理想のお客様とのマッチメイク術

~なぜ「売り込みゼロで8割成約」を再現できるのか?~

*

【会社は辞めない方が良いです】

   

将来、独立開業したい

社内でその他大勢として埋もれるのではなく
多くの人に必要とされたい

でも、自分に何ができるのか分からない
自分は何がやりたいのか、分からない

そんな、現役営業マンのあなたへ

このコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
独立・開業したい現役営業マンのための
あなただけの才能発見・起業戦略コンサルタント

香月 翼です。
 
 
 
今日も「自称・平凡な営業マン」が

自分だけの才能を活かして

最短90日で起業家として報酬を得る
 
 
 
そのヒントについて
お伝えしていきますね!
 
 
 
『会社、辞めようと思います』
 
 
 
昨年の話です。

僕が講師を務めた起業家勉強会で、
こんな方と出会いました。
 
 
 
士業の資格を取得した為、
独立開業したい。

そんな男性会社員の方。
 
 
 
講座後にしばらくお話をした後、
冒頭のようなことを仰ったんです。
 
 
 
なるほど。

開業直前の僕も、
やはり同じように思っていました。
 
 
 
まぁ、僕の場合は会社の倒産でしたが(^^;
 
 
 
それを踏まえたうえで、
僕は以下のようにお応えしました。
 
 
 
『辞めない方が良いですよ』
 
 
 
********
会社を辞めた香月
********

起業コンサルタントのくせに、
独立・開業を勧めないの?

この記事をお読みくださっているあなたは、
疑問に感じたかもしれません。
 
 
 
そのうえで、少し。
僕の起業当時の話をしますね。
 
 
 
勤めていたベンチャーが倒産した直後。

正直に言うと、
再就職のオファーは頂けていました。
 
 
 
有難く感じると同時に、
僕は、以下のように考えました。
 
 
 
『退路を断って集中した方が早く成功できる』
『選択と集中が大事。今は起業だ!』
 
 
 
せっかくのオファーを、
有難くもにお丁重にお断りし。
 
 
 
少々の準備期間を経て、
僕は2015年に起業しました。
 

 
当時の僕に会えたのなら、
今の僕はこう言い切ります。
 
 
 
即ち『見通しが甘いんだよ!』と 笑
 
 
 
退路を断つことで成功した起業家、
数多くいらっしゃいます。
 
 
 
そのうえで。

退路を断ってうまくいくのは、
ハッキリ言って「少数派」です。
 
 
 
会社を辞めれば、当然ですが。
給料という毎月の安定収入はゼロに。
 
 
 
収入が途切れない状況をつくらない限り、
非常に不安定な経済状況になります。
 
 
 
日々減っていく通帳の預金残高
ショートする経営資金。
 
この不安に、焦燥感に。
あなたなら、どのくらい耐えられますか?
 
 
 
金銭的な余裕がなくなり。
精神的にも余裕がなくなり。

冷静な判断ができなくなる。
結果、更にお金を失うことになる。
 
 
 
起業初期の僕は、
間違いなくこの状態でした。
 
 
 
定期収入がなくなることで、
ビジネスに集中できなくなる。
  
集中できないから、価値も高まらず。
報酬を頂けずに、更に経済面が悪化する。
 
 
 
会社を辞めて集中できる人よりも。
 
こんな負のスパイラルに陥る人の方が、
実は圧倒的に多いんです。
 
 
 
だからこそ
「会社辞めて即座に起業!」
に、僕は必ず待ったをかけるんです。
 
 
 
僕と同じように、
死ぬような思いをしてほしくないから。
 
 
 
せっかくのあなただけの才能を、
埋もれさせてほしくはないから。
 
 
 
********
会社は辞めないで
********

上述した通り。

会社をいきなり辞めて起業することを、
僕は全く推奨しません。
 
 
 
それよりも。

安定した収入を確保しつつ、
自身の専門分野を掘り下げる。
 
 
 
会社を辞めず、
副業としてスタートし。

先ずは少額のお金を頂けるようにする
 
 
 
見込み客も一定数確保し、
ビジネスとしてうまく回り始めたら。

改めて、選択肢を真剣に吟味する。
 
 
 
即ち、会社を辞めて起業するか
副業として続けるか、を。
 
 
 
この一連の取り組み方の方が、
結果的にうまくいく可能性は高まります。
 
 
 
専門分野の勉強などは、
非常にお金がかかります。
 
 
 
十分な資金があれば、
そういった自己投資も可能ですが。
 
 
 
資金がショートしていれば、
生活するだけで精一杯。
 
自己投資どころの話ではなくなります。
 
 
 
必要な時に、必要な学びを得られない。
これはとても苦痛になります。
 
 
 
加えて。

能力をアップデートできない専門家は、
即座に淘汰されます。
 
 
 
これではビジネスを継続できませんね。
 
 
 
起業したい!という気持ち。
大切にしたいのは分かります。
 
 
 
そのうえで。

本当に起業家として大成したいのであれば、
敢えて回り道をした方が良いです。

最近の副業解禁の流れもあり、
会社員でありながらフリーランスとして活動する。
 
そんな選択をする人は、
香月の周囲にも大勢います。
 
 
 
即座に会社を辞めるのではなく。

会社にいながらにして、
起業家としての成果につながる活動をする。
 
 
 
勢い任せ、気持ちばかり先走った起業は。
本当に危険です。

何もかもを失いかねません
 
 
 
正直な話をすれば。

必ずしも起業しなくても良いんじゃないか。
僕はそうも思っています。
 
 
 
実際に、僕のクライアント様でも。

副業としての起業でうまくいき、
自信を取り戻したことで。
 
 
 
本業(会社員としての仕事)でも成果が出て、
会社に残る選択をした。

そんな方も、過去にはいらっしゃいます。
 
 
 
起業とはあくまで、手段の一つ。

それを踏まえたうえで、
あなた自身はどんな選択をすれば一層幸せなのか
 
 
 
そのことを、
ぜひお考え頂きたいと思います。
 
 
 
冒頭の男性も、
僕の話を聴いて「即起業!」を思い留まりました 笑
 
 
 
以上が、香月が
「会社を辞めて即起業!」
を、お勧めしない理由です。
 
 
 
参考に、なりましたでしょうか?
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:会社を活用しませんか?】

※営業マンが独立・開業するために

将来は独立・開業したい!
自分にしかできないことを仕事にしたい!!

そう思っている、現役営業マンのあなたへ

自分のやりたいことを見つけ、自分にしかできないことで起業する。
そのための活動を始める前に。

先ずは「自分に合ったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

営業ができない人は、独立してもうまくいきません。
先ずはどんな取り組み方が向いているのかを確認してみましょう(^^♪

その詳細は【こちら】から

「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します

 - コラム