現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で「起業家」として報酬を得る秘訣 ~ 

*

【起業家が選ばれる専門家になる最短ルート】

   

将来、独立開業したい

社内でその他大勢として埋もれるのではなく
多くの人に必要とされたい

でも、自分に何ができるのか分からない
自分は何がやりたいのか、分からない

そんな、現役営業マンのあなたへ

このコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
独立・開業したい現役営業マンのための
あなただけの才能発見・起業戦略コンサルタント

香月 翼です。
 
 
 
今日も「自称・平凡な営業マン」が

自分だけの才能を活かして

最短90日で起業家として報酬を得る
 
 
 
そのヒントについて
お伝えしていきますね!
 
 
 
起業してからというもの。

僕は「専門家」の方々に、
お会いする機会を数多く頂いています。
 
 
 
経営の専門家
集客の専門家
WEBマーケティングの専門家 etc
 
 
 
こうした方々とのやり取りの中。
大変光栄なことに、僕自身も。

営業・起業の専門家として、
お声がけ頂けるようになりました。
 
 
 
こうした専門家さん達と、
お付き合いを続けさせて頂く中で。

特にうまくいっている方々には、
ある特徴があるんです。
 
 
 
今回は、専門家として選ばれる。
その為の最短ルートについてお話します。
 
 
 
*****
香月の失敗
*****

うまくいっている専門家さん達の、
共通点についてお話する前に。

先ずは以前の僕が、専門家になるうえで。
無自覚に犯していた失敗について述べます。
 
 
 
起業したての僕は、
あらゆるニーズに対処できるように。
 
 
 
カウンセラー、セラピスト、認定講師 etc
とにかく「肩書」を集めました
 
 
 
自身のキャリアを高めるというよりも。

自らの不安や焦りを打ち消す、
そんな意味合いの方が強かったように思えます。
 
 
 
尤も、今にして思えば、という話で。
当時は全く思いもしなかったことですが。
 
 
 
上記のように、手札を増やすことで。

あらゆるご相談に対処することで、
自分の地位を確立しようとしたんです。
 
 
 
あれもできます、これもできます。

そう言ってたくさんのメニューを、
お客様の前に並べていたんですね。
 

 
結論から言えば、
これは致命的な選択ミスでした。
 
 
 
多種多様なスキルを身につける、
これは一見有用に思えますが。
 
 
 
利用者側からすれば、
決してそうは捉えられません。
 
 
 
むしろ、何の専門家なのかが伝わらず

とても胡散臭い(笑)、
自称・専門家に見えてしまうんです。
 
 
 
自身がかける力も、
当然のように枝分かれしますので。

本当に特化すべき能力に、
力が行き届かなくなります。
 
 
 
だからこそ、
僕のクライアントさん、顧問先には。

僕自身の失敗経験を踏まえ、
全く逆のスタンスでコンサルしています。
 
 
 
では、うまくいっている専門家さん達。
 
彼ら彼女らの戦略について、
後段でお話しましょう。
 
 
 
**********
選ばれる専門家の戦略
**********

それでは、本題。
選ばれる起業家さん達の共通点。
 
起業家が専門家として選ばれる、
その為の最短ルートとは・・・
 
 
 
それは「専門分野以外を手放す」こと。
ここに他なりません。
 
 
 
営業コンサルタントとして、
とてつもない影響力をお持ちの、ある男性。
 
 
 
この方は徹底的に、自身の商品である
「契約を獲得できるプレゼンテーション」
その一点にこだわり。
 
 
 
それ以外の分野を全て、
他の方にお任せしているそうです。
 
 
 
そしてこれは、
とある実業家の方の談ですが。

うまくいく経営者、実業家ほど。
全てを自分でやろうとはしない、とのこと。
 
 
 
自身の業務の中で、
優先順位の高い順に3つほど選び。

残りは全て、信頼できる他者に任せる。
 
 
 
そうすることによって、事業に集中でき。
加速度的に回すことができる、と。
 
 
 
これと同じことが。

起業家が専門家として選ばれる、
その為の戦略として用いられます。
 

 
上記の戦略をとったのが、
一時期流行った過払い金返還専門の法律事務所。
 
 
 
過払い金といえば・・・と。
 
相談者にすぐにイメージしてもらえる、
そんな状況をつくりましたよね。
 
 
 
法律関係全般の相談から、
過払い金の相談に特化する。

いわゆる「選択と集中」です。
 
 
 
なんでもできます、と言えば。
自信の裏付けにはなるかもしれませんが。
 
 
 
聴き手にしてみれば
『全てが中途半端です』
と言われているようなものなんです。
 
 
 
これは決して、誇張した表現ではありません。
 
 
 
得意分野、集中すべき業務に絞り。
それ以外を手放す、もしくは委託する。
 
これが専門家として選ばれる為の、
最短ルートになります。
 
 
 
僕は現在、集客は完全に人任せです。
 
 
 
打ち合わせでブランディングをし。

その内容を元に、
信頼できる方に集客を依頼しています。
 
 
 
更に言えば。

僕は長年手掛けてきたメンタルトレーニングを、
完全に手放しました。
 
 
 
この分野で僕よりも最適な方と、
ご縁を頂けたたからです。
 
 
 
その方との今後の協力体制も、
今現在ほぼ整っています。

おかげさまで、とても楽になりました(^^♪
 
 
 
自身の強みや優先すべき業務。

これらに集中するからこそ、
ビジネスを加速度的に回せます。
 
 
 
強みがハッキリするからこそ。

お客様に専門家として認識して頂き、
ご契約を頂けるようになります。
 
 
 
集中すべき業務、伸ばすべき能力。
これらに一点集中するからこそ。
 
専門家としての能力値を、
最大限に高めていくことができます。
 
 
 
自分一人で何でもしなければならない。
何でもできますと言えなければならない。

そんな勘違いをしている限りは、
以前の僕のように稼げません 笑
 
 
 
何でもできる、は最安値体制。
この分野に特化してる、が最高値体制
 
 
 
その最高値体制をつくるには。
 
自分が手放したものを拾ってくれる
信頼できる人のご協力を得ることが不可欠です。
 
 
 
以上の流れが、
専門家として選ばれる為の最短ルート。

ぜひ参考にされてみてください。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな強み、業務に絞り込みますか?】

※営業マンが独立・開業するために

将来は独立・開業したい!
自分にしかできないことを仕事にしたい!!

そう思っている、現役営業マンのあなたへ

自分のやりたいことを見つけ、自分にしかできないことで起業する。
そのための活動を始める前に。

先ずは「自分に合ったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

営業ができない人は、独立してもうまくいきません。
先ずはどんな取り組み方が向いているのかを確認してみましょう(^^♪

その詳細は【こちら】から

「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します

 - コラム