口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

「言葉」にはどんな意味がある?

   

「うながし家」の香月 翼です。
 
 
今朝、東京から帰ってきました。
今回も数多くの刺激を受けることができました。
やっぱり、人を一番成長させる要素は、
「失敗」と「出会い」だな~と改めて感じています。
 
 
さて、本日の話題は・・・
「語彙力(ごいりょく)」です。
 
 
なんとなく意味は分かると思いますが。
皆さんは「語彙」という言葉を、どのように認識していますか?
 
 
広辞苑などで調べると、その意味合いは
「ある言語、地域、分野など、それぞれで使われる単語の総体」
などと記載されています。
僕たちがよく使う意味合いは、この言語の部分でしょうね。
 
 
なぜ唐突にこんな話をしたかというと、
人間の想像力や思考力は、
「自身の言葉の範囲(語彙)を超えることはない」からです。
 
 
つまり、「思考力・想像力=知っている言葉の数」と考えられる訳ですね。
 
 
小さな子どもが感情を爆発させやすいのは、
この「語彙」が少ないせいだとも言われています。
自分の今抱いている感情を、自分の言葉で説明できないからなんですね。
で、成長していくにつれて、言葉を少しずつ覚えていって。
「理性的になっていく」のでしょうね。
 
 
実は僕たちは、日常会話で使われる言葉の意味をあまり深く考えていません。
例えば「コミュニケーション」という言葉。
よく「コミュニケーション力が大事」と言われますが、
じゃぁ、「コミュニケーション」っていう言葉を先ず説明して?
 
 
そう言われたら、説明できる人は果たして何人いるでしょう?
 
 
僕は、全く説明できませんでした(笑)
問いかけられた際に、
「そういえば・・・」と、冷や汗をかいた覚えがあります(苦笑)
 
 
正解は、「相互理解」。
「お互いがお互いを理解しようとし、共感し合うこと」です。
 
 
だから、お互いが言いたいことばかりしゃべっている状態は、
「コミュニケーションをとっている」とは言えないのですよ(笑)
 
 
こんなふうに、
僕たちは日常的に使っている言葉を「本当の意味で理解していない」ケースが多い。
すると、どうなるか。
 
 
ミスコミュニケーションの原因になるんです。
 
 
お互いがお互いの解釈で「同じ言葉」を使っているので、
意味合いが全く変わってくるんです。
だから、コミュニケーションが成立しなくなるんですね。。
 
 
「大勢」という言葉、皆さんは何人くらいを想像しますか?
ちなみに、僕は10人以上が「大勢」です。
 
 
可能な限り、曖昧な表現をなくしてみる。
お互いの言葉を、同じ意味合いで使えるように工夫してみる。
 
 
それだけで、コミュニケーションの質は数段上昇すると思います。
 
 
【しつもん:言葉が増えると、あなたにとってどんな良いことがありますか?】

 - コラム