売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

【人の美点をよく探す】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『大きなカップしかなかったので
 いつもより多めに珈琲を入れておきました』
 
 
 
よく利用するカフェの店員さんから、
このように声をかけられました。
 
 
 
このお店にお邪魔すると。
 
お客様が少ない時には、
店員さん達が色々とお話をしてくださいます。
 
 
 
見えないところで、
ちょっとしたサービスもしてくれたり(^^♪
 
 
 
もちろん、最初から。
 
こんな関係性を、
築けていた訳ではありません。
  
 
 
僕が常連だから、
多少サービスしてくれる。
 
 
 
それもありますが、
それだけではありません。
 
 
 
関係性は深まるべくして、
深まっているのです。
 
 
 
**********
名前で呼ばれない痛み
**********
 
以前、僕が借金まみれだった頃。
 
当座の生活資金を得る為、
アルバイトをしたことがあります。
 
 
 
その時の僕が、
お客様からどう呼ばれていたか。
 
それは以下のようなものです。
 
 
 
「スタッフ(店員)さん」
 

 
自分の名前が呼ばれない環境。
 
名前で呼ばれなくても済んでしまう
そんな状況に。
 
 
 
とてつもない焦燥感と、
寂しさを覚えました。
 
 
 
自分がこの社会に、
全く必要とされていないような。
 
そんな気持ちになったんです。
 
 
 
何をオーバーな。
そう思われるかもしれませんが。
 
 
 
サラリーマンという立場と、
法人の肩書を失くし。
 
借金にまみれた僕は。
 
 
 
人間関係が如何に簡単に壊れるか、
それを目の当たりにしていました。
 
 
 
それと同時に。
 
それでも、仲間・友人として。
家族として。
 
 
 
一人の人間として、
変わらず接してくれる人達を。
 
心から有難いと思いました。
 
 
 
名前で呼ばれる、
ご指名を頂けるビジネスマンになろう。
 
 
 
人を大事にできる
そんな人間であろう。
 
 
 
僕がそう決意した瞬間でした。
 
 
 
*****
美点を探す
*****
 
人の名前を呼ぶこと。
 
これだけで、
コミュニケーションは活性化します。
 
 
 
何度も名前でお呼びし。
共通点を探し。
相手の方の物語に共感する
 
 
 
これができて、
初めて関係は発展します。
 
 
 
そのうえで、
更に重要なこと。
 
 
 
それは
「目の前の人の美点を探す」
ことです。
 

 
冒頭のカフェ店員さん達。
 
僕は注文する時に、
必ずこんな一言を付け加えます。
 
 
 
『〇〇さん、今日も爽やかな笑顔ですね』
『〇〇さんの挨拶はいつも心が籠っていますね』
『〇〇さんは佇まいが美しいですね』
 
 
 
目の前人の美点を、
すぐに見つけて口に出す。
 
 
 
名前を呼びながら、
心からの称賛を贈る
 
 
 
ネームプレートがあれば、
僕は即座にその名前で呼びます。
 
 
 
ネームプレートがない場合は。
 
ある程度親しくなった後で、
お名前を伺います。
 
 
 
香月自身は、
何をしてもらったら嬉しいか。
 
 
 
こう考えた時。
 
名前で呼んで頂けることと、
頑張っている点を認めてもらえること
 
 
 
この二点でした。
 
 
 
だから、僕は。
 
それらを自分の周りの人達に向け、
実践しています。
 
 
 
名刺を渡されて、
すぐに名刺入れに片付け。
 
 
 
相手の話も大して聞かず。
 
自分の言いたいことだけ言って、
さっさと次の人のところに行く。
 
 
 
こんなやり方では、
いつまでも人間関係は広がりません。
 
 
 
人の名前を呼ぶこと。
 
人の美点を探し、
心からの称賛を贈ること。
 
 
 
心の距離を縮め、
人間関係を発展させるうえで。
 
非常に効果的です。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:人の美点を探していますか?粗探しをしていますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
大きな売上をつくる
 
売り込まなくても自然と売れる秘訣を
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
個人事業主様向け【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム