売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

【5万人のリーダーに学んだ「リーダーの条件」】

   

将来、独立開業したい

社内でその他大勢として埋もれるのではなく
多くの人に必要とされたい

でも、自分に何ができるのか分からない
自分は何がやりたいのか、分からない

そんな、現役営業マンのあなたへ

今回もコラムをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
 
 
独立・開業したい現役営業マンのための
あなただけの才能発見・起業戦略コンサルタント

香月 翼です。
 
 
 
今日も「自称・平凡な営業マン」が

自分だけの才能を活かして

最短90日で起業家として報酬を得る
 
 
 
そのヒントについて
お伝えしていきますね!
 
 
 
2018年頃から。

チームビルディングやリーダー論に関し、
意見を求められることが多くなりました。
 
 
 
僕自身、過去にリーダーを経験し。
酸いも苦いも、そして甘いも経験しました。
 
 
 
僕のこういった経験が。

現在は経営者の立場にいる、
そんな方々のお悩み相談に役立っている。
 
 
 
そのことが、僕自身には若干。
不思議に思える時もあります。
 
 
 
一営業マンとして、起業家として。
これまでに概算5万人のリーダーにお会いしました。
 
 
 
彼ら彼女らから学ばせて頂いたこと。

リーダーとして周りを輝かせる方とは、
どのようなリーダーなのか。
 
 
 
今後のリーダーの在り方について、
今回は考察します。
 
 
 
*********
あるリーダーの過ち
*********

『成果とは常に成功することではない
 そこには、間違いや失敗を許す余地がなければならない』

~ P・F・ドラッカー(経営学者) ~
 
 
 
経営の神様とまで言われた、
P・F・ドラッカー氏。
 
彼は生前、上記のような言葉を残しています。
 
 
 
ここで、あるリーダーの話をしましょう。
 
 
 
その人物は、初めてリーダーを任され。
成果を出すことに燃えていました。
 
 
 
うまくやっていく自信はあったようです。
 
 
 
その人物はずっと、
営業として落ちこぼれでした。
 
 
 
そんな落ちこぼれだった自分でも、
成果を出すことができた。
  
だから、自分のやり方を全員が実践すれば。
必ずうまくやっていける。
 
 
 
そう考えた彼は、メンバーに。
日頃から「自分のやり方」を踏襲させました。
  
 
彼がつくろうとしたのは「強いチーム」
では後年、彼は「強いチーム」をつくれたのか・・・?
 

 
結末から先にお伝えすると。
彼のチームは瓦解しました。
 
 
 
失敗を許さずにメンバーを叱責し

チャンスを与えず自分で仕事を抱え込み

自分のやり方で成果が伴わないことにイライラし

メンバーは意欲を失いお客様を蔑ろに

 
 
その果てにあったのが、チームの瓦解。
 
 
 
こんな状況をつくってしまった彼は、
リーダーから降ろされることになったんです。
 
 
 
以上が30代前半の頃の、
香月自身の苦い、過ちの記憶です。
 
 
 
失敗を許容しない環境下では、
誰一人最高のパフォーマンスなんて不可能です。
 
 
 
他者を信頼し、任せているか。
何かあった時に即、サポートする準備をしているか。
行動できる環境を整えているか。
 
 
 
他にも色々と条件はありますが。

リーダーとは何かを強いる人ではなく、
文字通り他者を導く人です。
 
 
 
当時の僕にはこれが分からず。
 
導くことなく数多くを強いて、
多くの人にご迷惑をおかけしました。
 
 
 
そして後に、理想的なリーダーに出会い。
その取り組み方を一から学ばせて頂きました。
 
 
 
この一連の経験が、
今の僕の血肉になっている。

それは間違いありせん。
 
 
 
これからリーダーになる方にも。
今現在、リーダーである方にも。

以前の僕のような失敗は、
してほしくないと思います。
 
 
 
*******
誰もがリーダー
*******

広義の意味では。

起業家もリーダーであると、
僕は考えています。
 
 
 
更に言えば。

今後はビジネスマン一人一人が、
リーダーであるべきだとも考えます。
 
 
 
マネジメントをするのは自分自身
そう考えることができますね。
 
 
 
自分の行動
自分の発言
自分の選択・・・etc
 
 
 
自らのリーダーとして自らを鼓舞し、
マネジメントできているか。

こんな意識が必要です。
 
 
 
ある経営者様が以前、
以下のようなことを仰いました。
 
 
 
『これからのビジネスシーンで生き残れるのは
 どんな立場であれ
 自分がリーダー、プロという自覚がある者だけ』
 

 
起業家であれ
経営者であれ
サラリーマンであれ
 
 
 
自らをリーダーとして、
プロとして自覚できていない者は。

今後の複雑化するビジネスシーンで、
生き残ることはできない。
 
 
 
そんな人物には、
誰もついてこない、協力しない。
 
 
 
最安値の働き方を強いられるか
更には仕事そのものを奪われるか
 
 
 
こんな状況に陥っても文句は言えない、
そう仰いました。
 
僕自身も、全くの同意です。
 
 
 
個々人がリーダーとして、
プロとしての自覚を持ち。

自分の仕事で、
替えのきかない存在になる。
 
 
 
尚且つ、他者の失敗を許容し。
他者を導ける存在となる。
 
 
 
それこそが、立場がどうであれ
「リーダーの条件」
として求められるもの。
 
 
 
ビジネスマンとしてだけではなく、
リーダーとしての条件も。
 
 
  
今後は誰しもが、
求められるのではないでしょうか。
 
 
 
では、明日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんなリーダーが求められていますか?】

※営業マンが独立・開業するために

将来は独立・開業したい!
自分にしかできないことを仕事にしたい!!

そう思っている、現役営業マンのあなたへ

自分のやりたいことを見つけ、自分にしかできないことで起業する。
そのための活動を始める前に。

先ずは「自分に合ったセールススタイル」を、
知ることから始めませんか?

営業ができない人は、独立してもうまくいきません。
先ずはどんな取り組み方が向いているのかを確認してみましょう(^^♪

その詳細は【こちら】から

「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します

 - コラム