91.2%契約につながる「売らなくても売れる仕組みのつくり方」

【無理に売り込まなくても自然に売れる仕組みづくりで、実績91.2%】 

*

【契約が不成立の時こそ大切にすべきもの】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
かつきつばさです。
 
 
 
過日の事。
 
僕の携帯電話に、
某WEB会社から電話がかかってきました。
(そもそもどこで番号を・・・?)
 
 
 
内容としては、
『HPの内容を見直さないか』
というもの。
 
 
 
過去の僕も電話営業で、
罵倒されて切られた経験もあります。
 
 
 
ですので、
余程アヤシイ話ではない場合。
 
可能な限り、
話を聴くようにしています。
 
 
 
その方の話を、
一応聴いてみたものの。
 
僕の満足いく回答を、
得ることはできませんでした。
 
 
 
実はHP会社を選ぶには、
ポイントがあるんですが。
 
その点を、
全く満たせていませんでした。
 
 
 
その旨を伝え、
丁重に断りを入れたところ。
 
 
 
その営業さんは
『そうですか、分かりました』
と言い、即電話を切りました。
 
 
 
この対応を見る限り。
 
今後この会社にお願いすることは、
絶対にありませんし。
 
 
 
僕の仲間やお客様にも、
絶対におススメしないでしょう。
 
 
 
*********
将来の見込みも失う
*********
 
前段の営業さん。
 
月末だったことも考えれば、
きっとノルマ達成が厳しいのでしょう。
 
 
 
断られた相手に、
いつまでも時間をかけていられない。
 
一件でも多く電話して、
契約しなければならない。
 
 
 
そんなことを、
考えていたのではないでしょうか。
 
 
 
この
「一件でも多く」
という発想自体は間違ってはいません。
 
 
 
そのうえで、
セールスの原理原則から見た場合。
 
根本的に間違えていると、
そう言わざるを得ません。
 

 
セールスとは感情の移動であり。
 
ホスピタリティ、
即ち「おもてなしの心」が必要です。
 
 
 
本当にお客様の事を考えていれば。
 
どんな提案をすれば、
お客様が幸せになれるのか
 
 
 
その点を、
徹底的に考えるはずです。
 
 
 
この方の根本的な誤りは、
自分の数字しか頭になかったこと。
 
 
 
自社(自分)の考えるメリットばかりで。
 
その会社に依頼したら、
お客様にどんなメリットがあるのか
 
 
 
それを具体的に、
提示しなかったこと。
 
 
 
この時点で、
セールスは不成立です。
 
 
 
ノーニーズ・ノーセールス
 
お客様のニーズのないところで、
セールスはできないのですから。
 
 
 
こうして、
自分本位のセールスをした結果。
 
未来永劫、
関係性は絶たれてしまうんです。
 
 
 
*******
断られる時こそ
*******
 
お客様にお断りされる。
契約が不成立になる。
 
その時にこそ、
提案者の「品格」が試されます
 
 
 
お客様の「NO」は。
 
あくまで
「今は」「この提案に対しては」
という意味合いです。
 
 
 
未来永劫「NO」という訳ではないんです。
 
 
 
にもかかわらず、
不機嫌に
 
『あ、そうですか
 分かりました』
 
なんて言おうものなら。
 
 
 
二度とお話を頂けなくなります。
 
 
 
尤もかつきは、
お近づきになりたくない人には。
 
意識的に、
雑な対応をしておりますが 笑
 
 
 
閑話休題
 
 
 
お断りされる時こそ、
丁寧に感謝を述べる
 
この姿勢が大切です。
 

 
考えてもみてください。
 
 
 
少なくとも、
見込み客の方は。
 
こちらの提案に対し、
耳を傾けてくれたんです。
 
 
 
自分の人生の時間を割いて、
話を聴いてくれたんです。
 
 
 
交渉の席についてくれたんです。
 
 
 
提案に対し、
関心を示してくれたんです。
 
 
 
これだけでも、
十分に有難い話です。
 
 
 
怒鳴られて電話を切られた訳でも、
席を立たれた訳でもないんです。
 
 
 
つまりは
「今後も関係性は継続可能」
であることを。
 
 
 
お客様自らが、
提示してくれているんです。
 
 
 
ここで心のこもった、
品格のある対応ができてこそ。
 
 
 
お客様の中での株も上がり、
次回「YES」を頂ける可能性も高まります
 
ご紹介を頂ける可能性だってあります。
 
 
 
上述した通り。
 
お客様に断られたといって、
それは「永遠のNO」ではありません。
 
 
 
あくまで、
今回は、この提案は、という話。
 
 
 
関係性を継続できれば。
 
将来のお客様になって頂けることも、
十分に考えられます。
 
 
 
お断りされた時こそ、
丁寧な対応を心掛けましょう。
 
 
 
その方と関係性を継続できる工夫を、
たくさん設けしましょう。
 
 
 
こういった小さな積み重ねが、
お客様を増やしていくんです。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:断られた際にどんな対応をしていますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
売り込まなくても自然と売れる秘訣
 
再現性のあるセールスの方程式
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
先ずは「無料相談」をご活用ください。
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム