口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【つい『いかがですか?』と言ってしまう方へ】

   

売り込まない、だから選ばれる
口ベタだから、まっすぐ伝わる

営業迷子のナビゲーター!
あなたを「売れ続ける」というゴールまで導きます

今日もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
口ベタでもお客様から『欲しい!』を引き出す
会話の魔法使い、かつきつばさです。

今回も「お客様に選ばれ続ける会話の魔法」
その一端をお伝えしていきますね。
 
 
 
SNSで知り合っただけの人から、
唐突に売り込みメッセージが来ました。
 
 
 
ご本人曰く
『プロのマーケッター』
とのことで。
 
 
 
かつきのビジネスを、
更に発展させることが可能、と。

そんな内容のメッセージでした。
 
 
 
長々と説明が書かれた最後に、
こう書いてありました。
 
 
 
『いかがでしょうか?』
 
 
 
いかがでしょうか?じゃねぇよ(・∀・)
即座にブロックしました 笑
 
 
 
こういった残念な方、
本当に多いんです(^^;

やってはいけないセールスの見本です。
 
 
 
僕のことを何も知らないのに。

一体この方は、SNSを見ただけで。
僕のどんなニーズを満たそうとしたのでしょう?笑
 
 
 
さて、本題に入りますが。

プロであるならば、
この『いかがですか』という言葉。
 
 
 
口に出してはいけないものなんです。
 
 
 
*******
いかがですか?
*******

セールスで売れない人は、
高確率でこの言葉を用いています。
 
 
 
『いかがですか?』
 
 
 
お客様にお伺いを立て、
沙汰を待っている状態です。
 
 
 
こう聞かれたお客様は、
ほぼ無条件でこう切り返します。
 
 
 
『検討します』
 
 
 
『いかがですか?』と『検討します』は。
ほぼセットメニューです。
 
 
  
多くの人が、ここで詰まってしまい。
打開策を講じることができていません。
 
そしてそのまま、 
契約の話までたどり着けないんです。

セールスがうまくいかない人は、
どこか下手に出てオドオドしています。
 
 
 
それらがお客様に伝わるからこそ。
お客様を不安にさせます。
 
『この人にお願いして大丈夫かな』と。
 
 
 
加えて、に足元を見られてしまい。
不要な値引き、サービスをする羽目に。
  
相見積もりや情報を提供するだけの、
ただの「便利な人」に成り下がります。
 
 
 
更に、この言葉は。

どうしてもお客様への催促と、
そんな捉えられ方をされがち。
 
 
 
人は売り込まれるのを嫌うもの。
これでは、うまくいきませんよね。
 
 
 
少なくとも、僕は
『いかがですか?』
とは、絶対に言いません
 
 
 
とはいえ、長年の習慣から。
この言葉が抜けない人もいます。
 
 
 
そんな人の為の、
魔法の一言をご紹介しましょう。
 
 
 
*******
一言付け加える
*******
 
『かつきさん、どうしても
 「いかがですか」
 を使ってしまうんです』
 
 
 
過日の合同セールストレーニングで。

受講生のお一人が、
こんなことを仰いました。
 
 
 
長年の経験から、
この言葉が口癖になり。

無意識の内に口に出している、
そう仰ったんです。
 
 
 
口癖は変えることも可能ですが、
確かに時間がかかるのも事実。
 
 
 
では、どうするか。

僕は「魔法の一言」を付け足す、
そんな提案をしました。
 
 
 
『いかがですか?
 ステキでしょう!』
 
 
 
伝わりますでしょうか?
このプラス一言の効果が。
 

 
いかがですか?
すばらしいでしょう!

いかがですか?
すごいでしょう!
 
 
 
このように、
自信を持って言い切ることで。
 
お客様に与える印象を、
より良いものにできます。
 
 
 
提案に対する自信が伝わり、
それがお客様の信頼感に直結します。
 
言い切られることで、
お客様は安心感を覚えるんですね。
 
 
 
前段にて、売れない人は
「下手に出てオドオドしがち」
ということを述べましたが。
 
 
 
要はこれと、真逆をすれば良いんです。
 
 
 
トッププロは、須らく。
堂々として、自信に溢れています
 
 
 
自分の商品、サービスは。
必ずお客様のお役に立つ
 
その自覚があるからこそ、
自然とこのような姿勢になるんです。
 
 
 
一言付け加えるだけ。

それだけで、
印象は全く異なるものになります。
 
 
 
『お願いします』なんて言わなくても、
『お願いします』とお客様から言われます
 
 
 
どうしても『いかがですか?』と、
そう口にしがちな方は。
 
 
 
その後に『すごいでしょう!』などの、
言い切りの言葉を用いてください。
 
 
 
その一言を加えるだけで。
セールスの結果も変わってきますよ(^^♪
 
 
 
では、午後からもステキな一日を!
 
 
 
【A:いかがですか?すごいでしょう!】

※かつきのおススメ

セールスなんかつまらない、やりたくない!
そう思ってはいませんか?

セールスって、おもしろいんです。

おもしろいセールスができるようになる、
そのヒントを得る為に。

先ずは「自分にあったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

その詳細は【こちら】から

「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム