口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【年収を10倍にする目標設定】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
かつきつばさです。
 
 
 
あけましておめでとうございます。
昨年度は大変お世話になりました。
 
 
 
今年も精力的に更新していきますので、
より一層の御贔屓をお願い致します。
 
 
 
年末、まさかの風邪っぴき。
 
そのまま寝込んでしまい、
コラムを更新できませんでした。
 
 
 
いきなり公約を破ってしまい、
大変失礼致しました。
 
 
 
お正月もおとなしく過ごし、
体力も快復しました。
 
今日から仕事再開です。
 
 
 
2019年度も、
楽しんでいきましょう。
 
 
 
**********
目標は立てたけれど…
**********
 
さて、このお正月で。
 
新年の目標を立てられた方も、
きっと多いと思います。
 
 
 
そのうえで。
 
目標通りの行動を、
続けられる人。
 
 
 
一体どれだけいるでしょうか?
 
 
 
下手すれば。
 
3月頃には、
どんな目標立てたかも忘れた
 
 
 
こんな人も、
結構多いようです。
 
 
 
何を隠そう、以前の僕が。
このパターンだったんです。
 
 
 
毎年のように
『今年こそは!』
と意気込んで。
 
目標設定をするものの。
 
 
 
大体3ヶ月もすれば、
どんな目標を立てたかも忘れ。
 
漫然と毎日を過ごしていました。
 
 
 
なぜこうなったのか。
 
 
 
一番の理由は、
目標を可視化していなかったこと。
 
 
 
具体的で数値化でき、
期限を明確に定めている
 
そういった目標ではなく、
非常に曖昧なものだったんです。
 
 
 
更に言えば。
僕は目標を持ち歩いていませんでした
 
 
 
目標を書き出し、
それを持ち歩く。
 
 
 
期限から逆算し。
 
予定通りに進んでいるかを、
定期的にチェックする。
 
 
 
こういった行動が、
僕には伴っていなかったんですね。
 

 
ハーバード大学で行われた、
興味深い調査があります。
 
 
 
ある教授が学生たちに、
自分の目標を持っているか尋ねたところ。
 
 
 
1.目標を持っていない:84%
2.目標を持っているが書き出してはいない:13%
3.目標を持って紙に書いている:3%
 
 
 
こういった結果になりました。
 
 
 
そして、10年後。
彼らの年収の差は。
 
 
 
3.の人達の年収は、
残りの97%の10倍だったそうです。
 
 
 
目標と年収は比例しています。
 
具体的な目標を持ち、
いつもチェックできるようにしましょう。
 
 
 
*********
終わりから逆算する
*********
 
自分の人生の幕が下りる時。
 
あなたはどんな言葉でもって、
集まった人たちに見送られたいですか?
 
 
 
ちなみに僕は
 
『最後まで楽しそうだった』
『かっこいい人だった』
 
こんな言葉で見送られたいです。
 
 
 
そんな言葉で見送られる為に、
今、自分は何を為さなければならないのか
 
 
 
何歳までに、
どんな状況をつくるべきなのか。
 
 
 
人生の終わりから逆算し。
 
今の自分が何をすべきか。
何が足りていないのか。
 
 
 
こういったことを、
可能な限り具体化する。
 
 
 
こういった思考の元、
目標を具体化し。
 
一つ一つ、丁寧に実践する
 
 
 
さすがに人生の終わりからは、
少々極端化もしれませんが。
 
 
 
ゴールから逆算することで、
目標はより明確で具体的なものになります。
 

 
無謀な目標設定ではなく
「今の自分には少ししんどい」
くらいの目標をつくり。
 
 
 
この「少ししんどい」を、
実践し続ける。
 
 
これを繰り返すと。 
 
「少ししんどい」は、
「頑張ればできる」に変わります
 
 
 
小さな目標達成の積み重ねが、
大きな目標達成につながり。
 
目標を達成し続けるに伴い、
自分の年収は上がっていきます。
 
 
 
僕も過去、
年収が大きく落ちましたが。
 
目標を達成し続けることで、
再び上昇気流に乗れました。
 
 
 
ぜひ、具体的な目標を立て。
 
その目標を、
いつも持ち歩いてください。
 
 
 
そこに行動が伴えば、
年収は必ず上がります。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
2019年も宜しくお願い致します!
 
 
 
【Q:目標を持ち歩いていますか?】
 
※注記
 
理想のお客様だけと出会い
売り込まなくても自然と売れる営業の秘訣
 
お客様の方から『欲しい』と言われる会話の組み立て方
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
先ずは「無料相談」をご活用ください。
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム