口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【自己紹介で目の前の人をお客様に変える】

   


 
営業を、よりおもしろく!
お客様との会話を、よりわかりやすく!
 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口下手でお客様に提案できない
お客様との会話が続かない
 
そんなコーチ、コンサルタント、士業等の専門家の方々に
口下手でもお客様から『欲しい!』を引き出す
セールストークをお伝えする専門家
 
かつきつばさです。
 
 
 
営業勉強会@福岡、
その第二回目を開催しました!
 
 
 
タイトルはずばり
「目の前の人をお客様に変える自己紹介」
をつくろう!というもの。
 
 
 
場所もカフェからセミナールームに変え、
今回は五名の方にご参加を頂きましたよ!
 
 
 
ところで、今。
 
このコラムを読んでくださっているあなたは、
自己紹介はお得意ですか?
 
 
 
今回の勉強会に、
ご参加頂いた方々もそうだったんですが。
 
自己紹介に苦手意識がある人って、
ビジネスマンには本当に多いんです。
 
 
 
あらゆるビジネスシーンにおいて、
自己紹介は必須であるにも関わらず、です。
 
 
 
今回のテーマは。

自己紹介を活用することで、
目の前の人をお客様に変える。
 
 
 
そんな自己紹介のポイントについて、
掘り下げていきます。 
 
 
 
************
自己紹介で伝えるべきは?
************
 
全てのビジネスは、
自己紹介から始まります。
 
 
 
それにもかかわらず。
 
自己紹介が苦手なビジネスマンは、
非常に多いです。
 
 
 
なぜか?
 
自己紹介を学ぶ機会って、
実はほとんどないからです。
 
 
 
せいぜい教わることと言えば、
名刺を渡す際のマナー程度。
 
 
 
にもかかわらず。
 
自己紹介などを披露する場は、
ビジネスシーンには多くあります。
 
 
 
交流会やイベントなどにおける、
1分間スピーチなどは正にそれですね。
 

 
自分の名前と職業以外は、
毎度のように成り行き任せ。
 
 
 
思いついたことをそのまま口に出し、
言いたいことが言えない。
 
その場にいる人たちに、
興味を持ってもらえない。
 
 
 
こんな話、
あなたには覚えがありませんか?
 
僕には大いにありますよ 笑
 
 
 
自己紹介をどれだけしても、
相手に興味を持たれない。
 
 
 
その最たる理由は
「自己紹介で自分のことを伝えている」
からなんです。
 
 
 
自己紹介なんだから、
自分の事を伝えるのは当たり前だろう?
 
そう感じられたのではないでしょうか。
 
 
 
僕も長い間、
そう思い込んでいました。
 
 
 
そのうえで。
 
こんな自己紹介を続けている限り、
誰からも興味を持ってもらえないことも。
 
 
 
実体験として、検証済みです。
 
 
 
自己紹介で伝えるべきことが、
自分のことではないのなら。
 
 
 
聴いた人に興味を持ってもらう為に、
何をお伝えすべきでしょうか。
 
 
 
それを次の段落で明らかにしていきます。
 
 
 
**********
お客様を呼ぶ自己紹介
**********
 
自己紹介でお伝えすべきもの。
 
それは自分のことではなく
『私と関係を持つとこんな良いことがあるよ』
というメッセージです。
 
 
 
あなたという人と関係を持つことで。
 
 
 
・どんな状況にある人が
・どんなニーズを満たしてもらえることで
・どんな未来を手に入れることができるのか
 
 
 
これらをお伝えすることが、
目の前の人をお客様に変える自己紹介の条件
 
 
 
自分の情報を伝えるのではなく。
 
聴く人にとってのメリットや、
こんな社会貢献をしたいというミッション
 
 
 
それらを伝えてこそ、
聴いた人は興味を持ってくれます。
 

 
こういった点を踏まえたうえで、
冒頭のかつきの自己紹介を再度掲載します。
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
口下手でお客様に提案できない
お客様との会話が続かない
 
そんなコーチ、コンサルタント、士業等の専門家の方々に
口下手でもお客様から『欲しい!』を引き出す
セールストークをお伝えする専門家
 
かつきつばさです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
  
伝わりますでしょうか?
 
 
 
かつきと関わることで、
どんな人が、どんな価値を得られるのか
 
具体的にイメージできませんか?
(多少、自画自賛ですが 笑)
 
 
 
僕はこの自己紹介に変えてから。
 
ご紹介やお問い合わせを、
以前よりも頂けるようになりました。
 
 
 
このような自己紹介を作る際、
気を付けるべきことがあります。
 
 
 
それは「盛り込み過ぎない」ことです。
 
 
 
あなたが専門家である程、
出来ることは非常に多いはずです。
 
その専門性のお客様になり得る人は、
多岐に渡るでしょう。
 
 
 
そのうえで
「こんな人に私の最大価値を届けたい!」
という一点に絞る。
 
 
 
僕の得意分野は営業ですが。
 
営業と一口に言っても、
その構成要素は様々です。
 
 
 
企画力、ヒアリング力、プレゼンテーション etc
それら構成要素の中から。
 
僕のクライアントさんの評価が、
一番高いセールストークのみを抽出し。
 
 
 
口下手、人見知りなコンサルタントさんなどに、
僕の最大価値を紹介しています。
 
 
 
こうやって絞り込むことで、
メッセージが明確になり。
 
興味を持ってもらえるだけではなく、
口コミやご紹介も発生します。
 
 
 
逆に、絞り込まなければ。
 
メッセージ性が不透明になり、
何の専門家なのか分からなくなります。
 
 
 
関わるとどんな良いことがある人なのか、
伝わりにくくなります。
 
 
 
ぜひ、上述の内容を参考にして頂き。
 
あなただけの
「目の前の人をお客様に変える自己紹介」
を、つくってみてください。
 
 
 
ちなみに、
勉強会に参加してくださった方々も。
 
会が終わる頃には、
素晴らしい自己紹介をつくりあげていましたよ!
 
 
 
一度つくってお終いではなく、
何度も見直して精査してくださいね。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな人に、どんな価値を紹介しますか?】
 
口下手で提案できない
営業が嫌いで自分を売り込めない
 
そんなあなたでも再現可能な
お客様の方から『欲しい』と言われる会話の仕組み
個別サポートで丁寧にお伝えします
 
先ずは「無料相談」をご活用ください。
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム