口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【プロが教える「伝え上手」の秘訣】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『香月さんはすごく伝え上手!』
 
 
 
過日、お邪魔した場所で。
 
お話した方から、
こんなご評価を頂きました(^^♪
 
 
 
ありがとうございます!
よく言われます!笑
 
 
 
あまり謙遜が過ぎると
『お前には見る目がない』
と言っているようなもの。
 
 
 
以前の僕は、
否定しまくりでしたが。
 
他者からの称賛やお褒めの言葉は、
今は素直に受け入れています。
 
 
 
コンサルタントという職業柄。
 
人に何かしらをお伝えする機会は、
非常に多いです。
 
 
 
そんな僕が。
 
何を言っているのか、
よく分からない。
 
 
 
そんな人間であったなら、
相手の方はどう感じるでしょう。
 
 
 
おそらくは
『こいつにだけは依頼すまい』
とお考えになるはずです 笑
 
 
 
伝え上手であること。
 
プロとして選ばれる為に、
必要な要素の一つ。
 
 
 
プロとしての意図が、
相手の方に正確に伝わるよう。
 
 
 
普段から香月が意識していることを、
ここでご紹介します。
 
 
 
*******
伝え上手の特徴
*******
 
『お前は何が言いたいんだ』
 
 
 
売れない営業マンだった僕は。
 
当時の上司に報告に行く度、
このように言われていました。
 
 
 
自分の言いたいことだけを、
さっさと伝え。
 
相手が理解しているかどうかは、
全く頓着しない。
 
 
 
当時の僕の報告は、
そもそものコミュニケーションは。
 
非常に独り善がりなものでした。
 

 
そんな僕が。
 
本物のセールスを学ぶにつれ、
伝わる話し方を身につけ。
 
 
 
報告書や議事録なども、
分かりやすいと評価されるように。
 
 
 
僕が意識して変えたことは、
次の二点です。
 
 
 
「簡潔に、分かりやすく」
「相手が聴きたいことを伝える」
 
 
 
主にこの二点を、
意識するようになってから。
 
僕の情報伝達能力は、
驚くほど跳ね上がりました。
 
 
 
あれだけ『分かりにくい』と、
そう言われていたのに。
 
 
 
今では『分かりやすい』と言われる方が、
圧倒的に多いです。
 
 
 
専門用語や流行り言葉を多用せず、
だらだらと話さず。
 
簡潔に分かりやすく述べる。
 
 
 
相手が聴きたいことや結論。
重要なことから話す。
 
 
 
これらを意識するだけでも。
 
伝わり方には、
ハッキリとした差が出るんです。
 
 
 
********
伝え方を磨くコツ
********
 
簡潔に、分かりやすく。
相手の聴きたいことを話す。
 
 
 
これが「伝え上手」のポイントとは、
上述した通りです。
 
 
 
それを踏まえたうえで。
 
これらの能力を磨く為に、
とても有効な手段があります。
 
 
 
それは
「要約の訓練をする」
ことです。
 
 
 
一言でまとめると?
つまりはどういうこと?
 
 
 
こういった問いを、
自らに投げかけ。
 
話の要点をまとめてみる。
 
 
 
これは伝え方を鍛えるうえで、
非常に効果的な訓練です。
  

 
例えば、読書。
 
そのまま楽しむのも、
もちろん良いのですが。
 
 
 
本の内容を、
ゲーム感覚で要約をしてみる。
 
 
 
一言で言うと、
この小説はどんな本か?
 
この主人公は何を求めているか?
 
作者が読み手に伝えたいことは?etc
  
  
  
正解である必要はありません。
 
上述した通り、
ゲーム感覚で大丈夫です。
 
 
 
要約の訓練を繰り返すことで、
伝える力は格段に増し。
 
人に伝わる話し方が、
徐々に備わります。
 
 
 
伝える力を備えることは、
そのままビジネスの成果に直結します。
 
 
 
簡潔に、分かりやすく。
相手が聴きたいことを話す。
 
 
 
伝え上手になる為に、
ぜひ意識して頂きたいです。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:つまりは、どういうことですか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
大きな売上をつくる
 
売り込まなくても自然と売れる秘訣を
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
個人事業主様向け【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム