口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【主導権は誰が握るのか?:平成という時代を振り返って】

   


 
営業を、よりおもしろく!
お客様との会話を、よりわかりやすく!
 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口下手でお客様に提案できない
お客様との会話が続かない
 
そんなコーチ、コンサルタント、士業等の専門家の方々に
口下手でもお客様から『欲しい!』を引き出す
セールストークをお伝えする専門家、かつきつばさです。
 
 
 
さて、平成のという一つの時代が。
いよいよ終わりを迎えようとしています。
 
 
 
そして明日、平成最後の日は。
僕は朝から客先対応です。
 
日曜日に何やってんだとも思いますが・・・笑
 
 
 
まぁ僕自身の選択の結果ですので、
精々お役に立とうと思います(/・ω・)/
 
 
 
さて。
 
コラムを読んでくださっているあなたにとって、
この「平成」とはどんな時代でしたか?
 
 
 
どんな言葉でなら、
あなたの「平成」を表現できるでしょうか。
 
 
 
僕が平成という時代を振り返った時。
 
僕の平成を表す言葉は、
おそらく「激動」の一言でしょう。
 
 
 
それくらい、波乱万丈でした。
 
 
 
以前の僕なら、きっと
『色んな出来事に振り回された』
と、そう評するでしょうね。
 
 
 
そう、「以前の僕なら」です。
 
 
 
今回のテーマは、
直接的には営業・会話とは関係ありませんが。
 
人生の成果を得るで、
非常に重要な心持ちの話です。
 
 
 
*********
主導権は誰のもの?
*********
 
平成元年、僕はマレーシアにいました。
日本に帰りたくて仕方ありませんでした。
 
 
 
日本に帰国後は、
授業のスピードについていけず。
 
ものの見事に落ちこぼれました。
 
 
 
中学2年で奮起して、
高校⇒大学⇒入社まではスムーズだったものの。
 
絶対に嫌だった営業職になることになり、
売れない営業マンとして苦難の日々。
 
 
 
やっと売れるようになり、
チームリーダーに抜擢されたら。
 
そのチームを潰してしまい。
 
 
 
後年、引き抜かれた会社は、
その年に不渡りを出し。
 
 
 
起業準備中に詐欺に遭い、
開業資金を信頼していた人間に持ち逃げされ。
 
 
 
それでも起業してみたら、
契約を全く獲得できない。
 
 
 
他にも色々とありましたが、
キリがないのでこの辺で 笑
 
 
 
さて、こうして字に起こしてみたら。
 
我が事ながら、激動です。
本当にジェットコースターのような人生です 笑
 
 
 
それでも、僕は。
自分が「不幸だ」などとは思っていません。
 

 
周りに原因を求めようとすれば、
幾らでもできます。
 
自らを不幸だと、そう嘆きながら。
同情を集めることもできるでしょう。
 
 
 
でも、それをしたところで。
結果が変わることはありません
 
 
 
何よりその行為は。
 
自分の人生の主導権を、
他人任せにしているのと同じ。
 
 
 
人生という自分が主役の舞台で、
主役を他人に明け渡し。
 
通行人Aに成り下がる。
 
 
 
これこそが「不幸」なのではないでしょうか。
 
 
 
僕の人生の主導権も、選択する自由も。
僕自身に帰属します。
 
だからこそ、
起きたことは全て自分の責任
 
 
 
誰の、何の所為でもなく、
只々僕自身の選択の結果です。
 
 
 
そして、出来事そのものは変わりませんが。
 
出来事の意味合いは、
自分次第で変えることができます。
 
 
 
*********
主導権は自分が握る
*********
 
『幸福は、あなたが何を持っているのか
 あなたが誰か、あなたがどこに何処にいるのか
 あるいは、あなたが何をしているのかで決まるものではない
 ただ、あなたが何を考えるかで決まるのだ
 
 
 
デール・カーネギー氏は、
生前このような言葉を遺しています。
 
 
 
自分の普段からの考えこそが、
自分の人生を決める。
 
 
 
自分の人生を幸福にするのも、
自分の人生を不幸にするのも。
 
全ては自分次第。
 
 
 
そんな事実を、
この言葉は改めて教えてくれます。
 
 
 
目の前の出来事に対する、
自分の考え方次第で。
 
自分の人生の主導権を、
自分自身で握ることで。
 
 
 
自分の人生をデザインする力が、
人間には備わっているんです。
 

 
子どもの頃、マレーシアで。
数多くの異文化に触れたおかげで。
 
僕は後に、割と柔軟な発想を得ました。
 
 
 
いざ日本に変える時には、
帰りたくないとまで思いました。
 
 
 
授業についていけなかったおかげで、
自分で復習する習慣が身に付きました。
 
今でも本当に役立っています。
 
 
 
営業ができず、お客様と会話ができず。
誰よりも苦しんだ経験は。
 
未熟故に、チームを潰した過去は。
 
 
 
僕の営業コンサルタントとしての基盤を、
今まさに構築しています。
 
 
 
経営難に陥った会社の中にいたからこそ、
何をしたら会社が潰れるのか理解しました。
 
 
 
詐欺や裏切りに遭ったからこそ、
人を見る目が養われました。
 
 
 
何よりもこの経験は。
 
経営者の方と一瞬で友人になるのに、
一役買っています。
 
 
 
伝わりますでしょうか?
 
 
 
一見「不幸」に見える出来事から、
かつきが数々のギフトをもらっている事実が。
 
 
 
自分の人生の主導権を、
僕がもし他人に握らせていたら。
 
これらの経験から、
ギフトを得ることはなかったでしょう。
 
 
 
一時、他人に明け渡した、
僕自身の人生の主導権を。
 
僕自身が握りなおしたことにより。
 
 
 
過去の出来事を得難い経験として、
昇華することができました。
 
 
 
僕にとっての平成という時代は。
 
激動の時代であると同時に、
数多くのギフトを得た学びの時代でもあったんです。
 
 
 
自分の人生の主導権は自分が握っている
今現在、あなたはこう言い切ることができますか?
 
 
 
もうまもなく、
新しい時代が幕を開けます。
 
その時代において、
自分は自分の人生の主導権を握っているか。
 
 
 
僕自身もこの機会に、
改めて見つめなおしてみたいと思います。
 
 
 
新しい時代を、どのような時代にするか。
全ては、自分次第です。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:主導権は誰の手にありますか?】
 
(注記)
無料で公開中:「売り込まなくても売れる仕組みのつくり方
 
口下手で提案できない
営業が嫌いで自分を売り込めない
 
そんなあなたでも再現可能な
お客様の方から『欲しい』と言われる会話の仕組み
そのポイントを毎週木曜日に無料でお届けしています
 
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム