口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【自己紹介で損するプロ、得するプロ】

   

売り込まないのに選ばれる
口ベタ/人見知りでも『欲しい!』と言われる

「売る為のセールストーク」から
「選ばれる会話」

今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでお客様に提案できない
人見知りでお客様との会話が続かない
 
 
 
そんな女性起業家の方々に
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話術をお伝えする専門家

かつきつばさです。
 
 
 
もう夏休みに入った、
そんな企業さんも多いのではないでしょうか。
 
 
 
僕はと言えば、
今日も今日とて仕事です 笑
 
 
 
とはいえ、楽しいです(^^♪
最近は、各地にお招き頂く機会も増え。

自己紹介をすることが、
非常に多くなりました。
 
 
 
新しいご縁を頂けること。
新しいお仕事をご紹介頂けること。

本当に、有難いことです。
 
 
 
その機会を一つ一つ、大切にしたいです。
 
 
 
さて。
本日のテーマは「自己紹介」。
 
 
 
自己紹介で損をしているプロと、
自己紹介で得をしているプロ
 
その差は歴然です。
 
 
 
誰もがする行為なのに、
普段から意識している人が実は少ない。
 
 
 
この「自己紹介の可能性」について、
今回はお伝えします。
 
 
 
**********
自己紹介で損するプロ
**********
 

はじめまして、香月翼です
香りに夜空の月に鳥の翼でかつきつばさです
福岡でセールスのトレーナーをしています
実績は91.2%で~・・・

 
多くの方の一般的な自己紹介は、
このようなものです。
 
 
 
自分の名前を伝え。
自分の仕事を伝え。
自分の実績などを伝える。

正しく「自分を紹介する」行為です。
 
 
 
これが自己紹介で損するプロの、
自己紹介の主な特徴です。
 
 
 
そして、結論から言えば、
この自己紹介を続ける限り。
 
たとえどれほど能力が優れていても、
誰の印象にも残らないでしょう。
 
 
 
自己紹介ですべきことは 
「自分のことを紹介すること」
ではないんですよ。
  

  
聞いている人は、
あなたの仕事や実績などに。
 
全く!興味ないんです!! 苦笑
 
 
 
だから、何の印象にも残らない。
 
 
 
どんなビジネスであっても。
最初は自己紹介から始まります
 
 
 
そのたった一度の、
自己紹介の機会。
 
そのせっかく頂いた「チャンス」に、
相手に関心を持ってもらえない。
 
 
 
これはあなたのビジネスにとって、
大きな機会損失につながります。
 
 
 
にもかかわらず。
 
多くのビジネスパーソンは、
自己紹介を磨いてはいません。
 
 
 
通り一辺倒
出たとこ勝負
その場の思い付き etc
 
 
 
せっかくの自己紹介の機会を、
無駄ににしてしまっている。

そんなケースは多々見受けられるんです。
 
 
 
自己紹介はTVCMのようなもの
そう考えてみましょう。
 
 
 
『あなたのビジネスのCMを無料で流してあげるよ』
 
こんなこと言われたとしたらどうでしょう。
ものすごく入念に準備しませんか?
 
 
 
自己紹介の機会を頂くと言うことは、
無料のCMを流す権利を頂いたと同義
 
 
 
そう考えれば、
何の準備もなしに自己紹介をする。

このもったいなさ、
伝わりますでしょうか?
 
 
 
何を隠そう、以前の僕が。
この「もったいない」状況でした(^^;
 
 
 
では、自己紹介の機会を最大級に活かす為に。
どんなことを意識するべきなのか。

それを以下でお伝えします。
 
 
 
**********
自己紹介で得するプロ
**********
 
自己紹介で、
目の前の人をお客様に変える。
 
 
 
何が伝われば、
目の前の人に関心を持ってもらえるのか。
 
自己紹介で得するプロは、
何を伝えるから得をしているのか。
 
 
 
それは、自分を紹介することではなく。
 
分かりやすく「お客様にとってのベネフィット」を、
お伝えすることなんです。
 
 
 
ここでご注意頂きたいのは、
メリットではなくベネフィットを伝えること。
 
 
 
メリットとは
「商品やサービスならではの優れた点」
などを定義し。
 
 
 
ベネフィットとは
「商品のメリットによりお客様にもたらされる利益」
などを定義します。
 

 
実は多くの人が、ベネフィットではなく。
自身の実績やメリットをお伝えしています。
 
 
 
聞いている立場の人の関心事は
『私にどんな良いことがあるの?』
という一点のみです。
 
 
 
しかしながら、この伝え方では
『私にどんな良いことがあるの?』
という疑問に答えていません。
 
 
 
当然の帰結として、
印象に残らなくなってしまいます。
 
 
 
だからこそ、
自身の商品やサービスでを通して。

どんな人達が、
どんな素晴らしい未来を手にできるのか
 
 
 
これが短く、分かりやすくまとまっている。
これこそが自己紹介に求められるものです。
 
 
 
ここで手前味噌ですが、
冒頭の僕の自己紹介をご確認ください。
 
どんな人達が、どんなベネフィットを得られるか
分かりやすくまとまってはいませんか?
 
 
 
この自己紹介に変えたことで。

ご新規をご紹介頂ける割合が、
圧倒的に増えました。
 
 
 
ベネフィットが分かりやすい自己紹介は、
お客様を、ご紹介を生むんです。
 
 
 
自己紹介が変われば、
セールスの成果が変わります

これは事実です。
 
 
 
最初から興味を持たれている状態ですので、
ある意味当然ですよね。
 
 
 
これが、自己紹介で得をするプロの特徴。
 
自身の仕事や実績ではなく、
聞いた人のベネフィットをお伝えしているんです。
 
 
 
だからこそ。
該当する人は即座に関心を持ちます。
 
自身の周りに該当者がいれば、
すぐにご紹介くださいます。
 
 
 
自己紹介を雑に行うのではなく、
一期一会、たった一度のCMチャンスと捉える。
 
自己紹介を磨き上げて、
自己紹介だけで仕事をつくれる。
 
 
 
そんな「得をするプロ」になりましょう(^^♪
 
 
 
では、午後からもステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな人に、どんな”良いこと”がありますか?】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から
 
 
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム