口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【ワンランク上の会話術:プロのすべき会話とは?】

   

売り込まない。だから選ばれる
口ベタだから、まっすぐ伝わる

今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでお客様に提案できない
人見知りでお客様との会話が続かない
 
 
 
そんな女性起業家の方々に
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話術をお伝えする専門家

かつきつばさです。
 
 
 
さて、あなたは「会話上手」と聞くと。
どんな人を想像するでしょうか。
 
 
 
多くの人は、
こんな認識をお持ちです。
 
 
 
「会話上手=話上手」
 
 
 
確かに、そういった一面もあります。
 
 
 
それを踏まえたうえで。
 
話し上手が即、会話上手かと言えば。
決してその限りではありません。
 
 
 
今回のコラムでは。
 
更にはプロが身につけるべき、
ワンランク上の会話術について。
 
 
 
じっくりと検証します。
 
 
 
*********
盛り上がらない会話
*********

プライベート、ビジネス問わず。

コミュニケーションの現場で、
よく起こりがちな会話の状態。
 
 
 
それは以下のようなものです。
 
 
 
「間のない会話」
 
 
 
一方が、自分の言いたい事ばかり。
尋ねたいことばかりをまくし立てている。

相手が話す時間、考える時間をつくらない。
 
 
 
こんなコミュニケーションの状態を、
よく目にします。
 
 
 
何を隠そう、過去の僕が。
こんなコミュニケーションの取り方をしていました。
 
 
 
そして、往々にして。
こういた会話は、一向に盛り上がりません
 

 
そのうえで、
今の僕はこう言い切ります。
 
 
 
『間のない会話は”間抜け”な会話』
 
 
 
自分の言いたいことばかり言い。
自分の聞きたいことばかり聞き。

相手に”間”を与えない会話は、
間抜けな会話に他ならない。
 
 
 
これまでの経験上、
僕はそのように解釈しています。
 
 
 
その理由は、
互いの立場を置き換えてみれば分かります。

息苦しいんです、間のない会話は。
 
 
 
話し手は気づきません。
寧ろ、楽しんでいるケースすらあります。
 
自分の言いたいこと、聞きたいこと。
それらを間断なくまくし立てていますので。
 
 
 
相手が付き合ってくれているのだから、
問題はないだろう。
 
 
 
過去の僕を含め、
間のない会話をする人は。

少なからず、こんな誤解があります。
 
 
 
ですが、それは正しく誤解です。
 
 
 
それは相手に我慢を強いる、
一方通行で我が儘な行為です。
 
 
 
これでは、どんなに話の内容が良くても。
相手に良い印象は与えられません。
 
会話は盛り上がりません。
商談は前向きにはなりません。
  
 
 
では、プロが身につけるべき、
そんなワンランク上の会話術とは。

どのようなものでしょうか。
 
 
 
**********
ワンランク上の会話術
**********

商談をスムーズに進められる。
会話が盛り上がる。

こんなワンランク上の会話術を、
行使できる人は一定数存在します。
 
 
 
彼ら、彼女らは。
特別なことをしているのでしょうか。
 
 
 
いいえ、
決してそんなことはありません。
 
 
 
寧ろ、当たり前のことを。
当たり前以上に行っているだけです。
 
 
 
即ち、ワンランク上の会話術とは。
以下の言葉に集約されます。
 
 
 
「間=沈黙を大切にする」
 
 
 
会話上手とは、話し上手ではなく。
聴き上手を指すものです。
 
 
 
そのうえで、聴き上手な人は。
沈黙を有効活用しているんです。
 

 
会話というのは社会生活を送る上では、
なくてはならないものです。
 
 
 
そんな会話の途中に、ふと訪れる。
沈黙の時間が怖い、気まずい。

相手が黙っていると不安になる。
 
 
 
自分が何か、
不用意なことを言ったのではないか。

自分の提案に、
何かしら不具合があったのではないか。
 
 
 
このような不安を覚える人は。

ビジネスシーンだけではなくとも、
きっと大勢いることでしょう。
 
 
 
そして、その不安を打ち消そうと。
次から次へと話題を振ります。
 
 
 
その事実を踏まえたうえで、
これは全くの逆効果。
 
 
 
そして、沈黙とは。
 
会話を成立させるうえで。
なくてはならないものなんです。
 
 
 
相手の沈黙とは、
話し手に対する不快の現れではありません。
(もちろんそのケースもありますが 苦笑)
 
 
 
話し手の振った話題や質問、
提案内容に関して。

深く考察している時間なんです。
 
 
 
そんな考察の時間を遮り、
次から次へと話しかけてしまっては?
 
 
 
考察は深まりませんし、
ともすれば本当に相手を不快にしてしまいます。
 
 
 
それが分かっているからこそ。

トップセールスなどの会話のプロは、
沈黙の時間を大切にします。
 
 
 
多弁は銀、沈黙は金
こんな格言もあるように。
 
 
 
雄弁さも時に必要ではありますが。

黙るべき時を知るということは、
それ以上に価値があるものです。
 
 
 
お客様や目の前の友人が、
黙して語らない時間=”間”。
 
 
 
それはあなたの提案や発言に対し、
思考を巡らせている証拠です。
 
 
 
多くの場合で、人は何かを考える際。
一度視線を切る傾向にあります。
 
 
 
その際、話し手のすべきことは。
黙して語らず、間を作ること。
 
 
 
そして、次に話かけるタイミングは。
相手と再び視線が重なった時です。
 
 
 
視線が再度重なったということは。
考察の終了を意味します
 
 
 
そのタイミングで、再度話しかける。
 
 
 
そして、相手が話し出したら。

自分の話をするのではなく、
相手の話を集中して聴く
 
 
 
効果的な質問や相槌などで、
相手の話を掘り下げるんです。 
 
 
 
これらを徹底することで。
コミュニケーションは一層円滑化します。
 
 
 
この事実を理解しているからこそ。

トップセールスに代表される会話のプロは、
間を大切にするんです。
 
 
 
沈黙を活用することで、
プロに相応しいワンランク上の会話を身につけ。

お客様や大切な人との時間を、
より有意義なものにしましょう!
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:間を意識していますか?】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から
 
 
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム