91.2%契約につながる「売らなくても売れる仕組みのつくり方」

【無理に売り込まなくても自然に売れる仕組みづくりで、実績91.2%】 

*

【なぜトップセールスはファンを育てられるのか?】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
かつきつばさです。
 
 
 
さて、あなたは
「トップセールス」
と聞くと。
 
どのような人物を思い浮かべますか?
 
 
 
トークも上手で、知識も豊富。
佇まいも仕事の進め方もスマート。
 
 
 
雲の上の人物で、
少々近寄りがたい。
 
 
 
およそ「完璧超人」のような人を、
想像しやすいのではないでしょうか。
 
 
 
かつきのヒアリング結果ではありますが。
 
 
 
やはり多くの方が、
トップセールスや成功者に対し。
 
上記のようなイメージをお持ちです。
 
 
 
そのうえで。
 
トップセールスや成功した起業家は、
その多くが「完璧」ではありません。
 
 
 
寧ろ、もっと身近な人達なんです。
 
 
 
********
失敗談を共有する
********
 
トップセールスなどの、
成功者と呼ばれる人たちは。
 
自分の成功談を、
あまり語りません。
 
 
 
寧ろ自分の失敗談をこそ、
たくさん共有します。
 
 
 
人間心理として、
人は嫉妬しやすいもの。
 
 
 
毎度のように、
他人の成功談を聞かされ続けたら。
 
そこに妬みや嫉みは発生しやすいです。
 
 
 
結果、距離を置かれる
陰口をたたかれる
粗探しをされる 等
 
 
 
成功談をひけらかしても、
あまり良い結果は得られません。
 
 
 
その一方で。
 
スゴイ人だと思っていた人が、
思わぬ失敗談を披露してくれる
 
 
 
この人でも、
自分みたいな失敗をするんだ、と。
 
雲の上だと思っていた人物が、
とても身近な人に感じられます
 
 
 
そのギャップから。
 
話を聴いた人は、
その人物のファンになるんです。
  

 
人は完璧な人よりも
「プロだけど身近な人」
を好むものです。
 
 
 
故にトップセールスは、
成功談などの「自慢話」を避け。
 
自らの失敗談を披露することで、
心のハードルを低くしています。
 
 
 
自らの失敗を率先して話すのは、
恥ずかしいし嫌かもしれません。
 
 
 
そのうえで。
 
相手の方と一気に親しくなるには、
非常に効果的な手段です。
 
 
 
関係性が深まれば、
伝えたいことも伝わりやすくなります
 
 
 
一時の恥ずかしさよりも、
未来の関係をこそ重視しましょう。
 
 
 
**********
共有できる事実を探す
**********
 
もう一つ。
 
ファンを育てるうえで、
有効な手段があります。
 
 
 
それは
「共有できる事実を探す」
です。
 
 
 
僕は名刺交換の際、
一気に名刺の中の情報を読みます。
 
 
 
そのうえで、
共有できそうな情報を見つけたら。
 
即座にそれを相手の方にお伝えします。
例えば、以下のように。 
 
 
『僕も以前は〇〇市で営業していたんですよ』
『僕も過去にどこそこに住んでいました』
『御社の近くにあるラーメン屋さん美味しいですよね』etc
 

 
このように、
互いに共有できる事実があると。
 
やはり心のハードルは、
グッと下がります。
 
 
 
「初めて会ったよく分からない人」
から
「共有できる事実がある人」
へ、クラスチェンジするんです 笑
 
 
 
仮に名刺の中に見つけられなくとも。
 
たくさん相手の話を聴くことで、
共通点を探すことは可能です。
 
 
 
共有できる事実や、
共通点を多く見つけられるほど。
 
目の前の人物は、
こちらに親近感を抱くもの
 
 
 
会って5分でお友達になることだって、
十分に可能なんです。
 
 
 
一度お友達になってしまえば。
 
その後のこまめな関係構築で、
すぐにファンになって頂けます。
 
 
 
こういった、
細かい心配りができるからこそ。
 
トップセールス達は、
ファンに囲まれるんです。
 
 
 
お客様と、
失敗談をたくさん話しましょう。
 
 
 
共有できる事実や共通点を、
たくさん探しましょう。
 
 
 
こうした地道な関係づくりが、
後にたくさんのファンを育てます。
 
そして、ビジネスの成否を決めるのは。
常にファンの存在の有無です。
 
  
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:ファンを育てる為にできることは何ですか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
売り込まなくても自然と売れる秘訣
 
再現性のあるセールスの方程式
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
先ずは「無料相談」をご活用ください。
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム