口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【知識、理論武装してもスマホには敵わない。では?】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
まとまった収入を得ると、
即、学びに投資する香月です。
 
 
 
もちろん、
闇雲な自己投資ではなく。
 
 
 
今の自分に必要なものを見極め。
 
その道で自分より高い能力を備えた、
プロの方に師事します。
 
 
 
闇雲な自己投資の怖さは、
以前に散々味わいましたしね(^^;
 
 
 
プロとして、
自身の知識や専門性を磨き続けること。
 
これはとても重要です。
 
 
 
そのうえで。
 
知識ばかりをどれだけ身につけても、
お客様に選ばれないのも。
 
 
 
また一つの事実です。
 
 
 
************
スマホの検索には敵わない
************
 
起業当初の僕は、
以下のように考えていました。
 
 
 
『専門家としての知識が豊富なら
 お客様は勝手に来てくれる
 
 
 
今からすれば、
勘違い甚だしいと理解できますが。
 
 
 
当時の僕は真剣でしたし、
同様の発想の専門家も多いんです。
(士業の方は特にこの傾向が強いですね)
 
 
 
専門家として、
高い知識を身につけることは。
 
 
 
至極当然のことですし、
必要なことです。
 
 
 
そのうえで。
 
どれほど知識を吸収しても、
100%にはなり得ません。
 
 
 
なにより。
 
文明の利器であるスマホなら、
一瞬で情報を検索できます。
 

 
一般人からすれば、
スマホの方が便利なんです。
 
無料で、
片手間で調べられますしね。
 
 
 
知識、理論武装で、
100%を求めるには限界があります。
  
そもそも、
文明の利器には勝てません。
 
 
 
では、何をすべきか?
 
 
 
高い知識を求めつつも。
 
お客様に選ばれる為の「各」を、
備えなければなりません。
 
 
 
********
お客様の選定基準
********
 
専門家の知識量の違いなど、
お客様は関心がありません。
 
 
 
そもそもにして
「専門家としての知識の差」
なんて見分けがつきません。
 
 
 
お客様が選ぶ基準は、
知識量ではないんです。
 
 
 
では、お客様は。
 
どんな選定基準で、
専門家を選んでいるのでしょうか。
 
 
 
様々な要因がありますが。
 
特に重要なものの中に、
専門家の「人格」が挙げられます。
 

 
人として好ましいか
言動は一貫しているか
人の話を聴ける器はあるか 等
 
 
 
様々な切り口で、
売り手の人格を判断します。
 
 
 
どんなに優れた知識や技能があっても。
どんなに商品やサービスが秀逸でも。
 
例えその人物が、
理想の未来を実現できる可能性があっても。
 
 
 
人格面がNGであれば、
その人から買うことはありません。
 
 
 
「何を買うか」よりも
「誰から買うか」が重要
 
 
 
先日も述べたばかりですね。
 
 
 
プロとしての人格、
品格を備える。
 
人としての謙虚さを忘れない。
 
 
 
こういった姿勢が、
とても重要なんです。
 
 
 
知識、理論武装で、
100%を求めず。
 
知識を磨きつつ、
自分自身の人格を共に磨く
 
 
 
儲かっているビジネスマンは。
 
プロとしての高い実力を備えたうえで、
皆一様に人格者です。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:スマホに勝てる要素は何ですか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
お客様と共に大きな成果を達成する
 
そんなセールスを実現しませんか?
 
個人事業主様向け【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム