口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【売上が伸びない起業家の2大特徴】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
過日、現役の大学生の皆さんと。
ビジネス談義をする機会を頂けました。
 
 
 
ゆとりだなんだと揶揄されがちな、
現代の若者ですが。
 
僕は自分たちの世代よりも、
よく考えているのではないかと思います。
 
 
 
これだけ情報が溢れ、
選択肢が散乱する中。
 
 
 
自分に合う道を選択していくのは、
並大抵のことではないはずですから。
 
 
 
学生さんも交え
討論が進み。
 
様々なビジネスに携わる方々と、
情報のシェアが行われていく中で。
 
 
 
気付いたこと。
 
売上が伸びない人には、
2つの共通点があるということ。
 
 
 
*****
何もしない
*****
 
共通点の一つは
「何もしない」
ことです。
 
 
 
売上が伸びない
ビジネスが成長しない
 
 
 
そういった状況下にあっても、
具体的な行動をしない。
 
 
 
今まで通りのやり方のまま、
何かを変えようとしていない。
 

 
ある程度の売上は、
それで計上できるのでしょうが。
 
そこから伸びることはありません。
 
 
 
現状維持は、
緩やかな後退と同義です。
 
 
 
ビジネスに問題を抱えている、
その実感はある。
 
けれど、具体的な行動をしない。
 
 
 
何もせず、
現状のやり方にこだわれば。
 
早晩、終末期を迎えてしまいます。
 
 
 
ビジネスの継続には。
 
変化と成長が、
何よりも必要なんです。
 
 
 
**********
何から着手すべきか…
**********
 
もう一つの共通点は
「何から着手すべきか分かっていない」
ということ。
 
 
 
起業する人は、
概ね勉強家です。
 
 
 
日夜情報を更新し、
新しいことを学んでいます。
 
 
 
そのうえで。
 
学んだことを活かせていない、
自らの課題解決につなげられない。
 
 
 
情報ばかりが手に入り。
 
何から着手すべきか、
優先順位をつけられない。
 
 
 
そんな起業家が、
圧倒的多数なんです。
 
 
 
新しい知識を得る、
そこに意識が向いてしまい。
 
 
 
その新知識を、
自分のビジネスにどう活かすのか
 
 
 
その辺りの意識と実践が、
伴っていません。
 

 
結果、何も変わらず。
また「特効薬」を探し続ける日々。
 
 
 
ビジネスにおいて。
 
課題解決の「特効薬」は、
存在しません。
 
 
 
地道なトライ&エラーを、
続けていくことでしか。
 
状況の改善、
課題解決には結びつかないんです。
 
 
 
僕自身、
うまくいかなかった時期を思い返しても。
 
 
 
やはり、
具体的な行動が伴っていませんでした。
 
 
  
新しい知識を得るばかりで。
 
何から手をつけたら良いか、
判断できませんでした。
 
 
 
うまくいっている人に学び。
 
言われたことを素直に実践することで、
ようやくトンネルを抜けたんです。
 
 
 
情報を仕入れる前に。
 
活かし方を決めたうえで、
最善の情報のみを選択する
 
 
 
手に入れた情報を元に、
改善の為のトライ&エラーを続ける。
 
 
 
何もしなければ、
待ち受けるのは終焉のみです。
 
 
 
地道な活動を続けることで、
売上を伸ばしていきましょう。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:成果につながる行動を選択していますか?】
 
≪追記≫
 
プログラムが大幅パワーアップ!
 
セールス・提案が苦手!契約を頂けない!!
そんなあなたに売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
 
香月 翼の【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム