口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【未来を自らの手でデザインする】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
僕の自宅の近所、
大学生が多いです。
 
 
 
学び舎に向かう、
そんな彼ら彼女らを見る度。
 
大学に入り直したいな、
そんなふうに感じることがあります。
 
  
 
お恥ずかしい話ですが。
 
大学在学中に、
何かを夢中になって勉強したこと。
 
 
 
残念ながら、ありませんでした。
幾らでも授業は受け放題だったのに。
 
 
 
更に言えば。
 
僕には大学に入る、
明確な目標がなかった。
 
 
 
第一志望の大学に合格した、
そこがゴールになってしまっていました。
 
 
 
ゴールではなく、
そこがスタート地点だったのに。
 
今なら明確な目標を持って、
たくさん学べるのに。
 
 
 
そう思うので、
50歳での大学再入学を目標にしています 笑
 
 
 
過去に戻ってやり直しはできませんが、
未来はやり直せますからね(^^♪
 
 
 
*******
未来をやり直す
*******
 

10年後にはきっと
せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう
今やり直せよ。未来を
10年後か、20年後か、50年後から
もどってきたんだよ今

 
どなたの言葉かは存じませんが。
 
この言葉に、
僕は全力で賛同します。
 
 
 
誰にでも一つや二つ。
 
過去に戻って、
やり直したいことはあるでしょう。
 
 
 
あの時、ああしておけば。
あと10年、若ければ。
 
 
 
こんなふうに考えたこと、
誰にでも覚えがあるでしょう。
 

 
僕もそう思っていました。
 
 
 
売れない営業マンだった頃
 
チームを潰した頃
 
詐欺に遭った頃
 
起業してうまくいかなかった頃
 
 
 
自身が逆境にあった時、
何度もそのように考えました。
 
 
 
でも、この言葉に出会って。
なるほど、と思いました。
 
 
 
きっと、今現在の自分は。
 
 
 
過去に戻ってやり直したいと、
そう強く念じた自分が。
 
未来から戻ってきた状態なんだろう、と。
 
 
 
そう考えた時。
 
迷って悩んで蹲っている時間が、
果たして自分にあるのか?
 
 
 
いや、ない。
 
 
 
そんな訳で。
 
何かに悩んだり迷ったりして、
足が止まりそうな時は。
 
 
 
手帳に書いたこの言葉を、
目にするようにしています。
 
 
 
未来で、後悔しない為に。
 
 
 
今の自分にできることをやる
今の自分に必要な選択をする
自分の意志で決断する
 
 
 
これらを信条として、
僕は今を生きています。
 
 
 
*********
未来をデザインする
*********
 
よく「デザイン」という言葉が、
ビジネスシーンでは用いられます。
 
 
 
この言葉を、
そのまま用いても。
 
漠然としたイメージしか持ち得ません。
 
 
 
改めて、この言葉を定義すると、
以下のように捉えることができます。
 
 
 
「目的を達成する為の設計」
「設計に基づき具体的な形をつくる」
 

 
何を目的として、
今後の未来を生きるのか。
 
 
 
その目的の為に、
どのような計画、設計をするのか。
 
 
 
その計画、設計に基づき。
具体的にどのような形を今後つくっていくのか。
 
 
 
こうしたことをひっくるめて
「未来をデザインする」
と、ここでは定義します。
 
 
 
過去をやり直すことは、
誰にもできません。
 
 
 
そのうえで。
 
未来は自らの手で、
デザインすることが可能です。
 
 
 
今まで「やり直したい」と思ったことを、
未来で繰り返さない為にも。
 
 
 
自らの未来を、
自らの手でデザインする。
 
 
 
そんな未来を、
今日からつくっていきませんか?
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな未来をデザインしますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
大きな売上をつくる
 
売り込まなくても自然と売れる秘訣
再現性のあるセールスのシステムを
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
個人事業主様向け【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム