口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【「売り手と買い手」以上の関係構築を】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
セールス、営業というと。
 
どうしても
「売り手と買い手」
という関係性がイメージされます。
 
 
 
お客様がお金を支払い。
 
その対価として、
商品・サービスを提供する。
 
 
 
こう書くと、
非常にビジネスライクな関係ですね。
 
 
 
実際、サラリーマン時代の僕も。
非常にビジネスライクでした。
 
 
 
利益にならないことはしない。
仕事の範囲外の事は知らない。
 
当時の僕とお客様の関係は、
あくまで仕事上だけのものでした。
 
 
 
ですが、
これではダメなんです。
 
 
 
これから先の時代。
 
こんな薄い関係性では、
ビジネスの発展は望めません。
 
 
 
*********
何を買うか、よりも
*********
 
セールスというと
「モノやサービスを売る」
ことを指す。
 
 
 
こう考えている方は、
非常に多いです。
 
 
 
間違ってはいません。
実際、その通りの行動です。
 
 
 
ですが、セールスの概念は。
この限りではありません。
 
 
 
セールスとは
「お客様への価値提供」
である。
 
僕はこのように考えます。
 

 
お客様の抱えた課題、
叶えたい願望に対し。
 
商品やサービスを通して、
それらの解決・実現をサポートする。
 
 
 
こういった姿勢で、
お客様に臨む。
 
 
 
モノがあふれた現代の、
お客様の選定基準は。
 
「何を買うか」から
「誰から買うか」になりました。
 
 
 
ビジネスライクな考え方、
商品頼みのセールスでは。
 
 
 
お客様に選ばれることは、
まずないんです。
 
 
 
商品の魅力以上に、
魅力的な人格を備えること。
 
これが売り手には求められます。
 
 
 
******
チームになる
******
 
僕は顧問先やクライアントさんに、
以下のようなことをお伝えします。
 
 
 
『お客様とチームになろう』
 
 
 
商品、サービスを売ったら、
そこで終わりではなく。
 
 
 
お客様が、
目指すゴールに到達できるよう。
 
 
 
全力でサポートする、
チームメンバーになる。
 
 
 
ゴールを共有し、
共に達成を目指す。
 
 
 
そんな関係性を築くことを、
僕は推奨しています。
 

 
「売り手と買い手」ではなく
「チームメンバー」になる。
 
 
 
こう考えると。
 
商品やサービスの提案以外にも、
できる工夫もたくさん出てきます。
 
 
 
人を紹介したり
お得な情報をシェアしたり 等
 
 
 
特別なことは、
一切必要ありません。
  
何も高級な菓子折りを持参したり、
媚びへつらえと言うのではありません。
 
 
 
ちょっとした工夫で、
お客様の期待を少しだけ上回る
 
 
 
こんな価値提供を続けていけば、
信頼関係はすぐに構築できます。
 
 
 
お客様との関係を。
 
ビジネスライクな関係。
「売り手と買い手」に留めず。
 
 
 
同じゴールを共に目指す、
チームメンバーとして。
 
互いにできることをする。
 
 
 
お客様の期待を、
少しだけ上回る価値提供を続ける。
 
 
 
こうすることで、
お客様に選ばれ続け。
 
売り込まなくても、
お客様からご依頼が来るようになります。
 
 
 
繰り返しますが。
 
何を買うか、よりも
誰から買うか、の時代です。
 
 
 
『あなたから買いたい』
 
 
 
お客様にこう言われる関係を、
構築していきたいですね。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな関係をお客様と築きますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
お客様と共に大きな成果を達成する
 
そんなセールスを実現しませんか?
 
個人事業主様向け【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム