口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【揉めるのなら最初に揉めてしまいましょう!】

   

売り込まない、だから選ばれる
口ベタだから、まっすぐ伝わる

営業迷子のナビゲーター!
あなたを「売れ続ける」というゴールまで導きます

今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話の魔法使い、かつきつばさです。

今回も「お客様に選ばれ続ける会話の魔法」
その一端をお伝えしていきますね。
 
 
 
『かつきさん!
 こんなことがあったんですよ!!!』
 
 
 
いつも柔和なクライアントさんが、
対面セッション開始早々。
 
憤懣やるかたなし、
そんな勢いで話し始めました(^^;
 
 
 
要約すると・・・

ビジネスでよくある
「言った言わない問題」
でした。
 
 
 
この方は、本当に誠実な方で。
いつもお客様に言葉を尽くします。
 
 
 
そのうえで、
今回は巡り合わせが悪かったのでしょう。
 
 
 
随分と苦い思いをし、
報酬も規定通りに頂けなかったようです。
 
 
 
結局この日は、時間一杯まで。

この方のストレスを吐き出させ、
思考をリセットして頂きました。
 
 
 
貴重な面談の機会を愚痴で・・・
軽く凹まれていましたが。

ストレスを持ち越すことの方が、
はるかにビジネスにマイナスなんですよ。
 
 
 
その旨をお伝えしたうえで、
こういったトラブルに巻き込まれない為に。
 
とある「秘策」を伝授しました。
 
 
 
さて、その秘策とは。
どのようなものでしょうか。

面倒な人(笑)と揉めたくない方、必見。
 
 
 
**********
話が違うじゃないか!
**********

『話が違うじゃないか!』
 
 
 
どんなに言葉を尽くしても。
どんなに誠意ある対応をしても。
 
こんなことを言う人には、
必ずどこかで遭遇するもの。
 
 
 
冒頭の方も、僕自身も。

こういった人種と揉めたことは、
これまでに何度もあります。
 

そして、こんな話に共通するのは。

仕事が終わった後になって。
話が違うと、ごね始めること。
 
 
 
こういった事態になれば、
当然のように関係は悪化します。

そして、こうした人に限って。
提供者を悪し様に言うものです。
 
 
 
こんな人と付き合うのは、
本当に時間と労力の無駄です。
 
 
 
そして、残念な事実として。

仕事後に揉めてしまえば、
相手が悪くても提供者が悪いことになります。
 
 
 
理不尽極まりないですが、
これが真実なんです(;´・ω・)
 
 
 
関わらないのが最適解ですが、
どうしても関わらなければならない。
 
 
 
そんな事態に備え、
どんな対応をすべきなのか。

それを後段でお話します。
 
 
 
********
揉めるなら最初に
********
 
僕がクライアントさんにお伝えするのは
『揉めるなら最初に揉めましょう』
ということ。
 
 
 
これは何も最初からケンカしろ、と。
そんな意味ではありません 笑
 
 
 
要は、どんな相手に対しても。
最初から条件付けをするということです。
 
 
 
契約を結ぶ、仕事に取り組む。
その前に、しっかりと条件を提示すること。

これが最上の選択肢です。
 
 
 
最初に条件付けなんて、
相手の印象を悪くしないだろうか?

こう不安になる方もいるでしょうね。
 
 
 
そのうえで。
 
 
 
後から揉める
報酬を頂けなくなる
悪い口コミを拡散される
 
 
 
こんな事態に陥るよりも、
ずっと良いと思いませんか?
 
 
 
相手が誠実な人でも、面倒な人でも。

最初に確りと条件提示をすることで、
お互いの役割と責任を明確化できます。
 
 
 
だから、最終的には揉めることなく。
仕事を完遂できるんです。

ちなみに僕は必ず、
交渉内容を議事録で残します。
 
 
 
最近は、契約書の内容も。
かなり綿密にするようにしました。
  
その冒頭には、
こんな一言を寄せています。
 
 
 
『このプログラムはあなたを
 自動的に成功させるものではありません
 
 
 
こう明記したうえで、
お互いの役割と責任、仕事内容を明確化しています。
 
 
 
誰かに依頼(依存)すれば、
勝手に成功できる。
 
 
 
本当に残念ですが。

こういった発想の人は、
まだまだ多いのが実情です。
 
 
 
そして、こんな人こそ。

後になって『話が違う』と、
しきりに言いたがる人なんです 苦笑
 
 
 
だからこそ。

事前に「ふるいにかける」意味で、
こういったことをお伝えします。
 
 
 
こうすれば、自助努力をしたくない人は。
勝手に逃げてくれます 笑
 
 
 
そうして、
本気で変わろうとする人とのみ
 
お互いの責任と役割を明確にしたうえで、
本気で契約するからこそ。
 
 
 
お互いに全力を出し切り、
素晴らしい成果にたどり着けるんです。
 
 
 
仮に、面倒な人との契約でも。

条件提示を事前にし、
確りと証拠を残せば
 
 
 
契約後、仕事完了後に、
文句を言うことはできません。
 
だって、契約書にサインをしたのは。
他ならぬ本人ですからね(^^♪
 
 
 
事前に条件提示を確りと行い、
後から「言った言わない問題」を発生させない。
  
揉めるなら、一番初めに。
 
 
 
これが「言った言わない問題」を避ける秘訣です!
 
 
 
では、午後からもステキな一日を!
 
 
 
【Q:どのタイミングで「揉めて」いますか?】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から
 
 
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム