口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに売れるセールストークの組み立て方】 

*

【話が伝わる専門家は「たった二つだけ」意識している】

   


 
営業を、よりおもしろく!
お客様との会話を、よりわかりやすく!
 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口下手でお客様に提案できない
お客様との会話が続かない
 
そんなコーチ、コンサルタント、士業等の専門家の方々に
口下手でもお客様から『欲しい!』を引き出す
セールストークをお伝えする専門家
 
かつきつばさです。
 
 
 
『話が伝わらない』
  
 
 
講演、講座、プレゼンテーション etc
 
専門家が人前で話をする機会は、
山のようにあります。
(もちろん専門家に限った話ではありませんが)
 
 
 
寧ろこういった機会を活かし。
 
僕達「専門家」と呼ばれる職業人は、
ご契約を頂くことも多いです。
 
 
 
その一方でこうした機会を、
全く活かせていない人も。
  
現実問題として、
数多く存在します。
 
 
 
一所懸命に、
伝えようと話しているのに。
 
自分の意図や専門性が、
相手に全く伝わらない。
 
 
 
そうお悩みな専門家さんは、
とても多いんですね。
 
 
 
伝わる話し方を実践できる。
 
そんな専門家が特に意識している、
二つのこと。
 
 
 
今回のコラムでは、
話が伝わるメカニズムに着目します。
 
 
 
********
話が伝わらない!
********
 
『相手に話が伝わらない』
 
こういったお悩み相談は、
かつきも数多くお受けしています。
 
 
 
そのうえで、僕はセールス。
特に「会話」に関する専門家ですので。
 
伝わる話し方についても、
お伝えしています。
 
 
 
そして、ある日のこと。
 
一緒にスピーチのスクリプト(台本)をつくった、
僕のクライアントさんのお一人から。
 
 
 
以下のようなことを、
ご相談されたんです。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以前かつきさんと一緒につくったスクリプト
その通りにスピーチをしたら
分かりやすいって褒められました
 
でも、聴いた人全員には伝わりませんでした
どうしたら全員に伝わりますか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
非常に素晴らしい質問です。
 
 
 
そのうえで、実を言えば。
 
話が伝わるうえで大事なことを、
敢えて事前にはお伝えしなかったんです。
 

 
元々この方は、
人前で話すことが極度に苦手。
 
 
 
それでも、何度も練習し。
勇気を振り絞り、機会を得て。
 
 
 
自分がどんなプロであるのか
どんな人に、どんな価値を伝えられるのか
 
そのスピーチを、
大勢の人の前で披露したんです。
 
 
 
結果として。
 
一部の聴衆には『分かりやすい』と、
そう評価されたものの。
 
 
 
全員には伝わらなかった。
 
どちらかと言えば、
伝えられなかった人の方が多かった
 
 
 
あれだけ練習したのに、と。
 
クライアントさんはそのスピーチを、
失敗だと判断していたんですね。
 
 
 
クライアントさんのお考えを伺ったうえで、
僕は種明かしをしました。
 
本当に重要なことを、
敢えてお伝えしてはいなかった、と。
 
 
 
なぜなら。
 
先ずは実際にやってみないと、
その重要性を正しく理解できないから、と。
 
 
 
黙っていたことに、
多少の御小言(笑)を頂戴したものの。
 
最終的にはその理由に、
ご納得を頂きました。
 
 
 
では、いよいよ次の段落で。
 
伝わる話し方を実践できる起業家が、
大事にしている二つの意識について。
 
 
 
その詳細を述べていきます。
 
 
 
***********
意識することは二つだけ
***********
 
多くの聴衆に話が伝わる。
自分の伝えたいことを伝えられる。
 
 
 
そんな伝わる話し方ができる起業家が、
常に意識していること。
 
それは以下の二つです。
 
 
 
「全員に伝えようとしない」
「聴いてくれる人に集中する」
 
 
 
上段でご紹介した、
かつきのクライアントさんのように。
 
 
 
話が中々伝わらない人、
その多くは。
 
以下のように考えています。
 
 
 
『全員に伝わるようにしないと』
 
 
 
僕自身も、
以前はそのように考えていました。
 
 
 
サラリーマン時代、
社内でスピーチをする機会が度々あり。
 
 
 
その都度、僕は
『全員に伝わるようにしないと!』
と、そう思っていました。
 
 
 
結果、どうだったか。
 
 
 
伝えよう、伝えようとすればする程。
自分の伝えたいことは伝わらず。
 
スピーチの評価自体も、
そこまで高いものではありませんでした。
 
 
 
口下手を訓練で克服し。
 
スピーチの内容も、
練りに練ったにも関わらず、です。
 
 
 
結論をお伝えしますね。
 
 
 
全員に伝わり、
好感を得られるなんてのは。
 
まずもって不可能です。
 

 
ちょっと想像してみてください。
 
 
 
あなたは小学校から数えて、
たくさんのクラスメートに出会ったと思いますが。
 
その全員と話が合いましたか?
 
 
 
多分、そんなことないですよね。
 
話が合う人もいれば、
全く合わなかった人もいるはずです。
 
 
 
多少、例えは極端ですが。
要はこれと同じです。
 
全員と話を合わせようとすれば、
必ず無理が発生します。
 
  
 
話を聴いてくれる人もいれば、
話半分の人もいます。
 
ともすれば、
最初から聴く気ゼロの人だっています。
 
 
 
全員を振り向かせようとすれば、
その分だけエネルギーが分散し。
 
せっかく耳を傾けてくれている人にも、
伝わらなくなってしまいます。
 
 
 
だからこそ。
 
全員に伝えようとするのではなく、
話を聴いてくれている人に集中する
 
 
 
全員に伝えることを、
ポジティブにあきらめるんです。
 
 
 
話を聴いてくれている人に、
全力でお伝えすることで。
 
自分の伝えたいことや熱量は、
ずっと伝わりやすくなります。
 
 
 
すると、話半分に聞いていた人にも。
その熱量が飛び火します。
 
 
 
結果、どうなるか。
 
話半分から、
少し真面目に聴くようになるんです。
 
 
 
更に、おもしろいことに。
 
話半分勢力が陥落すると、
今度は聴く気ゼロ勢にも変化が起こります。
 
 
 
ソッポを向いていた人達と、
少しずつ視線が合い始めるんです。
 
 
 
全員に伝えようとする意識を、
ポジティブに手放し。
 
話を聴いてくれる人に、
全力でお伝えすることで。
 
 
 
結果的に、
その熱量は周囲に伝播し。
 
多くの人に伝わるようになります
 
 
 
僕自身も、
塾講師時代に同じ経験をしました。
 
 
 
授業を聴く気のない生徒は、
一旦放置しておいて。
 
楽しそうに聴いてくれる生徒に、
全力で伝え続けました。
 
 
 
そうすると、
徐々に変化が起き始め。
 
聴いてくれていた生徒の、
前後左右の生徒も変わり始めました。
 
 
 
最終的には僕の授業で、
寝る子はほぼいなくなりました。
 
これは僕の現在のビジネスに、
非常に大きな成功体験として活きています。
 
 
 
話し方や話の順番、
ストーリーテリングなど。
 
伝わる話し方のテクニック的要素は、
もちろん存在します。
 
 
 
そのうえで
「全員に伝えようとしない」
「聴いてくれる人に集中する」
と意識すると。
 
 
 
結果的には、
より多くの人に伝わるようになります
 
 
 
ちなみに、
上述した僕のクライアントさん。

現在はなんと!
ラジオ番組のMCまでお勤めなんですよ(/・ω・)/
 
 
 
だまされたと思って、
ぜひトライしてみてください。
 
きっと目に見えて、
変化が生じますので。
  
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【A:全員に伝えようとするのをやめる】
 
口下手で提案できない
営業が嫌いで自分を売り込めない
 
そんなあなたでも再現可能な
お客様の方から『欲しい』と言われる会話の仕組み
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
先ずは「無料相談」をご活用ください。
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム