口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【10年後に『あの時やっておけば・・・』と言わない為に】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
最近、無性に
『また大学に通いたい』
と思う香月です。
 
 
 
勉強したいことがたくさんあって。
 
仕事が落ち着いたら、
また通うのもアリかな?と思います。
 
 
 
それ以上に。
 
自分が大学生の時に、
もっと勉強しておけば良かった。
 
 
 
そんなふうに思うんです。
 
 
 
留年もしませんでしたし。
 
4年生進級の時点で。
卒業に必要な単位は、
ほぼ取得していましたが。
 
 
 
余った時間でやったことは、
遊びに行ったりバイトに行ったり。
 
就職活動が早めに終わった後も、
そんな生活リズムでした。
 
 
 
もったいない!
 
幾らでも勉強できるチャンスが、
せっかくあったのに!!
 
 
 
必要な単位だけではなく。
 
自分の興味のある分野を、
自主的に選択しておけばよかった。
 
 
 
大学を卒業して十年余。
そんなことを感じる次第です。
 
 
 
*********
あの時やっておけば
*********
 
『あの時やっておけば・・・』
 
 
 
このコラムを、
ご覧頂いているあなたには。
 
このようなセリフを、
口にした経験はおありでしょうか?
 
 
 
ちなみに僕は、
数えきれない程あります。
 

 
大学の話もそうですが。
 
 
 
営業でうまくいかなかった時。
 
へこたれても腐らずに、
どんどん経験を積んでいればよかった。
 
 
  
リーダーに初めてなった時。
 
自己流に走らずに、
尊敬できる上司に相談すればよかった。
 
 
 
サラリーマン時代に、
もっと仕事に熱中しておけばよかった。
 
 
 
好きな人に、
好きだと言えばよかった(笑) etc
 
 
 
これらの後悔が、
今の僕の原動力になっている。
 
そんな一面も、
もちろん否定はできません。
 
 
 
寧ろ、
強い後悔の念があるからこそ。
 
一所懸命、
今に全力を尽くせます。
 
 
 
そのうえで。
 
行動した後悔より、
行動しなかった後悔の方が。
 
 
 
じくじくと、
自分を蝕み続ける。
 
 
 
そのことを、
この身で味わっているんです。
 
 
 
あなたは、どうですか?
 
 
 
******
未来をつくる
******
 
『10年後に
 せめて10年でもいいから戻ってやり直したい
 そう思っているのだろう
 
 今やりなおせよ。未来を
 
 10年後から戻ってきたんだよ、今』
 
 
 
協会ビジネスを主宰しておられる、
前田出さんの言葉です。
 
 
 
僕にはこの
『未来を今やり直せ』
というメッセージが。
 
 
 
とても、とても。
深く刺さっているんです。
 

 
上段の通り。
 
やらずに後悔していることは、
僕にはたくさんあります。
 
 
 
本当はやりたかったのに。
 
色々と理由をつけて、
やらないことを正当化して。
 
 
 
今になって後悔していること、
本当にたくさんあるんです。
 
 
 
だからこそ、
次の10年で後悔しない為に
 
 
 
今できること、
チャレンジしたいこと。
 
 
 
どうすれば実現できるか
考えながら生きています。
 
 
 
お金がないなら、
お金をつくる。
 
 
 
時間がないなら、
無駄な時間がないか見直す。
 
 
 
自信がないなら、
やりながら自信をつける。
 
 
 
『あの時やっておけば・・・』
 
このセリフを、
10年後に口にしない為に。
 
 
 
今、この瞬間から。
未来をつくる為の行動をしています。
 
 
 
何かしら後悔していることが、
もしもあるのなら。
 
 
 
10年後に後悔しない為に。
 
今この瞬間から、
未来をつくっていきませんか?
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:『あの時やっておけば』と言わない為にできることは?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
お客様と共に大きな成果を達成する
 
そんなセールスを実現しませんか?
 
個人事業主様向け【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム