然なのですが。
 
ファンを増やすには、
先ず「知ってもらう」ことが不可欠
 
 
 
自分はどんなプロなのか。
 
 
 
どんな人の為に、
どんな価値を提供するのか。
 
 
 
自分の仕事を通して、
この社会に何を為したいのか 等
 
 
 
こういった基本情報を、
周知していくこと。
 
ここがスタート地点です。
 

 
当たり前、と言いながらも。
 
多くの起業家が実施しているのは、
自身のサービスづくりばかり
 
 
 
商材の質が高ければ。
出す料理が美味しければ。
 
 
 
自然とお客様は集まってくる。
ファンを増やすことができる。
 
こう考えている人が、
本当に多いんですが。
 
 
 
ハッキリ申し上げます。
違います。
 
 
 
お客様は勝手に増えません。
お客様は育てるもの
 
 
 
その為には、
先ず知って頂く努力が不可欠です。
 
 
 
将来のお客様や、
応援してくれる人達に。
 
 
 
どうやって、
自分の存在を知って頂くのか。
 
 
 
その為の具体的な行動をしましょう。
 
 
 
*****
信頼を育む
*****
 
知ってもらった後は、
相手の信頼を得ること
 
 
 
ファンが増えていくうえで、
信頼は欠かせません。
 
 
 
どんなに知ってもらっても。
 
信頼を得られなければ、
無意味です。
 
 
 
「SNSで他人の悪口ばかり言ってる講師」
 
こんな覚え方されたら、
それこそ仕事にならないじゃないですか。
(実際にこういった方は多いんですよ 泣)
 
 
 
では、信頼を育む為に。
どんなことができるのか。
 
 
 
それを方程式に表すと、
以下のようになります。
 
 
 
「信頼=人柄×接触回数」
 

 
単純に接触回数を増やすのではなく。
 
自身の人柄が伝わる、
そんな工夫を盛り込むこと。
 
 
 
とある飲食店で、
僕が関わらせて頂いた事例ですが。
 
 
 
お店のこだわりや店員さんの自己紹介。
常連さんの推薦文などを冊子化。
 
それをメニュー立ての、
一番前に配置したところ。
 
 
 
冊子を見た来店客が、
店員さんの名前や特技などを覚え。
 
それに伴って親近感が増し、
常連になる割合が増えました。
 
 
 
売上は、
以前の3割増しになったそうです。
 
 
 
何を売るか、よりも。
大事なことは「誰が売るか」なんです。
 
 
 
信頼を育むことで、
ファンになってくださる方は増えます。
 
 
 
僕自身、
起業当初はファンなんて皆無でした 笑
 
 
 
それでも毎日。
 
価値ある情報の提供を心掛け、
それを継続した結果。
 
 
 
ご相談を数多く受けるようになり、
ご紹介も頂けるようになりました。
 
 
 
自分の存在を周知させましょう。
 
そのうえで、
信頼を育みましょう。
 
 
 
それが自然とファンが増える、
その土壌になるんです。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:知ってもらう、信頼してもらう為に何ができますか?】
 
≪追記≫
 
プログラムが大幅パワーアップ!
 
セールス・提案が苦手!契約を頂けない!!
そんなあなたに売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
 
香月 翼の【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム