91.2%契約につながる「売らなくても売れる仕組みのつくり方」

【無理に売り込まなくても自然に売れる仕組みづくりで、実績91.2%】 

*

【誰よりもセールスで失敗してきたからこそ】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
かつきつばさです。
 
 
 
昨日は久しぶりに、
ほぼ終日オフを頂きました。
 
 
 
1件だけ電話で打ち合わせ後。
 
 
 
部屋をこれでもか!と掃除して
溜まっていた本を読んで
お茶を入れて・・・
 
 
 
ゆっくりした時間を過ごせました。
 
 
 
走り続けるばかりではなく。
 
今後はこういった時間を、
意識的につくるつもりです。
 
 
 
それが2018年を振り返った際の、
僕の反省点。
 
 
 
この一年は走り続けるあまり、
大切なものを幾つか見落としかけたので。
 
自分を顧みる時間を持つことも、
重要なのだと思い知らされました。
 
 
 
********
専門家とは何か?
********
 
過日、仲間内で
「専門家とは何か」
という議題で話をしました。
 
 
 
普通に辞書などを引けば、
「特定の分野に精通している人」
などを指す単語になりますが。
 
 
 
こういった杓子定規の定義ではなく、
 
専門家とは、
どういった人を指すのか。
 
 
 
誰よりも専門家であろうとする自分達なら、
どんな言葉で定義するのか。
 
そんなことを話し合いました。
 
 
 
そして、出た結論は
「誰よりも失敗し、そこから学んだ人」
というものでした。
 

 
かの発明王エジソンは、
電球制作まで一万回失敗したそうです。
 
 
 
そして、彼はこうも述べています。
 
 
 
『失敗したわけではない
 それを誤りだと言ってはいけない
 勉強したのだと言いたまえ』
 
 
 
失敗ではなく、
それは勉強の機会だったのだと。
 
 
 
そこから何かを学び取れば、
次の成功につながるのだと。
 
 
 
彼は自身の人生において、
それを証明してみせました。
 
 
 
諸説ありますが。
 
現代の大人は平均二回未満の失敗で、
何かを諦めるのだそうです。
 
 
 
あまりにも早すぎるのではないでしょうか。
 
 
 
誰よりも多く失敗し、
そこから学ぶからこそ。
 
偉大な成果が生まれる
 
 
 
僕達は、
そのように結論付けました。
 
 
 
************
誰よりも失敗したからこそ
************
 
今でこそ、
お客様を売上目標達成に導ける。
 
かつきのセールス方式ですが。
 
 
 
僕自身、
長年売れない営業マンであり。
 
誰よりもセールスで失敗してきた
 
 
 
それもまた、
一つの事実です。
 
 
 
お客様の課題を考えず、
いつも自分の数字のことばかりでした。
 
 
 
理論武装でお客様を論破し、
必要ない商品を買わせていました。
 
 
 
長年に渡り、
ノルマを達成できませんでした。
 
 
 
僕のセールスにおける失敗の数は、
枚挙に暇がありません。
 
 
 
そんな僕が、
現在はセールスコンサルタントとして。
 
 
 
成功するセールス哲学を、
クライアントさん達と共有できるのは。
 
 
 
偏に失敗から学び続けたからです。
 

 
逆に言えば。
 
長年売れない営業マンだったのは、
当時の僕が失敗から学ばなかったからです(^^;
 
 
 
たくさんセールスで失敗して、
そこから学んだからこそ。
 
 
 
何をするからセールスがうまくいかないか
何を変えるとセールスがうまくいくのか
 
全て実体験として説明できます
 
 
 
セールスの専門家として、
お客様の課題を発見でき。
 
その課題を解決できます。
 
 
 
誰よりも失敗した人。
その失敗から学んだ人。
 
それこそが「専門家」の条件であると、
かつきは解釈しているんです。
 
 
 
今後もセールスの専門家として、
高い価値を提供し続ける為に。
 
 
 
たくさん失敗も成功も積み重ねて、
そこから学んでいこうと思っています。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:過去の失敗から得た学びは何ですか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
売り込まなくても自然と売れる秘訣
 
再現性のあるセールスの方程式
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
先ずは「無料相談」をご活用ください。
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム