口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに売れるセールストークの組み立て方】 

*

【とある売れない営業マンが「売れない営業マンだった理由」とは?】

   


 
営業を、よりおもしろく!
お客様との会話を、よりわかりやすく!
 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口下手でお客様に提案できない
お客様との会話が続かない
 
そんなコンサルタント、コーチ、セラピストの方々に
口下手でもお客様から『欲しい!』を引き出す
セールストークをお伝えするプロ
 
かつきつばさです。
 
 
 
ひっそりと告知しておりますが。
 
第2回目の営業勉強会
「目の前の人を見込み客に変える自己紹介のつくり方」
を、3月11日(月)に開催します(^^♪
 
 
 
記念すべき第1回目も、
やはり1月にひっそりと告知し(笑)。
 
4名の方にご参加頂きました。
 
 
 
これが想定以上に高いご評価を頂いた為。
 
これから毎月第2月曜日に、
開催することにしました。
 
 
 
毎回テーマを変えて、
営業、特にお客様との会話に焦点を当て。
 
すぐに使えるテクニックや知識を、
惜しみなくお伝えしていきます。
 
 
 
ご興味のある方は、
コラムの一番下のリンク先をご覧くださいね。
 
 
 
よりおもしろく、よりわかりやすい営業。
 
そんなスタイルを確立できるビジネスマンを、
福岡からもっと増やしていきます!
 
 
 
***********
結果を出せたらいいなぁ
***********
 
タイトルでお察しかと思いますが。
 
これはかつきが売れない営業マンだった頃の、
恥ずかしい話です。
 
 
 
本当に恥ずかしいのですが。
 
ひょっとしたら、今。
同じような状況にある人もいるかもしれません。
 
 
 
そんな人に、
本当に必要な話だと思うので。
 
敢えて、開示します。
 
 
 
僕が当時、売れない営業マンだった。
その最大の理由です。
 
 
 
売れない営業マンだった僕は、
結果を出したいと思っていました。
 
 
 
その為に、営業の講座に行ったり。
営業に関する本を読んだり。
 
自分なりに、
努力をしているつもりでした。
 
 
 
そう。
努力をしている「つもり」だったんです。
 
 
 
成果を出し続ける、
そんなビジネスマンからすれば。
 
当時の僕を見れば、
以下のように感じたことでしょう。
 
 
 
『結果を出せたら良いなぁ程度の考え』
 

 
確かに、講座にも行きました。
自分なりに、勉強もしました。
 
 
 
では、その得た知識やテクニックを。
営業の現場で、何度も使ったか?
 
 
 
うまく活かす為に、
何度でも成果を再現する為に。
 
試行錯誤を繰り返したか?
 
 
 
同じ会社のトップセールスに、
意見を求めたりロープレをしてもらったか?
 
 
 
答えは全て「NO」です。
 
 
 
教わった知識やスキルは。
 
二、三度使用して『自分には合わない』と、
検証や試行を継続せず。
 
 
 
ロープレは
『社内の人間に頼るのは情けない』
と、お願いすることを避けていました。
 
 
 
結果を出したい、と言いながら。
 
当時の僕は、
結果を出す為の行動をしていませんでした
 
 
 
更に言えば。
 
結果を出したい、という、
曖昧な表現に逃げて。
 
 
 
トップセールスになる!と宣言しなかった
 
 
 
当時の僕は
『今のままで結果を出せたら良いなぁ』
くらいにしか考えていなかったんです。
 
 
 
本気になって取り組んで、
結果が出なかったらどうしよう。
 
 
 
人前で宣言すれば、
ダメだった時に恥をかく。
 
そんなのは嫌だ。
 
 
 
当時の僕の最優先事項は、
自分の小さなプライド。
 
 
 
自分一人で、自己流にすがって。
うまくいかない今の自分のままで。
 
結果が伴うことを望んでいました。
 
 
 
これでは結果が出ないのも、
当たり前の話ですよね。
 
 
 
その証拠は
『結果を出したい』
という僕の言葉に集約されています。
 
 
 
結果を出す、という決意表明ではなく、
結果を出したい、という願望。
 
トップセールスになる!と言い切れない自分。
 
 
 
本気で営業に取り組もう。
本気で営業力を身につけよう。
 
その覚悟が、僕にはありませんでした。
 
 
 
*******
周りに宣言する
*******
 
大きな目標を掲げ、それを口に出すと。
本気の宣言を周りにすると。
 
その多くの場合で、
マイナスの言葉に遭遇します。
 
 
 
『そんなことできる訳がない』
『でかいことを言って生意気だ』
『できなかったらどうするんだ』
 
 
 
人間は往々にして、
変化を嫌う生き物です。
 
 
 
今まで培ってきた生活習慣や考え方。
 
これらから逸脱することを、
人は嫌います。
 
 
 
そして、その周囲にも。
無自覚に「みんなと同じ」を求めるのです。
 
 
 
その同調圧力に流され、
結局いつもの自分のまま。
 
そんな人も、決して少なくはありません。
 
 
 
そのうえで、
敢えて言います。
 
 
 
今まで通り、では。
自らの環境を変えることはできません。
 
求める結果を出すことはできません。 
  

 
仕事で今までにない結果を求めるのなら。
 
今までの自分ではしないことを
どんどんしていく必要があります。
 
 
 
自分にとって大きな目標を掲げ。
それを周囲に宣言し。
 
実現する為の行動を選択する。
 
 
 
求める結果の為に、
本気の覚悟を示す。
 
 
 
周囲に宣言するということは。

周囲だけでなく、
自分へのコミットでもあります
 
 
 
批判にさらされるかもしれない。
足を引っ張られるかもしれない。
 
でも、考えてみてください。
 
 
 
あなたを批判するその人達は、
あなたの掲げた目標を既に達成した人ですか?
 
結果を出す為の行動を、
既にとっている人達ですか?
 
 
 
違いますよね。
 
 
 
あなたのことを批判する人、
その多くは「自ら動いていない」人達です。
 
 
 
あなたは「自ら動ける人」です
 
 
 
周囲の「自ら動けない人」の声に、
左右される必要はありません。
 
 
 
目標を周囲に、
自分自身に宣言しましょう。
 
自分が求める結果の為に。
出来ることを全てやりましょう。
 
 
 
僕が結果を出せるようになったのは。
 
周囲にも自分にも『やる!』と宣言して、
出来ることを全てやったからです。
 
 
 
そして、今は。
 
目標とする人に並び立つ為に
『先ずは西日本でNo.1の営業コンサルになる』
と宣言しています。
 
 
 
バカにされることもあります。
ですが、こんな言葉もあります。
 
 
 
『分不相応の志を持つ者だと
 笑われる事を畏れてはならない
 無謀な挑戦をしなくなる己れの老いを畏れよ』
 
 
 
ソフトバンク創業者、
孫正義さんの言葉です。
  
このコラムを読んでくださっているあなたへ、
この言葉を贈ります。
 
 
 
求める結果を実現する為に、
仕事で大きな結果を出す為に。
 
本気の覚悟で取り組んでいきましょう!
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな目標を掲げ、宣言しますか?】
 
第2回営業勉強会
「目の前のお客様を見込み客に変える自己紹介のつくり方」
を、来る3月11日(月)に開催します。
 
目の前の人を将来のお客様に変える。
そんな魔法の自己紹介を一緒につくってみませんか?
 
詳細は【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム