口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【アマチュアは『買うか買わないか』のみを問う】

   

売り込まないのに選ばれる
口ベタ/人見知りでも『欲しい!』と言われる

「売る為のセールストーク」から
「選ばれる会話」

今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでお客様に提案できない
人見知りでお客様との会話が続かない
 
 
 
そんな女性起業家の方々に
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話術をお伝えする専門家

かつきつばさです。
 
 
 
おかげさまで今日も、
セールスのコンサルをさせて頂いております(^^♪

それら全てがご紹介によるものです。
ありがたいですね~
 
 
 
ご紹介を頂けるということは。

かつきつばさをセールスの分野で、
プロとして認めて頂けた何よりの証。
 
 
 
一つ一つのご縁を大切にすると共に。

もっと多くのプロの方に、
セールスの素晴らしさをお伝えしたいと思います。
 
 
 
セールスはセンスではありません。
再現性のある、サイエンスなんです。
 
 
 
専門知識やスキルは非常に高いのに、
セールスの本質を知らないばかりに選ばれない。
 
そんな残念なプロが一人もいなくなる。
それが僕の理想です。
 
 
 
********
買うか買わないか
********

売れない営業マンだった頃の、
僕の話を共有したいと思います。
 
 
 
当時の僕は、当然のように。
以下の問いかけを、お客様にしていました。
 
 
 
『買うか、買わないか』
 
 
 
実のところを言えば。

このクロージングの問いかけ自体は、
悪いものではないんです。
 
 
 
以前のコラムでもお伝えした通り。

日本市場におけるプレゼンテーションは、
その6割がノークロージングで終わっています。
 
 
 
クロージングを確りと行うこと自体は、
ご契約を頂くうえで極めて重要です。
 

それを踏まえたうえで
「買うか買わないか」
のみを問いかけても不十分です。
 
 
 
これだけでは、
お客様の勇気に最後の火を灯せません
 
 
 
お客様のニーズを明らかにし、
それを満たす提案をし。

最後に、クロージングをする。
 
 
 
その際に
「買うか買わないか」
の意思確認も重要なのですが。
 
 
 
それ以上に、重要な要素があります。
 
 
 
寧ろ、これを問いかけなければ。

お客様の心を、本当の意味で。
動かすことはできないんです。
 
 
 
クロージングをしているにも関わらず、
僕が売れない営業マンのままだったのは。
 
 
 
最後の最後で、お客様の心を動かせなかった
事務的なクロージングだけで終わってしまっていた。
 
その要素も、大きく含まれます。
 
 
 
では、トッププロは。
どんな問いかけをお客様に投げかけるのか?

それを後段でご紹介します。
 
 
 
**********
トッププロの問いかけ
**********

お客様がお金を払ってでも解決したい課題。
同様に、お金を払ってでも叶えたい願い。
 
 
 
それらを明らかにし、
それらを満たす提案をした後。
 
 
 
トッププロは、お客様に何を問いかけるのか。
それは以下のようなものです。
 
 
 
「人生を変えたいか否か」
 
 
 
例えば、かつきの場合。

見込み客の大多数が
「本命商材でご契約を頂けない」
という課題を抱えておいでです。
 
 
 
専門知識もスキルも、
十二分に有しているにも関わらず。
 
 
 
セールスの本質をご存じないばかりに、
本命商材のご契約を頂けない。

そんなプロの方が多いです。
 
 
 
そんな方達に、本物のセールスを知って頂き。
ご契約を頂けるように。

僕のサービスの詳細をご説明します。
 
 
 
一通りの説明をさせて頂いていた後。
最後に問いかけるのは、この言葉です。
 
 
 
『人生を変えますか?今まで通りを続けますか?』
 

 
例えば、高いスキルがあるにもかかわらず。
ご契約を頂けないAさんという起業家がいたとしましょう。
 
 
 
その方に僕が最後にお伝えするのは、
以下のような内容です。
 
 
 

Aさん、今日は勇気を出して僕にご相談くださり。
本当に有り難うございます。

僕は売れない営業マンから、
年間3億円のセールスを実現できた経験から。

何をすればご契約を頂けないのか。
何をやめればご契約を頂けるのか。

お客様からご契約を頂ける方程式を、
実践レベルで再現できるノウハウを持っています。

Aさんの「ご契約を頂けない」という現状を、
お客様から感謝されて高額契約を頂ける。

そんな未来に変えることができます。

Aさん、改めて確認させてください。

このまま現状を続けたいですか?
それとも勇気ある選択をして、人生を変えますか?

 
 
 
買うか、買わないか。
それだけでは不十分なんです。
 
 
 
契約はゴールではありません。
成果を出す為の二人三脚、そのスタートラインです。
 
 
 
だからこそ、必要なもの。
 
 
 
お客様は、
本気で人生を変えたいか、否か。
  
提案者には、
お客様の成果にコミットできるか否か。
 
 
 
双方が成果を出す為に覚悟を決めること
その調印式ともいうべきものがクロージングです。
 
 
 
お互いが覚悟を決めて、
成果を出す為の行動を選択する。
 
 
 
その際に「買うか買わないか」のみを問うても、
非常に弱弱しいクロージングになります。
 
 
 
お客様の人生にコミットする

その覚悟があるプロのみが、
トッププロとしてお客様に選ばれ続けるんです。
 
 
 
この問いかけができなければ、
ボランティアだけやっていれば良いとさえ言えます。

お客様の成果にコミットできないのなら、
プロを名乗る資格はありませんからね。
 
 
 
昔の僕には、コミットする覚悟がなかった。
だから、選ばれなかったんです。
 
 
 
最後の最後でお客様に問いかけるべきは、
人生を変えたいか否か。
 
  
 
提案者がすべきことは。

お客様に勇気ある決断を促すと共に、
お客様の成果にコミットする覚悟を決めること
 
 
 
この双方の合意を成立させる行為が、
クロージングには必要なんです。
 
 
 
クロージングとは、
お客様との成果に対するお約束なんですよ。
 
 
 
では、午後からもステキな一日を!
 
 
 
【Q:人生を変えますか?今まで通りを続けますか?】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から
 
 
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム