売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

【生産的な議論の場をつくるには?】

   

今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
大阪から戻ってきました!
 
 
 
幸い、滞在期間中は、
余震などもなく。
 
仕事も勉強も、
順調に進みました。
 
 
 
そんな中。
 
ある方とのお話中に、
こんな話が出てきました。
 
 
 
『自分の意見が言えない』
『自分の考えが正しいか確信がない』
 
 
 
こんなお悩みを抱えているビジネスマンは、
かなりの割合で存在します。
 
 
 
かく言う僕も。
以前は同様の悩みを抱いていました。
(高確率で『嘘つけ』と言われますが 笑)
 
 
 
一方で、経営者の皆さんは。
 
社員の積極的な意見が欲しいのに、
全く出ないと嘆き節。
 
 
 
何があれば、
両者の差は埋まり。
 
効果的な議論が生まれるのでしょうか。
 
 
 
*************
「正しい意見」はあるのか?
*************
 
議論の話をする前に。
踏まえておくべきことがあります。
 
 
 
それは
「正しい意見」
はあるのか、ということです。
 
 
 
冒頭にも述べたように。
 
自分が「間違った意見」を述べることに、
恐怖感を抱く人は多いです。
 

 
そのうえで、
知っておいてほしいこと。
 
 
 
それは議論の場のみに限らず。
 
正しい意見など存在しない
ということ。
 
 
 
意見とは、
一つの物事に対して個人が抱く考えです。
 
 
 
つまりは、 
一人一人違って当然なんです。
 
 
 
それぞれの経験や信条、
過ごしてきた人生などで。
 
意見は異なってきます。
 
 
 
にもかかわらず。
 
絶対的な正解があるかのように、
人は錯覚しているんですね。
 
 
 
意見は違っていて当たり前。
 
みんなが違う意見だからこそ、
より生産的な議論ができる
 
 
 
この発想をこそ、
先ずは知っておいて頂きたいです。
 
 
 
*********
生産的な議論の為に
*********
 
上段で述べた通り。
 
人の意見は違って当たり前。
正解は存在しません。
 
 
 
そのことを踏まえ、
生産的な議論を行うこと。
 
 
 
議論とは、
本来コミュニケーションの一環です。
 
 
 
コミュニケーションとは、
お互いに理解し合う為に歩み寄るもの
 
 
 
自分の意見をごり押ししたり、
他者の意見の上げ足を取るのは。
 
コミュニケーションではない訳です。
 

 
これをやってしまえば、
議論ではなくただのケンカ。
 
遺恨ばかりが残り、
生産性は少しも生まれません。
 
 
 
日本の組織における議論では、
このケンカ方式が散見されます。
 
だから意見が出なくなるんです(^^;
 
 
 
従来の考えに、
新しい風を送り込むことで。
 
より画期的なアイディアが生まれる、
その土台になります。
 
 
 
意見を述べることは、
場を乱す行為ではなく。
 
周囲への貢献です。
 
 
 
議論の場とは、
意見の正しさを評価する場ではなく。
 
 
 
互いの意見を伝えあい、
コミュニケーションをとる場です。
 
 
 
意見を述べることに対する、
変なわだかまりは捨て。
 
 
  
自分の意見を述べることで、
会社やお客様に貢献しましょう!
 
それが生産的な議論に必要です。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:何があれば生産的な議論ができますか?】
 
※売り込まなくても自然と売れる!
売り込みたくない起業家さんでも
理想的なお客様と出会えて契約できる!
 
そんな環境づくりをしサポートします。
売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム