「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

「素直さ」とは?

   

こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
今回のテーマは「素直さ」です。
皆さんは「素直さ」って、どのようなものだと思いますか?
 
 
 
ちなみに少し話は逸れますが。
営業時代にお会いした、とある社長さんが。
以下のように仰っていたのを思いだしました。
 

新入社員は「素直さ」で採用する。
学歴は指標の一つでしかない。
 
仕事は後からでも教えてやれる、素直さは教えてやれない。
どんなに能力が高くても、
独りよがりなヤツは最後は素直なヤツに負けるんだ。

 
 
この時、ものすごく耳が痛かったのを覚えております。
まぁ、反省しなかったあたりが当時の僕らしいですが・・・
 
 
 
社長はひょっとしたら、
遠回しに僕に警告してくれていたのかもしれませんね。
 
社長、当時は聞き流してしまい、すみませんでしたm(_ _)m
 
 
 
では、本題に入りましょう。
考え方は様々かと思いますが、僕はこれが一番しっくりきます。
 
 
 
「素直さ」とは「行動を変えることを受け入れる器」であると。
 
 
 
「はいそうですか」と頷くだけでは「素直」とは言わないですよね。
所謂「返事だけはいい」という状態。 
素直に聴いているフリして、全く聴いていない人いますしね。
 
 
 
えぇ、もちろん昔の僕自身のことですよ。。
 
 
 
僕自身の失敗談ですが、僕は自分のやり方にこだわっていたんです。
 
転職した時に「舐められたくない」という無駄なプライドを保つため、
僕は前職のやり方を変えようとしませんでした。
 
 
 
でも、「郷に入らば郷に従え」という言葉もあるように。
それぞれの「あるべきやり方」が存在します。
ある場所では適切だったやり方が、違う場所では不適切になることもあります。
 
 
 
結果、どうなるか。
「不適切」なやり方にこだわった僕は、成果を全く出せませんでした。
 
加えて「人の話を聞かないヤツ」というイメージが定着し、
社内の人間関係も悪くしてしまったんです。
 
 
 
今、講座や起業家の集まりなどでお会いする方にこの話をすると、
「ネタでしょう?」って言われます。
「全然そんな感じには見えないよ」と。
 
 
 
非常に有り難い評価だと思います。
僕が多少なりとも「素直さ」を身につけた証明だと思うから。
 
 
 
変えた方がいいって、本当は分かっている。
でも、自分のやり方を変えるのは、
自分のことを否定されたような気になる。
 
 
 
そんな気持ち、僕にはよく分かります。
 
 
 
そのうえで、敢えてこう言います。
 
「今の自分」と「将来の自分」、重要なのはどちらですか? 
 
 
 
今日も素直な気持ちで、どうぞ良い一日を。
 
 
 
【しつもん:素直になると、どんな良いことがありますか?】 
   
  
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
   
メールマガジン好評配信中。
【経験は価値になる】:詳細はこちらから。
 
2月21日(日)に講座を開催します。
魔法の質問 カードマスター養成講座
 
僕のHPにプレゼントをご用意しています。
「”何のために”を明確化する質問集」
        +
「行動しない自分を変える8つのステップ」 
お問い合わせはこちらから。
 
  
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム