「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【売上をつくるのは「優秀な営業マン」か?】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
これは過去に、
実際にあった話なのですが。
 
 
 
とある講座で知り合った、
とあるサービスの営業マンさん。
 
 
 
とても魅力的な方で、
自然とお互いの仕事の話になり。
 
 
 
彼の会社のサービスを、
一度受けてみることにしました。
 
 
 
取引条件の詳細などは、
会社に問い合わせてほしいと言われ。
(今にして思えばこの時点でおかしいかな?)
 
 
 
この方の会社に、
お電話をしました。
 
 
 
結論から言うと、
契約を見送りました。
 
 
 
会社側の説明が、
極めて不親切。
 
待ち時間も長く、
何度も話が中断する。
 
 
 
4回目の『少々お待ちください』で、
そのまま電話を切りました。
 
 
  
こういった「機会損失」は、
実は非常に多いんです。
 
 
 
そして、
この機会損失こそが。
 
会社の売上アップを、
大きく妨げているのです。
 
 
 
***********
営業マンだけでは・・・
***********
 
売上とは
「販売単価×顧客数×リピート」
によって定義されます。
 
 
 
そして、売上をつくるのは。
 
多くの場合、
営業マンとされています。
 
 
 
実際に、
経営者の皆様にお話を伺うと。
 
 
 
『優秀な営業マンの確保(育成)は急務』
 
 
 
皆様このように、
口を揃えて仰います。
 

 
売上構築の最前線にいるのは、
確かに営業マンです。
 
 
 
そのうえで。
 
営業マンだけが頑張っても、
売上はつくれません
 
 
 
冒頭の例では。
 
営業マンとサポートスタッフの連携が、
全くとれていなかった為。
 
 
 
契約を一件逃すという、
機会損失が生じました。
 
 
 
上記の「顧客数」と「リピート」に、
マイナスがついた訳です。
 
 
 
ちょっとしたことで、
信用を失い。
 
本来計上されるはずだった、
売上を落とす。
 
 
 
こういった機会損失を避ける為、
どんな取り組みが必要になるでしょうか。
 
 
 
**********
全社員で売上をつくる
**********
 
営業マンだけでは、
大きな売上はつくれません。
 
 
 
売上をつくるのは、
会社に在籍している全社員です。
 
 
 
社員同士の連携がなければ、
その会社に未来はありません。
 
 
 
僕が以前、少しだけ在籍した。
とある会社の事例です。
 
 
 
その会社では、
営業とエンジニアが対立関係にありました。
 
 
 
営業は売上を計上する為、
様々な案件を獲得してきます。
 
エンジニアはその対応に追われ、
時間的な余裕がなくなります。
 
 
 
営業が売上を計上しても、
エンジニア側から拒否される。
 
結果、互いの溝が深まっていく。
 
 
 
どちらにも言い分があります。
 
 
 
ですが、
お互いにすり寄ることもなく。
 
対立関係が続きました。
 
 
 
当然のように、
割を食うのはお客様です。
 
 
 
会社自体への不信につながり
売上は大幅に下落しました。
 

 
互いに譲歩できることは、
きっと多くあったはずなのに。
 
互いの権利や主義ばかりを主張し、
歩み寄ることはありませんでした。
 
 
 
本来は、
互いをサポートすべき社員同士が。
 
立場の違いから対立し、
会社全体の信用を下げてしまったのです。
 
 
 
これでは本末転倒ですよね。
 
 
 
営業は、売上だけを考えれば良い。
そんな訳ではありません。
 
 
 
自分は営業ではないのだから、
顧客のことは知らなくてもいい。
 
そんな訳でもありません。
 
 
 
お客様からしてみれば。
 
電話に出た相手、
自分の対応をした相手こそが。
 
 
 
その会社の代表者なのです
 
 
 
自分は関係ない、なんて。
通じるはずもないんです。
 
 
 
自分こそが今、
この会社を代表している。
 
 
 
限りなく経営者に近い意識を、
社員全員が常に持つこと。
 
 
 
社員同士が連携し。
 
お客様にもっと喜んでもらう為に、
それぞれ何ができるのかを考えること
 
 
 
売上が右肩上がりの会社は、
こんな要素を備えています。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:社員同士の連携の為に何ができますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
お客様と共に大きな成果を達成する
 
そんなセールスを実現しませんか?
 
個人事業主様向け【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム