「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

どんな角度から捉えるか?

   

こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
週末は「雪」との予報でしたので、慌ててお洗濯して外出しました。
また1週間部屋干しはごめんですからね(苦笑)
 
 
 
さて、世間では毎日「事実」が更新されています。
上記で言うなら、「週末は雪」が事実。
 
 
 
この事実に対して
「週末洗濯できない」「洗濯ものが乾かない」
という意味づけをしているのが、僕。
 
 
 
世の中には多くの「事実」があり、
その事実に僕達はそれぞれの立場から「意味づけ」をしているんですね。
 
 
 
逆に言えば、立場が変われば意味合いも変わるということ。
そして、僕達は自分の意志で違う角度から物事を捉えることが可能です。
 
 
 
僕達は生きていくうえで、様々な悩みを抱えます。
多分「私、悩みが何もないんです」なんて方はまずいないでしょう。
 
 
 
こんなこと言って、嫌われたらどうしよう
独立しても、食えなくなったらどうしよう
この商品、売れなかったらどうしよう・・・等々
 
 
 
でも、これって自分で勝手に不安になっているだけですよね。
結果はやってみなければ分かりません
 
「失敗する」という角度でのみ捉えると、不安は大きくなります。
 
 
 
では逆に、「成功する」という角度から見れば?
 
喜んで協力してくれて、何かがうまくいくかもしれない。
会社勤め時代よりも、ずっと収入が上がるかもしれない。
商品がバカ売れして、一躍目玉商品になるかもしれない。
 
 
 
違う角度から捉えるだけで、こんなにイメージが変わります
 
 
 
ただ楽観的になればいい、ということではありません。
ですが、マイナス面のみを捉えて不安になることもないでしょう。
 
 
 
「違う角度から捉える」ことの例えに、よく知られた話があります。
  

2人の靴メーカーの営業マンが、アフリカに市場調査へ。
現地では誰も靴を履いていなかった。
 
1人は上司に「ここにはマーケットはない」と報告し、
もう1人は「誰も靴を履いていない、大チャンスです」と報告した。
 

 
「靴を履いていない」という事実は同じ。
でも、2人は全く違う捉え方をしました。
 
どちらがチャンスを掴むかは、推して知るべし。
 
 
 
僕達は、自分次第で事実の捉え方を変えることが出来ます。
 
より一層、自分のためになる角度から。
事実を捉える訓練をしていきたいですね。 
 
 
 
【しつもん:その「事実」をどんな角度から捉えますか?】 
   
  
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
   
メールマガジン好評配信中。
【経験は価値になる】:詳細はこちらから。
 
2月21日(日)に講座を開催します。
魔法の質問 カードマスター養成講座
 
僕のHPにプレゼントをご用意しています。
「”何のために”を明確化する質問集」
        +
「行動しない自分を変える8つのステップ」 
お問い合わせはこちらから。
 
  
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム