口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【”自分のやり方”でうまくいかない時】

   

売り込まないのに選ばれる
口ベタ/人見知り、大いに結構

「売る為のセールストーク」から
「選ばれる会話」

今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでお客様に提案できない
人見知りでお客様との会話が続かない
 
 
 
そんな女性起業家の方々に
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話術をお伝えする専門家

かつきつばさです。
 
 
 
東京から帰ってきましたぁぁぁ!
 
 
 
東京の集客コンサルタントさんに、
ゲスト講師として今回はお招き頂き。
 
 
 
トップセールスしか知らない
「選ばれるセールスの超・基礎」
についてお話させて頂きました。
 
 
 
参加者の皆さん、どなたも非常に真剣で。
僕のやる気も5割増しに!
 
 
 
『”自分のやり方”への執着に気付きました!』
『目からうろこでした!』
『明日から僕のセールスが変わります!』
・・・etc
 
 
 
数々の嬉しいフィードバックを頂き、
ニマニマしながら帰路につきました 笑

我が事ながら、チョロいなぁ僕(/・ω・)/
 
 
 
僕のビジネスにご協力を頂ける方も見つかり、
今回も大収穫です!

また秋に行くぞー、東京!
 
  
 
*****
我流は五流
*****
 
ここで一つ、
かつきの失敗談をさせてください。
 
 
 
つまらないプライドばかり高かった、
20代の頃の僕の話です。
 
 
 
当時の僕はとにかく
「自分のやり方」
に拘っていました。
 
 
 
営業マンとしての成績を残せず。
元々嫌いな営業が更に嫌いになり。
 
そんな状況下においても、
僕は「自分のやり方」に拘っていたんです。
 
 
 
なぜか?

それはただひたすらに、
自分のちっぽけなプライドを守る為
 
 
 
営業ができる上司や先輩。
彼らに教えを乞うことを拒み。
 
自分のやり方で売上をつくることで、
彼らの鼻を明かす。
 
 
 
そんな詰まらないことを、
当時は考えていた訳です。
 
 
 
我が事ながら
『くだらない奴だったなぁ、自分は』
と、心底思います 苦笑
 

 
目の前に、うまくいっている人がいる。
営業ができる人がいる。
 
 
 
それなのに、
なぜ教えを乞わないのか?
 
 
 
当時の僕のベクトルは、
ひたすらに自分だけに向いており。
 
 
 
僕のお客様や、
僕が落とした数字の分を補ってくれる同僚。

感謝すべき人達へのベクトルが、
全く機能していませんでした。
 
 
 
当時の僕が、素直に教えを乞えば。

当然のように営業能力も上がり、
結果としてお客様への貢献も可能になり。
 
 
 
お客様の課題解決、願望成就のサポートを。
より早く、高いクオリティでできたことでしょう。
 
 
 
僕の損なった売上の分を、
いつも埋めてくれる同僚達に。

もっと早い段階で、
迷惑をかけずに済んだんです。
 
 
 
こういった過去の自身の経験から、
僕は以下のように言い切ります。

即ち「我流は五流」であると。
 
 
 
当時の僕は。

うまくいかない自分のやり方を、
一所懸命続けていました。
 
 
 
結論を述べれば。

下手なやり方をどれだけやっても、
下手くそに磨きがかかるだけ
 
 
 
状況が改善することはなく、
余計に悪くなるだけです。
 
 
 
自分のやり方に悪い要素があるから、
上手くいかないんです。
 
 
 
それが自分では分からない以上。

上手くいっている人に教えを乞うしか、
打開策はない訳です。
 
 
 
********
成功に必要なもの
********

起業家には、特に言えることですが。

成功において必要なものとは、
一体何でしょうか?
 
 
 
高い専門知識?
スキルやテクニック?
セールス力や集客力?
 
 
 
確かに、これらは必要でしょう。
 
 
 
そのうえで。
これらは後からいつでも付け足せます
 
 
 
ビジネスで成功するうえで、
最も必要なもの。
 
 
 
それを僕は、もうずっと以前に。
教えて頂いていたことを思い出しました。
 

香月君、仕事で大成するのに必要なもの。
それは「素直さ」だ。

どんなに頭が良くても、能力の高い奴でも。
素直さがない奴は必ず行き詰る。

知識やスキルは、後から幾らでも教えてやれる。
でも、素直さは教えてやれない。

素直さのない奴には、成長も成功もないんだ。

 
セールスで成果を出す為に、
最も必要なもの。

それは「素直さ」です。
 
 
 
他人に素直に学ぶ、
謙虚な姿勢こそが。

その後の成果の明暗を分けます。
 

 
上述のコメントは過去、
かつきが売れない営業マンだった頃。
 
 
 
お世話になっていた経営者様から、
頂いた大切な薫陶です。
(細部は定かではないですが大まかにはこの内容)
 
 
 
ですが、お伝えした通り。

当時の僕は「素直さ」など、
欠片も持ち合わせてはいませんでした。
 
 
 
寧ろこの薫陶を、
自分への嫌味と受け取ってしまい。

大変失礼な態度をとった記憶があります。
 
 
 
本当に、思い出す度に。
申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
 
 
 
今なら、よく分かります。

社長が僕に、
一体何を伝えようとしてくださっていたか。
 
 
 
素直に、人に教えを乞う
頂いた教えを、素直に実践する
やってみた成果を、素直に報告する
 
 
 
素直な気持ちで取り組む

この姿勢がない限り、
成長機会も成功もない訳です。
 
 
 
過去の僕を含め。

セールスでうまくいかない人は、
随所に”自分のやり方”を盛り込みます。
 
 
 
レシピ通りに料理をつくらず。

変な配分や調味料を加えて、
味を壊す料理初心者のように。
 
 
 
有効な手段を自己流でアレンジし、
そのクオリティを下げてしまいます。
 
 
 
当然のように、結果は伴いません。
 
 
 
それにも関わらず
「結果が出ないのはこの手段が悪い」
と、責任転嫁をするんです。
 
 
 
これではうまくいくものも、
うまくいきませんよね。
 
 
 
もしも今、
あなたが上手くいっていないのなら。
 
 
 
同じ仕事をしている、うまくいっている人に。
素直に教えを乞うことをお勧めします。
 
教わったやり方を、
素直に実践することをお勧めします。
 
 
 
うまくいかない”自分のやり方”を。

うまくいかないやり方だと、
そう素直に認め。
 
 
 
素直にうまくいっている人に教えを乞い、
素直に教わった通りに実践する。
 
 
 
これが停滞した現状を打破する為の、
最善の選択です。
 
 
 
自分のやり方に拘って、
長年成果を出せなかったことへの自戒を込めて。

今回は、一筆奏上。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:自分のやり方に拘りますか?/素直に教えを乞いますか?】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から
 
 
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム