口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【『分かりやすい』と言われる以上に『分かりづらい』と言われてきました】

   

売り込まない、だから選ばれる
口ベタだから、まっすぐ伝わる

営業迷子のナビゲーター!
あなたを「売れ続ける」というゴールまで導きます

今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話の魔法使い、かつきつばさです。
 
 
 
『かつきさんのクロージングは”神”です』
『例え話が神懸かって分かりやすいです』
 
 
 
数日間に渡って開催した、
東京でのセールス講座。
 
参加してくださった方々から、
こんな嬉しいフィードバックを頂きました。
 
 
 
本当に、嬉しかったです(^^♪
 
 
 
なんと、参加者の中には。

当日お伝えしたセールストークを、
当日の夜に、ご自身の見込み客に実践。
 
 
 
なんと、そのまま契約を獲得!
更にその翌日も、新規の契約を獲得するという・・・
 
そんな強者も発生致しました 笑
こういった成果報告、本当に講師冥利に尽きます。
 
 
 
そんな『分かりやすい』と、
大勢の方に言って頂ける今の僕ですが・・・
 
 
 
10余年前の僕の評価は、
今とは全く異なるものでした。
 
 
 
***********
お前の話は分かりづらい
***********
 
僕が以前、サラリーマンとして。
営業職に就いていたことは。

このコラムの中でも、
何度となくお伝えしました。
 
 
 
そして、その営業マン時代。

お客様に選ばれた時代よりも、
売れない営業マン時代の方がずっと長かった。
 
 
 
YES、と言われた回数よりも。
NO、と言われた回数の方が。

圧倒的に、多かったんです。
 
 
 
そして、売れない営業マン時代。

当時の上司や同僚にも。
自分のお客様方にも。
 
 
こと会話において、 
僕は以下のように言われていました。
 
 
 
『結局、何が言いたいの?』
 

かつきの話は分かりづらい。
何が言いたいのか分からない。

それが周囲からの、僕の評価でした。
 
 
 
周囲に言われ続けました、
『お前の話は分かりづらい』
と、何度も何度も。
 
 
 
当時の僕としては、
すごく悔しかったんです。
 
 
 
なんで理解してもらえないんだろう。
何度もそう思いました。

周囲に責任を転嫁したことも、
一度や二度ではありません。
 
 
 
本当に悔しかった。
だからこそ、変わろうと思った
 
 
 
話が分かりづらいと言うのなら、
話が分かりやすいと言わせてやろう。
  
 
 
そんな反骨心から、
伝わる会話というものを試行錯誤し始めました。
 
 
 
そして、この時の経験が。

独立後の僕にとって、
得難い財産になりました。
 
 
 
*****
成功の理由
*****
 

私はキャリアの中で9,000回以上シュートを外し、
300試合に敗れた。
決勝シュートを任されて26回も外した。
人生で何度も何度も何度も失敗してきた。

それこそが私の成功の理由だ。

 
米バスケットボール界の神様、
マイケル・ジョーダン。

彼は上記のような言葉を残しています。
 
 
 
挑戦すれば、失敗を伴う。

しかして、成長や成功は。
挑戦することでしか得られない
 
 
 
大きな成果を手にする為には。

何度失敗しても諦めず、
挑戦し続けることが重要。
 
 
 
彼の、この言葉は。

全ての挑戦者への、
こんな応援メッセージなのでしょう。
 
 
 
僕は『話が分かりづらい』と、
そう酷評され続けてきました。
 
 
 
今だからこそ、
自分でも理解できるのですが。

当時の僕の話し方は、
自分の言いたいことメインでした。
 
 
 
どの順番で、どのように表現すれば。

目の前にいる話を聴いてくれる人の為に、
伝わる話し方ができるのか。
 
 
 
こういったことを一切考慮せず、
自分の言いたい事ばかり言っていた。

だから、伝わらなかったんです。
 
 
 
そんな現状を変える為に、試行錯誤を重ね。
何度も多くの人達にNOを突き付けられ。
 
その過程で磨かれた会話の基礎は。
 
 
 
今は【会話の魔法】として、
僕の活動を支えてくれています。
 

 
会話で、何度も何度も何度も失敗してきた。
それが僕の、分かりやすく伝わる理由。 
  
 
 
何度分かりづらいと言われても。

分かりやすいと言われる会話、
その習得を諦めなかったから。
 
 
 
だから、伝わるようになったんです。
 
 
 
何度やってもうまくいかない。
そう思ったことはありませんか?
 
 
 
そして、その「何度やっても」は。
実際にどのくらい「何度やっても」だったのでしょう
 
 
 
自分では、何度も挑戦したようで。

実はそこまで何度も挑戦した訳じゃない、
そんなことは多々あります。
 
 
 
僕自身、正直な話。
何度も会話を磨くことを放棄しました。

その方が楽だったからです。
 
 
 
それでも、やはり。

僕の中の『悔しい』という気持ちは、
消えることはありませんでした。
 
 
 
その気持ちを燃料にして、
長年試行錯誤を繰り返したことで。

僕の話は周囲の方に、
分かりやすいと言われるようになったんです。
 
 
 
高い評価を得るトッププロは、
誰よりも多くの失敗をし。
 
 
 
その都度、自分なりに失敗の原因をつきとめ
その失敗を乗り越える方法を手にしてきました。
 
 
 
だから、高い評価を得ることができます。
 
 
 
失敗しても挑戦し続け、
その過程で得たものを財産として。

お客様に利益として還元する。
 
 
 
そんなプロで在り続けるべく、
今日も挑戦を続けています。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:何度失敗しても挑戦し続けたことは何ですか?】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から
 
 
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム