現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で「起業家」として報酬を得る秘訣 ~ 

*

「不安」と向き合うには?

   

こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
前回のコラムで、「将来への不安」が社会人の悩みトップであるとご紹介しました。
自分は将来食べていけるのか、この会社は大丈夫なのか。
そういった不安が、社会全体を覆っているように感じています。
 
 
 
何故僕達は、こんなにも未来に対して不安を抱くのでしょうか。
 
それはきっと、先を見通せないから。
将来に対して不安を抱くのは、この先どうなるのかが全く予測がつかないから。
 
 
 
僕達は可視化できないものに対して、必要以上に不安を抱く傾向があるんですね。
 
 
 
「お化け屋敷理論」と銘打って説明されている方もいらっしゃいます。 
 
どこから何が出てくるのか分からない、そもそも通路が見えにくい。
だからこそ、お化け屋敷はスリルと言う名の「不安」があるのだと思います。
 
 
 
逆に言えば、明るくてどこにどんな仕掛けがあるのか全て分かる。
こんなお化け屋敷、怖くないですよね?
 
 
 
僕達の生活も、これと似たようなものだと思います。
よく分からないから不安になる。
であるならば、可能な限り可視化してしまえばいい
 
 
 
例えば、収入面で不安がある場合。
収入ばかりを見るのではなく、支出とのバランスを考えるのも選択肢の一つ。
 
結構多いんですよ?
気付いていないだけで、実は無駄な出費って。
 
 
 
付き合いだけの飲み会だったり、携帯料金だったり、衝動買いだったり。
ちなみに僕の場合は無駄な飲み会と洋服だったので、
徹底的に省きました。
 
 
 
家賃が高いのなら、家賃の安い地域に引っ越せばいい。
買った瞬間から値段が下がり始める都会の高い自宅より、
地方の空き家をリフォームする方が遥かに安いです。
 
 
 
リストラや倒産に対する恐怖があるのなら、
そうなっても食べていけるだけのスキルや人脈を構築すればいい。
 
 
 
そもそも、必ずそういった事態になることが決まっている訳でもないのに、
わざわざ未来を否定的に先読みして不安になっているんです、僕達は。
 
 
 
確かに、不安要素はたくさんあります。
今の時代、良い会社に入れば安心なんて「正解」は通用しませんし、
変化が激しすぎて何をしたら安心できるのかも分かりません。
 
 
 
でも、不安はあくまで将来の可能性の一つです。
そうなるかもしれないし、ならないかもしれない。
起こってもいない出来事にビクビクしていても、
何の生産性もありません。
 
 
 
なら、不安要素を可能な限り可視化して、不安を解消しちゃいましょう。
 
起こるかもしれない最悪の未来を予想して不安になるより、
起こるかもしれない最高の未来を予想してワクワクしましょう!
 
 
 
最悪の未来も最高の未来も、どちらも将来の可能性の一つです。
だったら最高の未来を予想して、
その時に必要になるものを今から準備した方が。
 
 
 
ずっとずっと、楽しいじゃないですか。
 
 
 
【しつもん:自分にとっての「最高の未来」は?】 
  
  
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
   
メールマガジン好評配信中。
【経験は価値になる】:詳細はこちらから。
 
2月21日(日)に講座を開催します。
魔法の質問 カードマスター養成講座
 
HPのプレゼントを更新しました。
「”何のために”を明確化する質問集」 
お問い合わせはこちらから。
 
 
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム