理想のお客様とのマッチメイク術

~なぜ「売り込みゼロで8割成約」を再現できるのか?~

*

【部下の意見を引き出せるリーダーはここが違う!】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『部下から意見が全く出ません』
 
 
 
最近はこんなご相談を、
メールでよくお受けするようになりました。
 
マネジメントに関するコラムが、
増えてきたからですかね?笑
 
 
 
ですので、ここ数日は。
 
マネジメントをテーマに、
コラムを書いております。
 
 
 
僕も過去、
マネジメントで大失敗した身です。
 
 
 
僕の失敗経験が。
 
マネジメントで悩まれている方。
意欲を失いかけている部下の方。
 
 
 
双方にとっとて、
課題解決のヒントになることを願って。
 
 
 
過去の失敗から学んだ、
マネジメントの基本をシェアします。
 
 
 
******
話を遮らない
******
 
部下の意見が出ない、
その要因として。
 
 
 
リーダーが
「話を最後まで聴けない」
ことが挙げられます。
 
 
 
部下の報告の途中で、
話を遮り。
 
自分の意見を述べ出す。
 
 
 
よかれと思ってのことかもしれません。
 
ですがその行為は、
部下の心を挫く行為です。
 

 
逆の立場だったらどうでしょう。
 
 
 
自分が話をしている最中に、
相手に話を遮られたら?
 
 
 
愉快な気持ちにはならないでしょうし。
 
その相手が上司であれば、
意見を言うことが苦痛になります
 
 
 
こうして部下からは、
意見も報告もなくなっていき。
 
最後には大問題が発生し、
大きな損失を被ることになります。
 
 
 
話を遮らず、最後まで聴く。
 
結論や結果が読めたとしても、
すぐに口を挟まない。
 
 
 
ひょっとしたら。
 
部下は自身の考えと全く違う、
そんな結論を用意しているかもしれません。
 
 
 
どんなに口を出したくても、
必ず話は最後まで聴くこと
 
 
 
そうしなければ、
意見も報告も出ません。
 
 
 
*********
話を聴く姿勢をとる
*********
 
部下の報告や意見、
社内プレゼンなどを。
 
 
 
PCを叩きながら聞いたり、
資料ばかりを見ていたり、と。
 
 
 
そんな姿勢で聞いているリーダーは、
非常に多いです。
 
 
 
立場上忙しかったり、
どうしても手を止めたくない。
 
そんなこともあるでしょう。
 
 
 
プレゼン内容を吟味する、
そんな気持ちもあるのでしょう。
 
 
 
しかし、やはりこの行為も。
 
部下の自尊心を大いに傷つけ、
意見を言う気持ちを奪います
 
 
 
片手間で話を聞いている。
自分の意見を真剣に聴いていない。
 
部下はそう思うことでしょう。
 
 
 
では、意見を引き出せるリーダーは、
どのようにしているか。
 
 
 
作業の手を止め、
体ごと相手の方を向き
 
 
 
自分が座った状態なら、
相手にも座るように促す。
 
 
 
腕組み、足を組むことは厳禁!
 
 
 
また、プレゼンを聴く際には。
 
資料よりも、
発表者の方に目を向ける
 
  
 
時にうなずいたりして、
相手に「聴いている」と伝わるように。
 
 
 
最低でも、
これだけのことを意識しているものです。
  

 
これらを実践することで。
 
部下は自分の意見を聴いてもらえると、
安心できます。
 
 
 
安心すると意見も述べやすくなり。
 
リーダーからのフィードバックにも、
素直に耳を傾けられます。
 
 
 
話を途中で遮らず、
話を真剣に聴く姿勢をとる。
 
部下の意見を引き出すリーダーが、
普段から意識している「基本」です。
 
 
 
ちなみに、
もうお気づきと思いますが。
 
ご紹介した「悪い見本」は、
全て過去の僕が仕出かしたことです。
 
 
 
結果、チームを瓦解させ。
自分の未熟さを突き付けられました。
 
 
 
この経験があったからこそ、
今がある訳ですが。
 
やはり後悔の念は尽きません。
 
 
 
ぜひ、普段の聴く姿勢を見直し。
 
部下が意見を言える、
そんな環境をつくってあげてください。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:部下が意見を述べやすい環境ですか?】
 
 
 
※追記
 
売り込まなくても自然と売れる!
 
売り込みたくない起業家さんでも
理想的なお客様と出会えて契約できる!
 
そんな環境づくりをしサポートします。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム