現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で「起業家」として報酬を得る秘訣 ~ 

*

「集中できる」のはいつ?

   

こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
  
 
 
まだ僕が学生時代、それこそ成績最下層にいた頃。
中学生になった僕は、小学生時代と比べ一気に増えた宿題に四苦八苦。
机で居眠り、深夜に起きて、諦める(笑) 
 
この繰り返しでした。
 
 
 
夜に起きてられなかったんですよ、僕は。
それでも無理して夜にやってしまった
 
僕の失敗はここです。
 
 
 
成績が上がり始めたのは、勉強時間を早朝にしてから。
 
夜起きてられないのなら、朝にすればいいじゃない。
そんな発想から、朝方に転換しました。
 
 
 
帰宅して、食事や入浴を済ませたら、即就寝。
早朝というよりはほぼ深夜の時間帯に起きて、そのまま朝まで勉強。
朝方に変えてから1年後、無事に上位に食い込むことができました。
 
 
 
僕は自分が集中できる時間を把握して朝にシフトしました。
夜は自分が集中できないのが分かったので、
少しずつ少しずつ、起きる時間を早くしていきました。
 
 
 
自分が集中できる時間帯をご存知ですか?  
 
 
 
今の僕は午前6時~8時、10時~11時に一番集中できます。
 
逆に一番集中できないのは14時~17時までの3時間。
この時間は集中できないのは分かっているので、ルーティンワークです。
 
 
 
人の話を聴くことはできるので、セッションは問題ないのですが。
コラムや企画書作成は、絶対に無理です。
だから、午前中に一気に終わらせます。
 
 
 
自分の最大限集中できる時間を把握すれば、生産性は増します
1日24時間は変わりませんが、有効に使える時間はずっと増えるんです。
 
 
 
この「自分が集中できる時間」を把握していない人、結構多いようです。
折角集中できる時間が来たのに、見積り作ったり新聞読んだり・・・
 
創造性を必要としない作業をしてしまっているケースが多いです。
 
 
 
そしてもう一つ。
無理に朝型にする必要はありません
  
 
 
朝活や早朝起床習慣が持て囃されていますが、
その時間帯に集中できない人がそんなことをしたって無駄です。
 
夜に集中できるなら、無理に早起きする必要はありません。
朝活は、朝に集中できる人がすればいいんです。
 
 
 
大事なことは、自分がいつ集中できるのかを把握すること
集中できる時間帯に、創造性を必要とする仕事をすること。
 
 
 
それが、自分の力を最大化する秘訣の一つです。
 
 
 
【しつもん:一番集中できる時間帯は?】 
   
  
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
   
メールマガジン好評配信中。
【経験は価値になる】:詳細はこちらから。
 
2月21日(日)に講座を開催します。
魔法の質問 カードマスター養成講座
 
僕のHPにプレゼントをご用意しています。
「”何のために”を明確化する質問集」
        +
「行動しない自分を変える8つのステップ」 
お問い合わせはこちらから。
 
  
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム