口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【お客様を一瞬でファンに変える会話術】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『香月さんは会話上手ですね』
 
初めてお会いする方から、
よくこんなフィードバックを受けます。
 
 
 
色々と訓練や勉強をしたので。
 
相手を飽きさせずに話すことには、
一定の自信はあります。
 
 
 
そのうえで。
 
相手との会話の中で、
僕がしゃべる割合って。
 
 
 
実はそう多くはないんです。
 
 
 
話す割合は少ないのに、
なぜ会話上手と言われるのか。
 
 
 
出会った人が、
すぐにファンになってくれる。
 
そんな会話術の秘訣について、
今回は掘り下げます。
 
 
 
*******
会話上手の定義
*******
 
「会話上手=話し上手」
 
多くの人が、
こんなイメージをお持ちです。
 
 
 
こんなイメージが浸透しているが故に。
 
話下手なことに、
コンプレックスを抱いている。
 
 
 
そんなビジネスマンは、
少なくはないんですね。
 
 
 
そのうえで、
真実をお伝えしますね。
 
 
 
会話上手=話し上手、ではありません
 

 
会話を盛り上げるのに、
話し上手である必要はありません
 
 
 
更に言えば。
 
会話上手な人であるほど、
お客様が引き気味になるケースが多い。
 
 
 
その理由は簡単です。
 
自分の話ばかり聞かせて
お客様の話を聴いていないから。
 
 
 
だから会話も盛り上がらず、
一方通行になるんです。
 
 
 
もう、お分かりですよね。
 
 
 
会話上手とは、
即ち聴き上手のこと。
 
 
 
会話が上手な人とは。
 
目の前の人が気持ちよく話せる
そんな聴き方ができる人なんです。
 
 
 
**********
ファンに変える会話術
**********
 
「聴」という漢字を分解すると、
以下のようになります。
 
 
 
「耳・十・目・心」
 
 
 
自分の「耳」
自分の「目」
自分の「心」
 
これらを「十」回
目の前の相手に向ける
 
 
 
これくらいの気持ちで聴いて、
初めて「話を聴いている」と言えます。
 

 
この「話を聴く」ことを、
多くの人が軽視しがちです。
 
 
 
そんなことはない。
自分はちゃんと聞いている。

そのような反論を受けしますが。
 
 
 
その多くが、
耳で情報を受け止めているだけで。
 
本当の意味で、
目の前の人の話を聴いていません。
 
 
 
目の前の人が話をしているのに
次に自分が話す内容を考える。
 
こんな人は、
とても多いんです。
 
 
 
僕が会話上手と言われるのは。
 
目の前の人の話を、
真剣に聴くから。
 
 
 
合いの手
話題に合った表情
話を深堀する問いかけ 等
 
 
 
相手が話しやすい環境を整え
会話を盛り上げるからこそ。
 
会話上手だと言われるんです。
 
 
 
自分の話を真剣に聴いてくれる。
 
たったこれだけのことですが、
その効果は絶大。
 
 
 
会ったその日に、
ファンになって頂けます。
 
 
 
会話上手は聴き上手。
 
自分の話よりも、
お客様の話に心を傾けましょう
 
 
 
それこそが、
お客様をファンに変える会話術。
 
その秘訣です。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな聴き手なら会話は盛り上がりますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
大きな売上をつくる
 
売り込まなくても自然と売れる秘訣
再現性のあるセールスのシステムを
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
個人事業主様向け【売らなくても売れる仕組みのつくり方
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム