「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【お願いの仕方次第で意欲も仕事の質も変わる】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
プチ講座を意欲的に実施している
最近の香月です。
 
 
 
マンツーマンも良いのですが。
 
 
 
一度に大勢にお伝えできる。
 
参加者同士が、
考えや意見をシェアできる。
 
 
 
それが講座の魅力ですね。
 
 
 
下半期は講座実施に力を入れていきたい、
そう思っております。
 
 
 
さて、本題。
 
メルマガのご登録者から、
こんなお問い合わせがありました。
 
 
 
『どうやったら
 お願いを快く引き受けてもらえるか?』
 
 
 
非常に興味深いテーマだったので、
今回はこちらにスポットを当てます。
 
 
 
********
お願いは具体的に
********
 
多くの職場やビジネスシーンで、
こんなお願いが散見されます。
 
 
 
『これ、やっておいて』
 
 
 
やってはいけない「お願い」の、
典型的なパターンです(^^;
 
 
 
指示内容が曖昧。
目的も提出期限も分からない。
 
 
 
これを言われた方は、 
どのように感じるかと言えば。
 
感じることは「不満一択」です。
 
 
 
上司の命令だから、
優先しないといけない。
 
 
 
結果、自分の仕事が遅れ、
せずともよかった残業をする羽目に・・・
 
なんてことになれば、
余計に不満が溜まるもの。
 
 
 
雑用を押し付けられた。
そんな感じがするんです。
 

 
では、どうするか。
 
 
 
僕がお伝えするのは
「お願いは徹底的に具体化する」
ことです。
 
 
 
社内会議用なのか
顧客へのプレゼン用なのか
 
 
 
緊急性、重要性共に高いのか
重要だけれども急ぎではないのか
 
 
 
情報量は可能な限り多くするのか
最低限で構わないのか 等
 
 
 
具体的に伝えるべき内容は、
幾らでもあるんです。
 
 
 
あやふやな指示だけ与えても、
相手は優先順位付けをできません。
 
 
 
結果、お願いされた方の、
本来の仕事が滞り。
 
不満を募らせることになるんです。
 
 
 
身内だからと横着せず、
お願いの内容は具体的に。
 
相手にお願いするのだから、
最低限の配慮はあって然るべきです。
 
 
 
最低限、
期限や目的はお伝えしないと。
 
相手の仕事を滞らせてしまいます。
 
 
 
**********
最初に伝えるべきこと
**********
 
では、依頼内容さえ具体的なら、
お願いをしても良いのか。
 
 
 
残念ながら、
それだけでは不足です。
 
 
 
相手が機械なら。
 
具体的な指示だけで
一向に構わないでしょうが。
 
 
 
お願いする相手は
「感情のある人間」
なんです。
 
 
 
お願いする相手の感情にも、
当然の配慮が必要です。
 
 
 
僕が顧問先でお伝えするのは、
必ず先に感謝を伝えること
 

 
『〇〇さん
 いつも仕事のサポートありがとう』
 
 
 
最初にこう言われるだけでも、
気分は全く変わります。
 
 
 
最後に言えば、
取ってつけた感じが否めませんが。
 
 
 
最初に伝えることで、
ハードルが下がります。
 
 
 
更に言えば。
 
なぜその人でなければならないか、
具体的な理由を添えること。
 
 
 
「提出が早い」
「欲しい情報を事前に調べてくれる」
「とにかく丁寧でミスがない」
 
 
 
だからこそ、
あなたにお願いしたい。
 
 
 
どんな人でも。
 
こんなお願いをされれば、
意欲も増すもの。
 
 
 
当然のように、
任された仕事の質も高くなります。
 
 
 
丸投げされて、
嫌々やる仕事ではなく。
 
自分だからこそ任された
責任のある仕事になるからです。
 
 
 
相手の意欲を引き出し、
仕事の質を高める。
 
お願いの仕方次第で、
そんなことも可能なんです。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんなお願いの仕方をしていますか?】
 
※6/25付でお申し込みを締め切ります。お早めに。
≪大事なお知らせ≫
 
“低単価の商品”ではなく
“高単価の商品”が売れるようになる
 
“買ってください”と言わなくても
商品が売れるようになる
 
あなたのビジネスの成功のきっかけを
この講座で掴めます。
 
集客売上アップ講座
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム