口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【価格で売るな!”価値”で売れ!!】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
世の中には
「トップセールス」
と呼ばれる人達がいます。
 
 
 
圧倒的な営業成績を出し
数多くのお客様に感謝され
大きな報酬を受け取る
 
 
 
営業マン時代もそうでしたが。
 
独立してからというもの、
このトップセールスの方々に出会う。
 
 
 
そんな機会が随分と増えました。
 
 
 
なぜ、彼ら彼女らは。
 
高額な商材を、
当たり前のように売ってこれるのか?
 
 
 
高額商材を売れる人、
低価格でしか売れない人。
 
 
 
その違いについて、検証します。
 
 
 
***********
低価格でしか売れない人
***********
 
『高いから売れない』
 
 
 
低価格でしか売れない人は。
 
商材が売れない理由を
『高いから』
で一括りにしがちです。
 
 
 
確かに商品の値段は、
お客様にとっての判断材料の一つ。
 
 
 
ましてや、この不況の時代。
 
高額であればあるほど、
お客様の財布の紐も堅くなるでしょう。
 

 
そのうえで。
 
お客様の判断基準は、
価格だけではありません
 
 
 
その証拠に、
家や高級車などの高額商品。
 
コンサルティングやWEBデザインなどの、
高額なサービスは。
 
 
 
今も変わらず、
売れ続けています。
 
 
 
高額であれば買わないのなら。
 
これらのものは、
全く売れないはずです。
 
 
 
なぜ、高額でも売れるのか。
 
それらを売れる人は、
何をもって高額商品を売っているのか。
 
 
 
次の段落で、
それらを明らかにします。
 
 
 
********
高額でも売れる人
********
 
高額商品であろうとも、
全く関係なく売れる人。
 
 
 
彼らは何でもって、
お客様にご購入頂いているのか。
 
 
 
彼らは商品の価格ではなく、
商品の価値でもって売っているんです。
 
 
 
ご自身に置き換えて、
考えてみてください。
 
 
 
あなたは何かを購入する際。
 
高いか安いかだけで、
判断を下しますか?
 
 
 
違いますよね。
 
 
 
判断材料の一つではあるけれど、
決定的な要素ではないはずです。
 
 
 
おそらくは。
 
欲しいか欲しくないか
これで最終的に判断していませんか?
 
 
 
今までに買ったことのある高額商品は、
全て欲しいから買ったのではありませんか?
 
 
 
つまりは、
そういうことです。
 
 
 
高額商品でも売れる人は。
 
お客様に『欲しい!』と思わせる
買うだけの価値を見出させています。
 
 
 
だから高額であろうとも、
問題なく売れるんですね。
 

 
ここで言う「価値」とは、
お客様が欲しい未来を指します。
 
この商品、
サービスを購入することで。
 
お客様はどんな価値ある未来を、
手にすることができるのか。
 
 
 
それをイメージさせる力が、
非常に優れているんですね。
 
 
 
自分のお客様となる人の事を、
誰よりも詳しく知り。
 
 
 
その人は、
どんな未来を欲しているのか。
 
 
 
自分の商品やサービスで。
 
どのようなお手伝いをすれば、
お客様はその未来を手にできるのか。
 
 
 
こういったことを徹底的に考え、
具体的にイメージさせる。
 
 
 
但し。
 
こんな未来が手に入ります!では、
ただのセールストークです。
 
 
 
これではお客様は「説得されている」と感じ、
全く売れません。
 
 
 
お客様のイメージを促すのは、
常に効果的な質問です。
 
 
 
高額商品を売れる人は、
総じて質問上手です。
 
 
 
ちなみに。
 
質問力は、
良い質問に答えることで磨かれます
 
 
 
ネット上でも書籍でも、
たくさん事例はありますので。
 
ぜひ、たくさん練習してください。
 
 
 
価格はあくまで、
判断材料の一部でしかありません。
 
お客様は価格ではなく、
価値で購入を決めます
 
 
 
お客様にとっての価値。
 
お客様の欲しい未来について、
具体的にイメージさせましょう。
 
 
 
それが高額商品を売るうえで、
必要なポイントです。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな価値をお客様にイメージさせますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
売り込まなくても自然と売れる秘訣
 
再現性のあるセールスの方程式
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
先ずは「無料相談」をご活用ください。
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム