コトバ集客プロデュース【コトプロ】

~あなただけの魅力を、理想のお客様に一番響く言葉で~

*

【コンサルタントの提案はなぜ分かりやすい?:3つのステップ】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『香月さんの話は分かりやすい』
 
 
 
先日お会いした、
サロンのオーナーさんから。
 
こんなお褒めの言葉を頂きました(^^♪
 
 
 
いや~、嬉しいですね。
 
 
 
先日は小学生に言われ、
今度は経営者さんに言われ。
 
 
 
僕が普段意識している
「相手の為の話を分かりやすく」
ということを。
 
 
 
少なからず実践できているのだと、
自信にもなります。
 
 
 
今でこそ、
こんな嬉しいご評価を頂ける僕ですが。
 
以前は惨憺たる有様でした。
 
 
 
話は自分主体
報告書は主観だらけで事実がない
人の理解を得る努力をしていない 等
 
 
 
コミュ障という言葉が、
手足を生やしたような男でした(/ω\)
 
 
 
そんな僕が、
今の状況をつくれたのは。
 
偏に、
以前の上司のおかげです。
 
 
 
以前の上司と同様、
デキるコンサルタントは。
 
以下の3つのステップを踏んで、
目の前の相手に提案します。
 
 
 
だから、分かりやすいんです。
 
 
 
*********
現状認識を共有する
*********
 
最初にすることは。
 
自らのお客様と
「現状に対する認識を共有」
すること。
 
 
 
お客様自身の現状について。
 
お客様と一緒に、
正確に把握することです。
 

 
僕がここで用いるのは、
オウム返しと問いかけです。
 
 
 
オウム返しをすることで、
お客様が自身の発言を反芻でき。
 
 
 
更に
『〇〇といった認識でよろしいですか?』
と、問いかけることで。
 
 
 
お互いの認識に、
齟齬が出ないようにする。
 
 
 
こうして、
後に行う提案の「ズレ」をなくし。
 
お客様に最適なプランを、
提示することができます。
 
 
 
現状に対する正確な認識。
その認識の共有。
 
これがファーストステップです。
 
 
 
*********
問題点を可視化する
*********
 
現状認識を共有した後。
 
次に行うことは
「問題点を可視化」
すること。
 
 
 
現状における、
問題点は何なのか?
 
 
 
その問題を放置すると、
どんなデメリットが発生するか?
 
 
 
その問題の、
原因となっている要素は何か?等
 
 
 
現状における問題点を、
具体的に見出すことです。
 

 
医者の治療は。
 
患者に自身の病状を、
認識させることから始まります。
 
 
 
それと同じく。
 
お客様が現状について、
何が問題なのかを認識する。
 
 
 
現状の問題点を可視化し。
 
それが問題であると、
正しく認識することが。
 
 
 
問題解決における基本なんです。
 
 
 
********
解決策を提示する
********
 
現状を認識し、
問題点を明らかにした後。
 
 
 
最後にするのは
「解決策の提示」
です。
 
 
 
現状の問題点を明らかにし。
 
その問題を解決するに、
最適な提案をすること。
 
 
 
お互いに認識を共有しているので、
まずズレた提案になることはありません。
 

 
ここまでの流れで。
 
お客様は、
自身の現状を正確に把握し。
 
 
 
現状の何が問題なのかを、
知ることができました。
 
 
 
この問題点に対し。
 
プロとしての立場で、
解決策を具体的に提示する。
 
 
 
こうすることで。
当然、提案も伝わりやすいし。
 
お客様の信頼を高めたうえで、
話を進めることができます。
 
 
 
なにより、現状が問題であると
お客様は学んでいるので。
 
この問題を早急に解決したい
そんな欲求が芽生えます。
 
 
 
このステップなら、
契約率も高まりますね。
 
 
 
どんなに知識や技術があっても。
 
お客様に伝わらなければ、
宝の持ち腐れです。
 
 
 
お客様に伝わるように。
 
自身が可能な提案を、
分かりやすくお伝えしましょう。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな提案ならお客様に伝わりますか?】
 
※6/25付でお申し込みを締め切ります。お早めに。
≪大事なお知らせ≫
 
“低単価の商品”ではなく
“高単価の商品”が売れるようになる
 
“買ってください”と言わなくても
商品が売れるようになる
 
あなたのビジネスの成功のきっかけを
この講座で掴めます。
 
集客売上アップ講座
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム