口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

自分の「価値」はどこにある?

   

「自分には目立った価値なんてないんですよ」
  
僕のセッションした人、必ず初めにこう仰いました。
でも、そんなことないんです。
本人が気付いていないだけで。
 
 
 
皆さんは、どんな時に御礼を言われますか?
 
この「御礼を言われる」というのがポイント。
御礼を言われるということは、誰かの役に立っているということ。
それが自分の価値に繋がっていることがとても多いんです。
 
 
 
こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
今回のコラムは、僕の本領発揮分野である「自分の価値発見」です。
僕が相手の良いところをどうやって見つけているのか、
その方法の一つをご紹介します。
 
 
 
その前に、僕の話をしますね。
 
僕はよく、「言葉にしてくれる」と御礼を言われます。
相手の気持ちやモヤモヤしているもの、すっきりしないこと等。
 
こういったものを、相手が分かりやすいように言語化して、
「こんなことしてみない?」と提案しています。
 
 
 
はっきりしないものがはっきりすると、人は行動を起こしやすくます。
これが僕のもう一つの分野、「行動促進」に繋がっています。
 
 
 
僕は、上記のようなことでよく御礼を言われていました。
でも、自分では大したことじゃないと思っていました。 
 
自分にも出来るのだから、相手にも出来るだろう
そんなふうに思っていました。
 
 
 
これが大きな落とし穴。
御礼を言われるということは、その点が優れているということ
それを素直に受け取ることで、自分の価値は可視化できます。
 
 
 
自分の価値は、自分からはとっても見えにくいものなんです。
だから、「自分の価値を知りたい!」と思ったら、
「自分がよく御礼を言われることって何だろう?」と考えてみるといいんです。
 
 
 
最近、どんなことで御礼を言われましたか?
よく頼られることは何ですか?
 
 
 
ぜひ一度ゆっくりと考えてみてください。
 
それがきっと。
「あなただけの価値」に繋がっていきますから。 
 
 
 
【しつもん:よく御礼を言われることは何ですか?】 
  
  
  
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
  
0期モニター募集します。2016年2月スタート「自己啓発依存症 集中治療室
 
HPのプレゼントを更新しました。
「”何のために”を明確化する質問集」 
お問い合わせはこちらから。
 
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム