理想のお客様とのマッチメイク術

~なぜ「売り込みゼロで8割成約」を再現できるのか?~

*

【セールスとは”モノ売り”に非ず】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
ほぼ日帰りで、
またまた東京に行ってきました!
 
 
 
凝り固まった思考を、
良い意味で壊すには。
 
やはり人に会いに行くことが、
最良だと実感します。
 
 
 
閑話休題。
 
 
 
『どんな商品を扱えば成功できますか?』
 
 
 
セールスのプロという自負を持ち、
専門家として活動している弊害として。
 
 
 
こういった「的外れ」なお問い合わせも、
数多く存在します。
 
 
 
取り扱う商品やサービス。
 
その質は、
確かに重要です。
 
 
 
お客様が必要性を感じないものを、
無理に売りつけるのは。
 
最早セールスではなく、
悪徳商法そのものだからです。
 
 
 
そのうえで。
 
 
 
扱う商品やサービス次第で、
成功が決まる。
 
そんな訳でもないのです。
 
 
 
セールスはモノ売りに非ず
 
 
 
その根拠を、
今回のコラムで定義します。
 
 
 
**************
セールスとはモノを売ること?
**************
 
扱う商品が悪いから売れない。
サービスが差別化できないから選ばれない。
 
 
 
カフェでコーヒーを飲んでいると。
 
自社の商品やサービスに対する愚痴は、
そこかしこから聞こえてきます。
 
 
 
こういった愚痴を言う人は。
 
セールス=モノ売りという、
偏見を持っています。
 

 
かつての僕もそうでした。
 
 
 
売れるか売れないかは、
商品の質や価格次第。
 
そう思っていました。
 
 
 
その一方で。
 
同じ商品を扱っているにもかかわらず、
僕より遥かに売れている同僚達がいました。
 
 
 
この差を生んだものは、
一体何なのか?
 
 
 
上述した通り。
 
扱う商品やサービスの質は、
お客様の判断材料の一つです。
 
 
 
そのうえで。
 
 
 
商品やサービスの質だけで。
 
お客様は、
ご購入を決めている訳ではありません。
 
 
 
断言します。
 
 
 
セールスとは、
モノ売りを指すのではありません
 
 
 
セールス=モノ売り
この発想でいる限り。
 
 
 
セールスの成果は、
決して伴わないことを。
 
僕は自身の経験から、
確信しているんです。
 
 
 
*********
何のための商品か?
*********
 
ここで一度
「商品やサービスは何の為にあるのか」
という本質について考えてみましょう。
 
 
 
一部の悪意ある例外を除き。
 
商品やサービスは
「お客様を幸せにする為」
に、存在しています。
 
 
 
例えば、
僕のようなコンサルタントは。
 
お客様のビジネス上の課題を解決する為に、
サービスを提供します。
 
 
 
例えばレストランは
「大切な人との大切な時間」
を提供します。
 
 
 
例えば学習塾は
「子ども達が社会に出る為の力を育む」
為に存在します。
 
 
 
お客様の課題を解決し
 
お客様の願望を実現し
 
お客様の欲しい未来を提供し
 
その未来を通して
得難い感動を提供する
 
 
 
これらを実現するのが、
セールスという行為です。
 

 
単純にモノを売るという思考では、
こういった成果は実現できません。
 
 
 
お客様が欲している未来を、感動を。
商品やサービスを通してご提供する。
 
 
 
これこそが、
セールスの本質なんです。
 
 
 
商品やサービスは、
あくまで手段でしかありません。
 
 
 
手段ばかりにこだわり、
本質を見失っていては。
 
決して「正しいセールス」は身に付かず、
お客様に選ばれることもありません。
 
 
 
お客様の課題を解決しましょう。
お客様の願望を実現しましょう。
 
 
 
その為の手段として、
商品やサービスを活用しましょう。
 
 
 
商品やサービスを前提として、
セールスをするのではありません。
 
 
 
お客様が
「どんな未来を欲しているか」
をこそ、前提条件として。
 
 
 
お客様に選ばれるセールスは実現します。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:お客様にどんな未来をご提案しますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
売り込まなくても自然と売れる秘訣
 
再現性のあるセールスの方程式
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
先ずは「無料相談」をご活用ください。
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム