現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で「起業家」として報酬を得る秘訣 ~ 

*

【何が売れるプレゼン/売れないプレゼンを分けるのか?】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
あ~、今日は一日バタバタでした(^^;
 
 
 
11月まで不定期に、
こんな状況が続きそうです。
 
 
 
まぁ、必要とされるのは、
どんな状況下でも嬉しいもんです。
 
がんばりましょう(`・ω・´)
 
 
 
さて、ビジネスというものは、
非常に面白いもので。
 
 
 
全く同じ商品・サービスを、
全く同じ客層に売っているにも関わらず。
 
売れる人と売れない人。
ハッキリと差が出ます。
 
 
 
本人の才能の差?
 
もちろん、
全くないとは言えません。
 
 
 
最初から勘が良く、
なぜか売れる人というのも。
 
誠に遺憾ですが、一定数存在します 笑
  
 
 
そのうえで。
 
  
 
くどいようですが、
セールスはセンスではなくシステム
 
再現性のある科学です。
 
 
 
売れない人のプレゼンと、
売れる人のプレゼン。
 
今回のコラムでは、
両者の違いにフォーカスし。
 
 
 
なぜ売れないのか。
なぜ売れるのか。
 
その要因を明らかにします。
 
 
 
********
売れないプレゼン
********
 
売れない営業マンだった、
以前の香月が。
 
どんなプレゼンをしていたか。
 
 
 
当時の僕は、
ただひたすらに。
 
賞品の詳細を述べていました。
 
 
 
従来品と比べ性能が何%上昇~
他社製品と比べて〇〇が優れ~ 等々
 
 
 
お客様の目の前にある商品が、
如何にスペックが優れているか。
 
そんなことばかり伝えていました。
 

 
一方で、
聞かされているお客様。
 
 
 
感心して聞いているかと言えば、
全くそんなことはございません 笑
 
 
 
寧ろ、僕が語れば語る程。
ドン引きしていく。
 
 
 
それを覆そうとして、
更に商品説明を重ね。
 
更にドン引きさせてしまう。
 
 
 
そんな負のループでした。
 
 
 
逆の立場で考えれば、
すぐに分かること。
 
一方的に商品説明をされれば、
押し売りだと感じますよね?
 
 
 
商品の詳細なんかには、
あまり興味が向かないはずです。
 
 
 
売れないプレゼンをする人は、
商品やサービスの詳細ばかり語ります。
 
これでは売れません。
 
 
 
お客様が知りたいのは、
商品の詳細ではないのですから。
 
 
 
*******
売れるプレゼン
*******
 
では、売れるプレゼンとは。
一体どんな要素を備えているのか?
 
 
 
売れないプレゼンは、
商品そのものを売ろうとするのに対し。
 
売れるプレゼンは、
お客様の未来を売ります。
 
 
 
お客様が現状で抱えた、
課題や願望に対し。
 
 
 
課題の解決、
あるいは願望の実現を。
 
商品やサービスを活用することで、
お手伝いする。
 
 
 
それが売れるプレゼンです。
 

 
課題が解決することで、
願望が実現することで。
 
お客様はどんな未来を、
体験を得ることができるのか。
 
 
 
それらを得た時。
 
お客様の心は、
どんな感情で満たされるのか。
 
 
 
こういったことを、
物語としてお伝えする
 
 
 
その物語に感情を揺さぶられ、
お客様は購入を決意するんです。
 
 
  
逆に、現状のままだった場合。
 
何を失う危険性があるのかも、
一緒に考える。
 
 
 
ご意見は多々あるかと存じますが、
僕は一貫して「最悪の未来」も想像させます。
 
 
 
現状維持が、
緩やかな衰退と同義であることを。
 
強く意識し、
必ず行動して頂きたいからです。
 
 
 
ビジネスの病巣を取り除くことは、
ガン治療と同じです。
 
 
 
早期発見、治療すれば根治できても。
 
発見や治療が遅れれば、
手の打ちようがなくなります。
 
 
 
商品説明だけのプレゼンでは、
お客様には響きません。
 
 
 
お客様と、
未来の物語を共有し。
 
感動の物語を紡ぐために、
お互いに協力し合う。
 
 
 
それを見せ(魅せ)るのが、
売れるプレゼンの極意です。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:お客様とどんな未来を紡ぎますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
大きな売上をつくる
 
売り込まなくても自然と売れる秘訣を
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
個人事業主様向け【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム