口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【うまくいく恋愛に見る、うまくいくセールスの考え方】

   

売り込まないのに選ばれる
口ベタ/人見知り、大いに結構
 
「売る為のセールストーク」から
「選ばれる会話」
 

 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでお客様に提案できない
お客様との会話が続かない 
 
 
 
そんな女性起業家の方々に
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話術をお伝えする専門家
 
かつきつばさです。
 
 
 
過日の夜。
 
知人の女性起業家さん主催の、
イベントに参加させて頂きました。
 
 
 
そこで同席になった営業職の女性の方と。
こんな会話で盛り上がりました。
 
 
 
『セールスと恋愛って似てますよね』
 
 
 
その方は、やり手の保険セールスレディ。
 
契約率を伺いましたが、
すごいな~!と思いました。
 
 
 
トップセールスだというのも、
至極納得です。
 
 
 
その方との会話の中で、
上記のような話題になったんです。
 
 
 
うまくいく恋愛と、うまくいくセールスには。
数多くの共通点があります。
 
 
 
その中でも、特筆すべきこと。
 
女性に、お客様に振り向いてもらう。
その為の考え方をお伝えしますね。
 
 
 
***********
“イイオンナ”は一度断る
***********
 
先ずは恋愛視点からいきましょう。
 
 
 
それは
「イイオンナは一度断る」
ということ。
 
 
 
女性はたとえ、
声をかけてきた男性に好印象を持っても。
 
多くの場合、一度目は断ります。
 
 
 
普段からの関係性が深まっていれば、
その類ではないですが。
 
 
 
なぜ、そんなことをするのでしょうか。
それは、以下の一言に集約されます。
 
 
 
「安い女に見られたくない」
 
 
 
一度の誘いでホイホイついていって、
安い女に見られたくない。
 
 
 
一度断られても、
もう一回アピールをしてほしい。
 
本気度を示してほしい
 
 
 
この辺は、複雑な女性心理ですね 笑
 

 
これと同じことが、セールスでも言えます。
 
 
 
一度お客様に『NO』と言われたから、
もうチャンスはないと判断して諦める。
 
これは非常に悪手であり、
大きな機会損失が発生してしまいます。
 
 
 
そもそも、セールスにNOは付き物。
一度は必ず断られるものです。
 
 
 
そしてお客様のNOは
「この点に疑問(不安)が残るから解消して」
というメッセージです。
 
 
 
一度NOと言われたからといって、
チャンスが全くない訳ではありません。
 
お客様のご懸念を解消すれば、
すぐさまYESに変わる可能性だってあります。
 
 
 
一度断られたからといって、
すごすごと引き下がらない。
 
恋愛でもセールスでも、
そんな男は一生相手にされません。
 
 
 
軽い気持ちで声をかけてきたのか。
 
そう失望されてしまえば、
二度と挽回のチャンスは訪れません。
 
 
 
一度断られてからが、本当のスタートライン
先ずはこの事実を理解しましょう。
 
 
 
************
“デキるオトコ”は三度誘う
************
 
多くの男が一度目のお断りで引き下がる中。
 
デキるオトコはなぜ、
特別な女性と特別な関係になれるのか。
 
 
 
それは上述した心理を理解したうえで。
以下のことを実践しているからです。
 
 
 
「3回断られるまであきらめない」
 
 
 
一度誘って断られた。
では、どうするか。
 
 
 
誘い方を変えてみる?
行き先を変えてみる?
シチュエーションを変えてみる?
最近何にハマっているのかリサーチする?
・・・etc
 
 
 
このように、相手の女性の事を、
徹底的に理解しようと努めます。
 
 
 
そのうえで2週間程度、
時間を空けてから。
 
改めて、お誘いするんです。
 
 
 
これは冒頭のセールスレディとの、
共通の見解ですが。
 
 
 
1週間だとガッつき過ぎ。
3週間だと熱は冷める。
 
だから10日~14日前後の間を置くのが、
一番良いだろうという結論です。
 
 
 
実際、少しでも脈のある人は。
 
このタイミングでお誘いすると、
ご一緒してくださる可能性が高いです。
 
 
 
デートしたい女性がいる男性の皆様、
ぜひお試しください 笑
 

 
逆に、全く脈がない場合は。
3回続けて断られます。
 
そうなったら、潔くあきらめましょう。
 
 
 
続けざまに3回以上誘ったら、
ウザい奴認定され。
 
完全に嫌われてしまいますよ(; ・`д・´)
 
 
 
セールスの場合も、やはり同じです。
 
 
 
提案を一度お客様に断られたら、
お客様のことを更に深く知る努力をする
 
 
 
お客様の最大の関心事は何なのか
今、一番解決したい課題は何か
今、一番叶えたい願いは何か
どんな未来を手に入れたいと思っているのか
・・・etc
 
 
 
こういったことを考えながら、
トライ&エラーを繰り返し。
 
 
 
提案の精度を高めながら、
お客様の『YES』を惹き出す。
 
だからこそ、トッププロ足り得るんです。
 
 
 
そして、やはりセールスの場合においても
「3回断られたら脈なし」
は同じこと。
 
 
 
その際には
「今は(この提案内容は)必要ではなかった」
と発想を切り替え。
 
別のお客様にアプローチしましょう。
 
 
 
この時に特に注意して頂きたいことは
関係を完全に切ってしまわないこと
 
 
 
営業マン時代に、
かつきにも苦い経験があるのですが。
 
 
 
3回断られたために、
これは完全に脈なしとあきらめ。
 
そのお客様の事務所を、
しばらく訪問しなくなりました。
 
 
 
そうしてしばらく経って再訪問したところ
『金にならん客には興味なしか』
と、追い返されたことがあります。
 
 
 
これは完全に僕の過失であり、
100%お客様の言い分が正しいです。
 
 
 
上述した通り、お客様のNOは
「今は(この提案内容に関しては)NO」
の場合が多いです。
 
 
 
だからこそ、関係を終わらせない。
 
必要な時に一番に思いだしてもらえる
その関係づくりが必要なんです。
 
 
 
恋愛も同じですよね。
 
 
 
今は相手の女性には、
特定の男性がいるかもしれませんが。
 
その男性とお別れする可能性は、
決してゼロではない訳です。
 
 
 
その時に、一番に思いだしてもらえるか?
別れた元恋人よりも素敵だと思ってもらえるか?
 
 
 
その為の普段からの関係づくりが、
やはり必要なんですよね。
 
 
 
かつき自身は結婚する気もないし、
今は恋人よりも仕事の成果が欲しいです。
 
 
 
だからこそこの理論は、
ビジネスの現場においてでしか使っていません。
 
それでも、どちらでも非常に有効な発想です。
 
 
 
両方欲しい!という男性、
ぜひこの発想でトライしてみてくださいね 笑
 
 
 
一度断れたくらいで諦めず、
様々な工夫をして相手を理解しようと努める。
 
そんな人だけが、
お客様も女性も振り向かせることができます。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:3回チャレンジしていますか?】
 
※かつきのおススメ
 
セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?
 
セールスって、おもしろいんです。
 
おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。
 
先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?
 
その詳細は【こちら】から
 
 
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム