口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【ゴール達成の為のフィードバック活用術(実例込み)】

   

売り込まないのに選ばれる
口下手/人見知り、大いに結構
 
「売る為のセールストーク」から
「選ばれる会話」
 

 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口下手でお客様に提案できない
お客様との会話が続かない
 
そんな女性起業家の方々に
口下手でもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話術をお伝えする専門家、かつきつばさです。
 
 
 
コラムの出だしを変えてみました!
 
 
 
初期からコラムを読んでくださっている方から
『こんなふうにしてみたら?』
というフィードバックを頂き。
 
 
 
それを参考に、
早速改変に着手しました 笑
 
 
 
良いと感じたらすぐに真似する、取り入れる!
 
トップセールスである人ほど、
実はパクリ上手(笑)なんですよ。
 
 
 
本日のテーマは、
知っているようで案外詳細を知らない。
 
そんな「フィードバック」に関してお伝えします。
 
 
 
*************
“フィードバック”とは何か?
*************
 
そもそもにして、フィードバックとは。
どのような行為を指すのか。
 
 
 
具体的な言葉の置き換えについて、
あまり考えたことのない人も多いでしょう。
(昔の僕もそうでした 苦笑)
 
 
 
例えば、自己へのフィードバックであるならば
「物事への反応や結果を見て改善を加える行為」
と、定義づけられるでしょうし。
 
 
 
また、他者へのフィードバックであれば。
 
ゴール達成の為の軌道修正や動機づけを目的とした、
他者への指摘、評価などを指します。
 
 
 
平たく言ってしまえば、
「より良い成果を出す為の検証行為」
と言えるでしょうか。
 

 
起業塾やセミナーなどで学んでいるのに、
中々契約を獲得できない。
 
  
 
その状況をつくっている一つの要素として
「フィードバックの機会をつくっていない」
ことが挙げられます。
 
 
 
なんとなく、うまくいった。
なんとなく、うまくいかなかった。
 
 
 
自分がなぜ、契約を頂けたのか。
自分がなぜ、契約を頂けなかったのか。
 
その要素について、
自分で振り返りや検証をしていない。
 
 
 
他者からの指摘や評価に、
一切耳を傾けていない。
 
そんなケースが多々見受けられます。
 
 
 
何度もお伝えしたように。
 
セールスとはセンスではなく、
再現性のあるサイエンスです。
 
 
 
フィードバックの機会を、
全く設けていないのでは。
 
当然のように、サイエンスは成立しません。
 
 
 
セールスにおける成果には。
 
フィードバック、
つまりは振り返り、検証することが命です。
 
 
 
これをしない限り。
 
いつまで経っても、
出たとこ勝負のセールスしかできず。
 
 
 
売上がずっと不安定なまま、
ビジネスを続けなければならなくなります。
 
 
 
嫌でしょう?そんな生活。
僕は絶対に嫌です(^^;
 
 
 
自分で振り返り、検証すること。
 
他者からのフィードバックに、
真摯に耳を傾けること。
 
 
 
成果を出し続けるうえで、
非常に重要な取り組みです。
 
 
 
****************
コンサルタントのフィードバック力
****************
 
かつきのようなセールストレーナーや、
各種コンサルタントのような業種は。
 
クライアント様の成果を出すことを、
至上命題としています。
 
 
 
プロとして、広い視野でもって。
 
クライアントの成果を妨げている、
その要素を見つけ出し。
 
 
 
的確なフィードバックをすることで、
クライアントの更なる成長を促す。
 
 
 
それが僕らのような仕事をする、
専門家の役割です。
 
 
 
自他ともに成果の出ている専門家ほど、
この「フィードバック力」が非常に高いんです。
 
 
 
自分は成果を出せるけれど、
クライアントや受講生は成果を出せない。
 
 
 
当たり前ですが、こんな状態では。
 
プロとして失格ですし、
ビジネスは成立しないですよね。
 
 
 
的確なフィードバックができる、
その為の洞察力や語彙力、コミュニケーション能力 etc
 
こういった能力を磨くことが、
ビジネスにおける成功には不可欠です。
 

 
では、実際に。
 
クライアントに成長を促す為に、
どんなフィードバックをすれば良いのか。
 
 
 
一例ではありますが、ご紹介します。
 
 
 
僕の会話術の中では
「3STEPフィードバック」
と呼んでいます。
 
 
 
その内容としては
1・「現状を具体的に褒める」
2.「改善点に関して教育」
3.「達成すべきゴールの共有」
の3ステップです。
 
 
 
少し抽象的ではありますが、
使い方としては以下のようなものです。
 

〇〇さん、先ほどのプレゼンテーション。
商品説明の流れが非常にスムーズでしたね。
分かりにくい専門用語も分かりやすい言葉に置き換えられていましたし、
誰が聴いても商品の特徴が伝わるでしょう。

そのうえで。
今回のプレゼンの一番の目的は
「初めて聞いた人に興味を持ってもらうこと」
ですよね。
商品の説明をすれば、
お客様は興味を持ってくれるのではありません。
自分にとってのメリットが分かるからこそ、
興味を持ってもらえます。

〇〇さん、今回のプレゼンの良いところはそのままで。
視聴者に興味を持ってもらう為に、
お客様の関心事についてもっと踏み込んだ内容にしませんか?

伝わりますでしょうか。
 
フィードバックの下手な人は、
いきなり否定から入ります
 
 
 
そうなると、それがどれほど的確でも。
聞かされた人は面白くない訳です。
 
 
 
すると、どうするか。
耳も心も塞いでしまうんですね。
 
こんな状態で、成果が伴うはずもありません。
 
 
 
一番良かった点を具体的に挙げ。
次に改善点に関して指摘し。
最後にどのように改善するかを提案する。
 
 
 
改善案に対し。
   
お互いに合意すること
成果につながる改善に取り組む。
  
 
 
その為の、この一連の流れなんです。
 
 
 
これは部下の教育や、
子育てにも非常に効果的ですので。
 
該当者の方は、
そういった意味でも参考にされてくださいね。
 
 
 
自分自身の成果の為にも。
他者の成果を引き出すうえでも。
 
フィードバックは非常に有用です。
 
 
 
ぜひ、積極的に活用し。
より素晴らしい成果を上げてくださいね。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:的確なフィードバックから得られる効果は?】
 
(注記)
 
あなたに合った営業スタイル
それが一目で分かる診断シートが完成しました!
 
お客様の方から『欲しい!』と言われる
あなたにピッタリ合った営業スタイル診断
 
無料でお試し頂けますので、
ぜひ【こちら】から試してみてください(^^)/
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム