口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【習慣化⇒成果につなげる人/習慣化そのものに失敗する人】

   


 
営業を、よりおもしろく!
お客様との会話を、よりわかりやすく!
 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口下手でお客様に提案できない
お客様との会話が続かない
 
そんなコーチ、コンサルタント、士業等の専門家の方々に
口下手でもお客様から『欲しい!』を引き出す
セールストークをお伝えする専門家、かつきつばさです。
 
 
 
さて、新しい元号が決まりましたね。
 
 
 
年末年始や何かの変わり目の際。
 
自分を変えようと、
習慣化に取り組み始める人も多いです。
 
 
 
かつきも習慣化について、
ご相談を受けることが多々あります。
 
 
 
過日も、仕事仲間に。
習慣化に関して助言を求められました。
 
 
 
その際、僕が実践している、
幾つかの取り組みをお伝えしたところ。
 
早速、実践されるとのことでした。
 
 
 
やはりビジネスが上手くいく方は、
取り組みも素早いですね。
 
 
 
その姿勢、見習わないと!
 
 
 
今回のテーマは「習慣化」です。
 
 
 
習慣化できない人。
 
良い習慣を身につけ、
更に身につけた習慣を成果につなげる人。
 
 
 
それぞれの違いについて、
検証していきます。
 
 
 
**********
なぜ習慣化できないか
**********
 
偉そうなことを書いていますが。
 
かつき自身が過去、
習慣化に何度も失敗したクチです(^^;
 
 
 
様々な習慣化にトライし。
その悉くで、挫折してきました。
 
 
 
早起きと自炊くらいかな?
当時の僕が成功したのは(;´・ω・)
 
それくらい、全くうまくいかなかったんです。
 
 
 
当時の僕と同じように。
 
習慣化に失敗する人には、
大きく分けて5つの共通点があります。
 
 
 
習慣化失敗の5つの主要因はこちら。
 
 
 
≪失敗する5つの主要因≫
 
1.一度に大きく変えすぎる
2.自分の力だけでやろうとする
3.短期的な成果を求めすぎる
4.具体的なゴールを設定していない
5.ワクワクせず、義務感だけでやっている
 

 
特に大きな要因が、
1と2であると個人的には思っています。
 
 
 
僕が習慣化に失敗した時も。
 
いきなり大きな目標を掲げて、
一気に変えようとしました。
 
 
 
だから、うまくいかなかったんです。
 
 
 
習慣化って、筋トレみたいなものです。
 
 
 
毎日、地道なトレーニングを積み重ね。
 
長い時間をかけて、
理想の肉体を築き上げるように。
 
 
 
理想の習慣を身につけるには、
毎日の地道な積み重ねが不可欠
 
 
 
短期間で劇的な変化なんて、
起こる訳がないんです。
 
一気に変えようとするから、
習慣化に失敗するんです。
 
 
 
では、習慣化を成功させるには。
 
更に、ビジネスなどの成果につなげるには、
どうすれば良いのか。
 
 
 
その点を、次の段落で掘り下げます。
 
 
 
**********
良い習慣を身につける
**********
 
習慣化に失敗する人は、
一気に変えようとする。
 
であるならば、
地道に頑張り続けしかない。
 
 
 
多くの人が、この
「地道に頑張り続ける」
という点に困難を見出しています。
 
 
 
ぶっちゃけますと。
 
数多くの習慣化に成功した、
今の僕でさえ。
 
 
 
一人で地道に頑張り続ける、というのは、
非常に難しいものがあります。
 
 
 
では、どうするのか?
 
 
 
一番の解決法は
「人と一緒にやる」
ことなんです。
 
 
 
自分一人では
「今日は疲れたから良いや」
になってしまっても。
 
 
 
仲間同士でお互いをフォローし合えば
意外と人間はがんばれるものなんです。
 

 
一つの事例として、
読書習慣の習得を目標としたとしましょう。
 
 
 
『今日はこんな本を、〇ページ読んだ』
 
 
 
こんなメッセージをお互いに送り合い、
小さな成功体験を承認し合う
 
これだけで、
驚くほど習慣化はうまくいきます。
 
 
 
冊数ではなくページ数で表現したように、
ポイントは小さく積み重ねること
 
 
 
上段でも書いた通り、
大きくやろうとしても挫折しますから。
 
 
 
加えて、習慣化の先に、
ワクワクするゴールを設定する。
 
 
 
多くの人は、
習慣化そのものをゴールとしてしまい。
 
 
 
その習慣を身につけると、
どんな能力が手に入るのか。
 
その習慣を身につけると、
どんな未来が手に入るのか
 
 
 
こういったことを、
具体的にイメージしてないんですね。
 
 
 
習慣化は、あくまで手段でしかありません。
 
その習慣を身につけるのは、
どんな未来を手に入れる為なのか
 
 
 
具体的な目的や、
ワクワクするゴールを設定する。
 
 
 
これが習慣化を目指すうえでの、
重要なエネルギー源となるんです。
 
 
 
例えば、読書習慣を身につけることで。
 
教養の幅が増し、
成功者の友人が増えるかもしれません。
 
 
 
朝のランニングを習慣化することで。
 
健康的な体が手に入り、
より魅力的になるかもしれません。
 
 
 
信頼できる仲間と一緒に、
習慣化に取り組むこと。
 
 
 
小さな成功を承認し合うこと。
 
 
 
習慣化はただの手段であり、
その先の目的やゴールを明確にすること。
 
 
 
こういった要素を揃えることが、
習慣化には必要です。
 
 
 
更に、ビジネスの成果につなげるには。
ゴールからの逆算が不可欠
  
 
 
ビジネスで〇〇という成果を出す為に
毎日◇◇という行動をする
 
 
 
これらの発想と取り組みこそが。
 
習慣化を成功させ、
ビジネスの成果につなげる要素となります。
 
 
 
目的やゴールの不明瞭な取り組みは、
決して長続きしません。
 
 
 
『何の為に、どんな習慣を身につけるのか』
 
 
 
この問いに対する答えを、
自分の中で明確にしておきましょう。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな成果を得る為に、何を習慣化しますか?】
 
(注記)
無料で公開中:「売り込まなくても売れる仕組みのつくり方
 
口下手で提案できない
営業が嫌いで自分を売り込めない
 
そんなあなたでも再現可能な
お客様の方から『欲しい』と言われる会話の仕組み
そのポイントを毎週木曜日に無料でお届けしています
 
お問い合わせは【こちら】から
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム