口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【「自分を売る」とはどういうことか?】

   

売り込まないのに選ばれる
口ベタ/人見知り、大いに結構

「売る為のセールストーク」から
「選ばれる会話」

今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでお客様に提案できない
人見知りでお客様との会話が続かない
 
 
 
そんな女性起業家の方々に
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話術をお伝えする専門家

かつきつばさです。
 
 
 
ひょんなことから、過日の事。

全国にクライアントさんを抱えていらっしゃる、
凄腕のライターさんとお近づきになりました。
 
 
 
僕も仕事柄、
スピーチやコピーライティングもしますが。
 
正直言って、さすが専門職。
もう色々と「別格」です。
 
 
 
早速ご挨拶をして、
僕の方から信頼関係を築こうとしましたが・・・
 

香月さんはコミュニケーションのプロなのですね。
目の前の相手に本気で関心を持たないと
セールスなんてできませんよね

自信に溢れた感じで、私もお願いしたいです

 
開口一番、僕よりも先に。
相手の方からこんな台詞が。
 
もうこの時点で僕の中では、
全かつきがスタンディングオベーション 笑
 
 
 
気が付けば、僕は。

自分のビジネスの話を、
相手の方よりもたくさんしてしまいました。
 
 
 
やられた・・・
やはり別格ですわ(・∀・)

すっかりお株を奪われてしまいました。
 
 
 
この方とは、今後。
長いお付き合いになりそうです。
 
 
 
***********
何に関心を抱いているか
***********
 
『何をお探しですか?』
  
 
 
お店などで、このセリフを耳にする度に。
僕は残念な気持ちになります。
 
 
 
信頼関係を築くこともなく
『何を買うのか早く教えて』
と尋ねられているようなもの。
 
 
 
ストレートな発言をさせてもらえば
「財布の中身にしか関心がない」
と思われても仕方ないです。
 
 
 
おそらく、セールスの嫌いな人は。

今までこういった接客を、
数多く受けてきたのでしょう。
 

 
僕も御多分に漏れず、
こういった接客を数多く受け続け。

長年セールスに対して、
嫌悪感を抱いていたクチです。
 
 
 
そんな僕が、今やセールストレーナー。
本当に人生は分からないものです 笑
 
 
 
閑話休題
 
 
 
自分自信にではなく、
自分が何を買うかにしか関心がない。
 
こんなセールスをされて、
快く思う人はまずいません。
 
 
 
これではお客様の為のセールスではなく、
自分の売上成績の為の押し売りです。
 
 
 
提案する側も、される側も。
お互いに全く関心を持っていない
 
だから、嫌になるんです。
セールスなんかやりたくないと思うんです。
 
 
 
根本が間違っています。
 
 
 
セールスの取り組み方が間違っているから、
セールスが嫌になるんです。
 
お客様を怖いと思うんです。 
  
 
 
今、自分がお客様から向けられている態度は。
自分が何に関心を向けているかの合わせ鏡
 
 
 
そう、お考えください。
 
 
 
これはかつき自身の経験から、
確信をもって言えることです。
 
 
 
*********
自分を売る、とは?
*********
 
こと、セールスという行為において。
僕は常々、以下のように考えています。
 
 
 
提案とはお客様への価値提供であり、
贈り物の準備をすることだと。
 
 
 
では、お客様へのギフトとして、
ご提案をする為に。
 
売り手が普段から心掛けるべきは、
一体何でしょうか?
 
 
 
答えは、もう出ていますよね。
「お客様の関心事に関心を払う」
ことしかありません。
 
 
 
私はあなたが
何を買うかにしか関心がありません

それでもあなたは
私自身に関心を持ってください
 
 
 
こんな論理は、
最初から破綻しています。
 
 
 
こうして字に起こしてしまえば
「そんなこと当たり前だろう」
と思っても。
 
 
 
いざセールスの現場においては、
こんなことをしてしまっている。
 
 
 
そんなセールスパーソンは、
枚挙に暇がありません。
 
 
 
だからこそ、選ばれないんです。
 
 
 
なぜ、そんなこと言い切れるのかって?
以前の僕がそうだったからですよ!笑
 
 
 
さて。

ここで冒頭の、
ライターの方に話を戻しましょう。
 
 
 
僕は今後、コピーや出版等、
ライティングに関する仕事があれば。

間違いなくこの方に依頼するでしょう。
 
  
 
実績は申し分なし。
僕がやるよりも高品質をお約束できる。
 
 
 
それよりも、なによりも。
僕がこの方のお役に立ちたいんです。
 

 
なぜか?
 
 
 
仕事に繋がるかどうか。
今後、自分の仕事に役立ちそうか。
  
そういった、損得勘定を抜きにして。
香月翼という個人に関心を持ってくださったから
 
 
 
こんな対応をしてくださる方を、
無下に扱う人なんて絶対にいません。
 
 
 
相手の関心事に関心を持つ
相手が大切にしているもの=価値観に共感する
 
 
 
自分の関心事ではないからこそ。
 
相手の関心事に関心を持つことは、
決して楽なことじゃない。
 
 
 
だからこそ、
そこまで自分から歩み寄っていくからこそ。

相手からの絶対の信頼を得られるものです。
 
 
 
これが即ち
「モノではなく自分を売る」
という行為そのものなんです。
 
 
 
現代のモノや情報が溢れた市場において、
お客様の視点からすれば。
 
 
 
各種商品やサービスに、
そこまで大きな質の差は存在しないと言えます。
(実際は存在するのですが 笑)
 
 
 
だからこそ。
 
お客様にとって重要なのは
何を買うかではなく、誰を選ぶか
 
 
 
そして、お客様が選ぶのは
「自分自身に最大の関心を払ってくれる人」
だけです。
 
 
 
故に、セールスに携わる者は。

商材ではなく、自分自身を選んで頂く。
その為の努力を惜しんではいけません。
 
 
 
大事なことなので、
繰り返しお伝えします。
 
 
 
相手の関心事に関心を持つ。
相手が大切にしているもの=価値観に共感する。
 
 
 
これこそが、
お客様に選んで頂く為に。
 
最も必要な要素、
即ち「自分を売る」ということです。
 
 
 
それでは、かつきは東京に向かいます!
午後からもステキな一日を!
 
 
 
【Q:常日頃から「自分を売って」いますか?】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から
 
 
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム