「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

「リーダー」の役割は?

   

「リーダー:集団を先導、指導、統率する存在」 
 
 
 
こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
コラム111話、本日のテーマは「リーダー」です。
皆さんは「リーダー」とは、そもそもどんな人だと思いますか?
 
 
辞書などで調べると、大体リーダーの役割は上記のように表記されています。
大体の人のイメージとしては、
「集団の先頭に立って指示を出す人」みたいな感じですね。
 
 
 
では、リーダーの役割って何でしょうか?
 
 
 
色々とありますが、大きく分けてこの2点。
「メンバーの育成責任」「チームの目標達成」です。
この2点こそが、リーダーの主たる役割だと思います。
 
 
 
では、集団の先頭に立って指示を出せば、この2点は果たせるのでしょうか? 
 
 
 
当然、無理ですよね。
 
放っておけば思い通りに勝手に成長するほど、人間は便利ではありません。
指示を出せば、完全に思い通りに人が動くわけではありません。
(稀に天才と呼ばれる人達はいますが)
 
 
 
つまり、先頭に立って指示を出すだけでは、
リーダーの役割は果たせないということ。
 
 
 
でも、このことに気付けていない「リーダー」は多々いるのではないでしょうか。
 
 
 
何を隠そう、僕もその”やらかした”一人です 苦笑
僕は、「リーダーとはメンバーを引っ張るもの」だと思っていたんです。
 
 
 
強い言葉を使いました。
要求に達さない内容に、不満をぶつけました。
頼らずに任せずに、指示ばかりしていました。
 
 
 
そして、チームは全く機能せず。
僕は一人で空回りしていました。
 
 
 
当時は「なんで分かってもらえないんだ!」と憤慨していましたが、
今ならはっきり分かります。
僕がそもそもメンバーを信頼して理解しようとしていなかった、と。
 
 
 
これまでの時代であれば、
「俺について来い!」タイプのリーダーで間違いなかったと思います。
 
 
 
ですが、これほど価値観が多様化し、情報があふれ、変化の激しい世の中で。
リーダーの指示だけに頼るのは、非常に危険な行為です。
 
 
 
であるならば、今後リーダーとはどうあるべきか。
 
 
 
僕は、リーダーが先頭に立ってメンバーが追随する「ピラミッド型」ではなく。
リーダーを軸としてメンバーが円を描く「サークル型」だと思うのです。
 
 
 
メンバーの適性を見極め、適材適所に配置する。
メンバーの能力を、最大限伸ばしていく。
事案毎にそれぞれに権限を与えて、それぞれをその場のリーダーにする。
いざという時は、軸であるリーダーが責任を持つ。
 
 
 
リーダーを中心として、円滑なコミュニケーションが成立し。
チームの目標が、メンバー間ではっきりと共有できている。
 
この状態を作るのが、優れたリーダーの条件だと思います。
 
 
 
言うは易し、行うは難し。
僕も100%実践できるかと言われれば、肯定はできません。
 
ですが、以前の大失敗を踏まえて、
自分一人で何もかもやろうとすることだけはないと思います。
 
 
 
チームを組んで、リーダーを任せて頂けるのならば。
メンバーの力を借りながら、全員が成長と達成を共有できる。
 
そんなチームを形成できる努力を続けたいと思います。 

 
 
【しつもん:理想のリーダー像はどのようなものですか?】 
  
 
  
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
 
 
僕のホームページにプレゼントをご用意しています。
「勉強する習慣が身に付く7つのコツ」 
お問い合わせはこちらから。

 - コラム