口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【赤字続きのリフォーム会社が大幅黒字に転向できた理由とは?】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『赤字が続いていて・・・』
 
 
 
知人経由でご紹介頂いた、
リフォーム会社社長さんとお話した際。
 
こんなお悩み相談を受けました。
 
 
 
自分も含めた、
少ない社員総出で営業し。
 
細かいリフォームのご依頼は、
それなりに頂いているが。
 
 
 
大口の契約が、
中々取れない、とのこと。
  
 
 
そこで全員のセールス力を底上げしたい、
そんなご依頼だったのですが。
 
 
 
僕はもう一つの可能性についても、
検証してみることにしました。
 
 
 
*********
ターゲットを変える
*********
 
セールス力を磨くことは、
非常に重要です。
 
 
 
商品やサービスが、
どれほど素晴らしくとも。
 
それを効果的に販売できなければ、
利益は出ません。
 
 
 
そのうえで、
営業先を見誤らない、ということが。
 
 
 
売上を上げるうえで、
必要なステップです。
 

 
過去、このリフォーム会社さんで。
 
どんなお宅で契約を獲得したか
どんな契約内容だったのか
 
 
 
その詳細を尋ねたところ。
 
 
 
大きな利益を生み出せるような、
そんな状況ではありませんでした。
 
 
 
こんな言い方をしては失礼ですが。
 
お金に余裕のないお宅に、
低単価サービスを一所懸命売る。
 
 
 
それがこの会社さんの、
現状を作っていたんです。
 
 
 
「ターゲットの変更」
 
 
 
これこそが、
最も必要な取り組みでした。
 
 
 
*********
頂ける金額を上げる
*********
 
ご存知でしょうか?
 
高額なリフォームの需要は、
富裕層でこそ高いことを。
 
 
 
古い家に住んでいる人ほど、
あまりリフォームに関心はありません。
 
現状でも、
大した問題はないからです。
 
 
 
破損した場所の改修など
必要最低限で構わない訳です。
 
 
 
当該リフォーム会社さんは、
この「必要最低限」の契約ばかりでした。
 
 
 
一方で、富裕層は。
 
断熱性にこだわったり、
高給な内装やガーデニング等。
 
 
 
住まいに対する欲求が、
非常に強いんです。
 

 
だからこそ。
 
彼らのニーズを満たす内容であれば、
高額でもご契約頂けます。
 
 
 
このリフォーム会社さんが、
どんな商品をつくったかは。
 
ここでは割愛しますが。
 
 
 
高単価サービスを多く用意し、
富裕層に向けてPRしたところ。
 
面白いように契約が増え、
一気に黒字化しました。
 
 
 
売上アップの根本的な解決策は、
契約一件当たりの金額を高めること
 
 
 
大きな金額を頂けるお客様に、
期待以上の価値を提供すれば。
 
それが実行可能になります。
 
 
 
現状の自身の商品やサービスは、
大きな金額を頂けるものか。
 
 
 
大きな額を頂ける人達に、
販売しているか。
 
 
 
売上が伸び悩んでいる時は、
ここを疑問視してみること。
 
 
 
このリフォーム会社さんは、
現在も右肩上がりの数字を計上されているとか。
 
僕も負けてられないですね!
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:一件あたりの金額を上げていますか?】
 
※6/25付でお申し込みを締め切ります。お早めに。
≪大事なお知らせ≫
 
“低単価の商品”ではなく
“高単価の商品”が売れるようになる
 
“買ってください”と言わなくても
商品が売れるようになる
 
あなたのビジネスの成功のきっかけを
この講座で掴めます。
 
集客売上アップ講座
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム