口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【お金を頂けるプロは何を売っているのか?】

   

売り込まないのに選ばれる
口ベタ/人見知り、大いに結構

「売る為のセールストーク」から
「選ばれる会話」

今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでお客様に提案できない
人見知りでお客様との会話が続かない
 
 
 
そんな女性起業家の方々に
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話術をお伝えする専門家

かつきつばさです。
 
 
 
岡山に行ってきました!
 
 
 
ほぼ夏の恒例行事になっている
「本を読まなくても2時間で書ける読書感想文講座」
を開催。
 
 
 
親子で毎年泣きながら書いていたのに、
講座に参加しただけであっさりと書けた!

あれだけ嫌だった読書感想文で、
コンクールで入賞した!

前回は銅賞だったので、
今回は金賞を狙う!等々
 
 
 
非常に嬉しいご感想を
毎年頂いております(^^♪
 
 
 
読書感想文が楽しみながら、
その場であっさりと書ける。
 
 
 
僕がこの講座でご提供しているのは、
読書感想文の書き方ではありません。
 
 
 
自分の力で読書感想文が書けたという、
子ども達それぞれの成功体験なんです。
 
 
 
小さな成功体験の積み重ねこそが。

子ども達の自信を育む為に、
何よりも重要ですからね。
 
 
 
今回はどんな嬉しいお知らせを頂けるのか。
今から楽しみです!
 
 
 
毎年お招きくださる学習塾「まなび舎泉祥」の
田中先生ご夫妻。
 
いつもありがとうございます(^^♪
 
 
 
************
なぜお金を頂けないのか?
************

さて、本日のコラムのタイトル。

これは単純に
「こんなものを扱えば売れる」
などという話ではありません。
 
 
 
モノや情報の溢れたこの時代で
「何を買うか」
は、そこまで大きな問題ではないんです。
 
 
 
こういった事実を踏まえたうえで。

先ずはお金を頂けない人達は、
何を売っているからこそお金を頂けないのか。
 
 
 
そちらについて言及しましょう。
 
 
 
お金を頂けない人達が、
一所懸命に売ろうとしているもの。

それは「商品やサービスそのもの」です。
 

 
ビジネスをしているのだから、
商品やサービスを売るのは当然だろう。

そんなご指摘も聞こえてきそうですが・・・
 
 
 
それを踏まえたうえで。
 
お客様が買っているのは、
商品やサービスそのものではありません
 
 
 
故に、以下のようなプレゼンをしても。
お客様には響かないんです。
 
 
 
こんな新機能が追加されました
印刷のスピードが従来の2倍です
従来の車の〇%燃費が良いです
・・・etc
 
 
 
商品やサービスの良さを伝えようとするのが、
お金を頂けないプレゼンの典型例です。
 
 
 
お金を頂けない人達は。
 
この事実を踏まえずに、
一所懸命に商品説明をします。
 
 
 
だから売れない、お金を頂けない。
 
 
 
僕がこのように断言できるのは。

かつて売れない営業マン時代の僕が、
やはりこのようなセールスをしていたからです。
 
 
 
お金を頂けない人が売るのは、
商品やサービスそのもの。
 
 
 
では、お金を頂けるプロは。

どんなセールスをすることによって、
お客様に選ばれているのか?
 
 
 
それを以下で説明しますね。
 
 
 
*************
お金を頂けるプロのセールス
*************

結論からお伝えします。
 
 
 
お金を頂けるプロのセールス。

それは商品やサービスを通して、
お客様に物語や経験をご提供することです。
 
 
 
分かりやすい事例として、
日産自動車のCMがあります。
 
 
 
子連れの家族がアウトドアに出かけ、
外でめいっぱいに遊びます。

帰り道、座席で幸せそうに寝る子ども。
 
 
 
ラストシーンでは、
こんなナレーションが流れます。
 
 
 
「モノより思い出」
 
 
 
お客様が購入するもの。
 
それは商品やサービスの先にある、
物語や経験、そして未来です。
 

 
こういった事実を理解するからこそ、
お金を頂けるプロはいきなり商品説明なんかしません。
 
 
 
なぜ、その商品やサービスを必要とするのか。
 
 
 
お客様自身の物語や背景にこそ、
耳、目、心を傾けるんです。
 
 
 
そして、お客様の望む未来を明らかにし。

その未来を手に入れる手段として、
商品やサービスを提供するんです。
 
 
 
お客様を商品に合わせるのではありません。
商品をお客様に合わせるんです。
 
 
 
お客様の求める未来が、
手に入るという確信に変わった時。

初めてお客様の感情は動きます。
 
 
 
感情が動いた時にこそ
お客様は購入を決断するんです。
 
 
 
商品やサービスの性能やメリットでは、
お客様の感情は動かせません。
 
 
 
お客様の感情を動かせるのは、
物語や経験、そして未来です。
 
 
 
感情を動かせる人だけが、
お客様のお金を動かせます。
 
 
 
商品やサービスそのものではなく、
お客様の物語や経験、未来をご提供しましょう。

それがお金を頂けるプロのセールスです。
 
 
 
では、午後からもステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな物語や経験、未来をご提供しますか?】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から
 
 
  
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム