口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【押し売りとセールスは何が違うのか?】

   

売り込まないのに選ばれる
口ベタ/人見知り、大いに結構
 
「売る為のセールストーク」から
「選ばれる会話」
 

 
今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでお客様に提案できない
人見知りでお客様との会話が続かない
 
 
 
そんな女性起業家の方々に
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話術をお伝えする専門家

かつきつばさです。
 
 
 
契約しているガス会社が、
定期点検に来ました。
 
今回は立ち合いが必要ということで、
時間をつくって点検してもらいました。
 
 
 
15分ほどして、
点検が全部終わったとの事で。
 
書類にサインしたところ。
 
 
 
唐突に、電気事業のPRが始まりました(;´・ω・)
 
 
 
九州電力さんよりもこれだけ安い
面倒な手続きもいらない
ガスと電力の支払を一括管理できる
・・・etc
 
 
 
色々とアピールして
『どうですか?』
と言われたのですが。
 
 
 
僕からすると『何が?』という話 笑
というか、忙しいと事前に言うたやろ(/・ω・)/

ということで、 
丁重にお断りしました。
 
 
 
世の中には、
二種類の売れ方があります。
 
押し売りと、選ばれるセールスです。
 
 
 
多くの人が、
この二種類を混同しがちですが。
 
両者の間には明確な違いがあります
 
 
 
前置きが長くなりましたが、
今回はこの違いについてお伝えしましょう。
 
 
 
**********
何をもって押し売りか
**********
 
結論からお伝えしましょう。
 
 
 
何をもって押し売りと見なすのか。
それは以下の通りです。
 
 
 
「自分の売りたいものを勧める」
 

 
これは商品やサービスに惚れ込んだ人に、
顕著に見られる傾向です。
 
 
 
自分の扱う商品やサービス、
その素晴らしさを知ってほしい、と。
 
自分の周りの人達に、猛烈にアピールします。
 
 
 
ですが、上述した通り。
自分の売りたいものを勧めるのは押し売りです。
 
 
 
押し売りをどれだけしても、
された方は好意的に解釈してくれません。
 
 
 
結果、距離を置かれ。
誰にも理解してもらえない。
 
 
 
そのことに対し、
周りに責任を転嫁しがちです。

なんで理解してくれないんだ!とね(^^;
 
 
 
理由は至極単純。
押し売りしてるから売れないんです。
 
 
 
お客様の関心事は、
自分にとってのメリットのみ。

商品やサービスの素晴らしさなど、
全く関心はない訳です。
 
 
 
関心のない情報を、どれだけ勧められても。
見向きもされないのは、当然ですよね。
 
 
 
そしてお客様は、
自分で納得して購入したいもの
 
他人から説得して買わされるのは、
絶対に嫌なものなんです。
 
 
 
冒頭のガス会社の話も、
押し売りとまでは言いませんが。
 
僕への情報は全て「お得情報」であり、
僕目線の「お客様の為の情報」ではありませんでした。
 
 
 
だから、断られたんです。
 
 
 
自分が売りたいもの、
惚れ込んだものをただ勧める。
 
これは押し売りであり、
100%お客様の為にはならない
 
 
 
そのことを、確りと意識しましょう。
 
 
 
***********
選ばれるセールスとは?
***********
 
では、押し売りと選ばれるセールスは。
一体何が違うのか。
 
 
 
それは以下の一言に集約されます。
 
 
 
「必要としているものを一緒に考え、勧めてあげる」
 

 
私的な話ですが、
4月後半から僕は蓄膿症を患いました。
 
 
 
鼻詰まりがひどく、
呼吸もスムーズにいかない。
 
なによりも頭痛が伴い、
集中力が続かない。
 
不眠にもなり、
ハッキリ言って最悪のコンディションでした。
 
 
 
そんな中お伺いした、
評判の良い耳鼻科医院さん。
 
僕の症状など、話をじっくりと聴いてくださり
様々な提案をしてくださいました。
 
 
 
結果、およそ2ヵ月悩まされ続けた症状は、
現在劇的に改善しています。
 
おそらく僕は、
もう他の耳鼻科には絶対に行かないでしょう
 
 
 
選ばれるセールスの要素とは、
この事例に集約されています。
 
 
 
鼻詰まりがひどいのなら、
それに最適な薬や治療法を提案する。
 
逆に、効果の薄いものを手に取ろうとしたら。
それを指摘して、やめさせる。
 
 
 
プロとは即ち医者であり。
 
お客様の症状をしっかりと見極め
その改善の為の提案をすること
 
 
 
自分の為の提案は押し売りですが、
相手の為の提案は人助けです
 
 
 
お客様を助けようとするからこそ、
お客様から選ばれるんです。
 
リピーターが、ファンが生まれるんです。
 
 
 
自分の売りたいものを、
ただ勧めるのではなく。
 
 
 
お客様の払ってくれるお金だけに、
興味関心を注ぐのではなく。
 
 
 
目の前のお客様、
その人自身に興味関心を注ぐ
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの人生に心から関心があります
私にできることで
あなたの人生をもっと素晴らしいものに変える
そのお手伝いをさせてください

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 
 
これがセールスにおいて、
お客様に伝わるべきメッセージです。
 
お客様に伝えるべきことは、
こういった売り手の気持ちそのものです。
 
 
 
その為の手段として、
商品やサービスが存在します。
 
 
 
この大前提さえ間違えなければ、
必ず「選ばれるセールス」は体得できます。
 
 
 
目の前のお客様に、
心から関心を抱きましょう。
 
 
 
お客様が最も必要としているものを、
プロとして一緒に考え。
 
商品やサービスを通して、
お客様の理想の未来を勧めてあげましょう
 
 
 
セールスは人助け。
 
目の前のお客様を、
あなたの提案で助けてあげてください。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:お客様が必要としているものは何ですか?】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から
 
 
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム