口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【少し止まると書いて「歩」:立ち止まることは悪いことじゃない】

   


 
営業を、よりおもしろく
お客様との会話を、よりわかりやすく
 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口下手でお客様に提案できない
お客様との会話が続かない
 
そんなコンサルタント・コーチ・セラピストの方々に
口下手でもお客様から『欲しい!』を引き出せる
セールストークをお伝えするプロ
 
かつきつばさです。
 
 
 
昨日は、
午前中の顧客対応を終えた後。
 
唐突に思い立って、
午後からお休みにしました。
 
 
 
空は生憎の曇り空でしたが。
 
携帯もPCも置いて、
小説片手に近所の大きな公園へ。
 
 
 
のんびりと散歩しながら、
濡れていないベンチで本を読む。
 
 
 
とても静かで、
ゆっくりした時間を過ごせました。
 
 
 
こんな時間も必要だと、
改めて思った次第です。
 
 
 
*****
少し止まる
*****
 
今年の僕の行動指針の一つに
「脱・ストイック」
というものがあります。
 
 
 
自覚はなかったのですが。
 
昨年の僕はどうにも、
“動き過ぎ”だったようです。
 
 
 
周りからすれば
『何をそこまでストイックにしているんだろう』
というレベルで。
 
 
 
同年代で仲良くしている、
バーテンダーの方から。
 
以前、こんなことを言われました。
 
  
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
かつきさんのすごいところって
努力を努力と思っていないところだと思う
 
それは素直にすごいと思うんだけど
人間は全力疾走し続けられないんだよ
 
良い意味での「手抜き」がいると
俺は思うよ
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
 
 
言われた当時は
『いや~苦痛じゃないから大丈夫ですよ』
なんて、言いましたが。
 
 
 
見えないところで、
やはり疲労が溜まっていたのでしょう。
 
 
 
数年ぶりに、
しかも何度も体調を崩したり。
 
仕事そのものに、
不調をきたしたり、と。
 
 
 
目に見えるかたちで、
随所に弊害が出ていました。
 

 
ロスを取り戻そうと、
余計に働き。
 
結果、更に悪くなる。
 
 
 
冷静に振り返ってみれば。
 
当時の僕は、
こんな負のループの只中にいました。
 
 
 
このバーテンダーの方の仰る通り。
 
ずっと走り続けることは、
人間にはできません。
 
 
 
当時の僕には、
それが本当の意味で理解できなかったんです。
 
 
 
『今年はたくさん遊びます!』
 
 
 
先日、件のバーテンダーさんに。
このようにお伝えしたところ。
 
先ずは一緒に呑みに行こう!
ということになりました 笑
 
 
 
前に進む為に、
一歩踏み出す為に。
 
 
 
少し立ち止まって考える
自らを見つめなおす。
 
 
 
少し止まるからこそ、
前に向かって歩むことができる。
 
そのことを、
身をもって再認識しました。
  
 
 
***********
一度休むと書いて「体」
***********
 
漢字というものは、
本当に面白いものです。
 
 
 
僕はよく、
自分の語彙力を高める目的もあって。
 
漢字を勉強します。
 
 
 
そうすると。
 
その漢字の成り立ちって、
物事の本質をとらえています。
 
 
 
「体」という漢字は
「一」度「休」む、と分解できます。
 
 
 
いつも自分の思う通りに、
自分の体は動いてくれています。
 
そんな体に、
自分は休みをあげているだろうか?
 
 
 
いつも無茶を聞いてくれて有り難う、
そう労っているだろうか?
 
 
 
そんな疑問が湧いた時、
僕の答えは「NO」でした。
 
 
 
僕の体には、
「一度休む」
が必要だったんです。
 

 
かつきが起業して、
三年少々の時が流れました。
 
 
 
「走り続けていなければならない」
 
 
 
僕は心のどこかで、
ずっとこう思っていたんだと思います。
 
 
 
休める時にも休まず。
収入はほぼ全て勉強に回し。
どんな仕事も受ける。
 
 
 
起業してからというもの、
ずっとこんな調子でした。
 
 
 
こういった姿勢が必要な時も、
もちろんあるでしょう。
 
 
 
それでも。
 
全力疾走し続ける必要性もなければ、
全力疾走し続ける体力なんてない。
 
 
 
人間はそこまで、
頑丈にはできていません。
 
 
 
プロ野球のピッチャーでも、
初回から最終回まで全力投球はできません。
 
 
 
体力、球速をコントロールしながら。
 
要所要所を締めつつ、
バッターを打ち取っていくものです。
 
 
 
“入り”と”抜き”が必要なんですね。
 
 
 
話は変わりますが。
 
日本初のクラウドファンディング
「Readyfor」を起ち上げた
女性社長の米良はるか氏。
 
 
 
彼女は30歳で、
ガンを宣告されました。
 
 
 
この方は
『立ち止まることは悪いことではない』
と仰います。
 
 
 
立ち止まる事が人の可能性をのばし、
そして、充実した一人一人の人生を生み出す
 
そう、彼女は言い切ります。
 
 
 
僕達は心のどこかで、
休むことに罪悪感を抱きがちです。
 
立ち止まることに、
不安を覚えがちです。
 
 
 
でも、休んでいいんです。
立ち止まっていいんです。
 
 
 
一度立ち止まるからこそ、
見落としていたものが見えてきます
 
 
 
一度休むからこそ、
体に活力がみなぎり。
 
公私に渡り、
高いパフォーマンスを発揮できます。
 
 
 
少し止まるからこそ、
前に向かって歩むことができます
 
 
 
とてもがんばっている、
目の前のあなたへ。
 
 
 
時に立ち止まってみても、
良いのではないでしょうか?
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:次はいつお休みにしますか?】
 
※注記
 
口下手で提案できない
営業が嫌いで自分を売り込めない
 
そんなあなたでも
お客様の方から『欲しい』と言われる会話の組み立て方
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
先ずは「無料相談」をご活用ください。
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム